2018年04月20日

ロルフィングのテクニックって?

先日、ロルフィングのユニット2を終了した方とセッションを通じていろいろとお話をする機会がありました。
質問の答えを考えるというのは、自分の考えをもう一度まとめるのにとても役立ちます。

ロルフィング、といっても画一的なテクニックではなく、施術を行うロルファーによってずいぶんとやり方も結果も変わってきます。
どのテクニックが有効で、どれが有効率が低いかは、お子さんとのセッションで判断することが多いです。
何の前知識もなく、保護者も同席してない状態でセッションを行うことが前提です。

優しいタッチでふんわりと触れる方法だとお子さんが眠ってしまうし、起きていても何をされているのかわからずもぞもぞ動いたり、緊張でからだを固くしたりと居心地が悪そうです。更にふんわり触って骨に届かせる、なんていう方法だと(私自身はセッションでこうした方法を使うことは皆無ですが、試しに行ってみました)全く変化を感じてくれません。
「右と左で違う感じがする?痛いの少しは良くなった?」と聞いても、うーん、うーんと考えて「わかんない」という事が圧倒的に多いです。
お子さんとロルファーとが、感覚の共有も情報の共有もできない状態になってしまいます。
もちろん、触れられるだけで気持ちが良いので、リラクゼーション的な効果は非常に高いですが。

そんな経緯で、弁別可能な機械的刺激が合った方が、変化が起こりやすいというのが持論です(反論ももちろんあると思いますが)。

最近ではロルフィングセッションをお申込みくださるクライアントさんの意識がこれまでと違ってきているようで、不具合があっていらっしゃるのではなく「10セッションを通じて全身をリリースしたい。身体を整えたい」という目的の方が多く、外国人のクライアントさんに関しては、外国人の方が書いたエモーショナルリリース的なロルフィング書を読んで、感情の解放を期待してお申込みくださる方、疼痛の解消にいらっしゃる方(単発で受けられると勘違いしていらっしゃる方)が多い傾向にあります(筋膜リリース=ロルフィングと考えている傾向が強いです)。

ロルフィングは果たして身体教育か?身体教育の定義とは?と考えることも多いのですが、ロルフィングのトレーニングを担当する講師によっても身体教育的だったり、エネルギー寄りだったりするようなので、身体教育という部分は省いてしまって、10セッションの内容を充実する方が良いのでは?と思ったりもします。

いろいろなクライアントさんとお会いするたびに、さらに知識と技術が必要だなーと思います。

さて、本日の『カンタン!深部−筋膜リリース』は内臓のリリースです。
資料はカラーで作成しました。小川がリードします。
参加の皆様、ご期待ください!

横隔膜1(心臓).jpg

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

『筋膜リリース コツのコツ』セミナーを開催します。単発参加も歓迎です。お友達同士、ご夫婦でのご参加も大歓迎です!老若男女おいでください。(残席2席となりました。お申込みはお早目に!)
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/182847960.html

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
posted by MSaito at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ロルフィング

2018年04月16日

セミナー『コツのコツ』、第一回目のコンテンツ内容公開!

『筋膜リリース コツのコツ』、5月の第3週から隔週ごとに6回シリーズでお届けします。
どんなことをやるのか今一つ分からないのでお申込みを躊躇していらっしゃる方のために、こんな内容にしようと考えていることを、かいつまんでお伝えしたいと思います。

第1回 5月17日(木)19:00〜21:00
 テーマ:セッションの成果を高めるため、ワーカーがすべきこと

拙著『筋膜リリース コツのコツ』位置627(位置とはページの意味らしいです)の「クライアントを安心に導く救い上げと関節サポート」が参考資料になります。
ちなみに、コンテンツのタイトルは「すくいあげ」となっていて、目次のタイトルは「救い上げ」となっていますが、行っている事は、身体的感覚的に「救い上げ」の表現に近いかなという印象があります。

この章では、関節を閉じることによって安定性を生み出すサポートについての簡単な説明を行っていますが、一言に関節といっても様々な種類があります。
関節ごとに役割が違い、それ故の形状の違いがあります。
それを活かしたサポート方法をお伝えしたいというのが一つ。

それに加えて、筋膜リリースから少々外れますが、関節感覚を高めるための簡単なエクササイズを導入しようかとも考えています。
骨と骨をつなげている関節を守っている関節包は筋膜と同じ組織で出来ていますし、関節内には身体感覚を高めるための受容器がたくさん存在しています。
その受容器をうまく刺激することにより、交感神経/副交感神経を高めることが可能です。
その関節をいかにうまく動かしてもらうか(もしくはセッションの中でいかにその関節を上手に扱うか)をお伝えしたいという思いもあります。

そうはいっても、たったの2時間で伝えられる内容は限られてきます。
全てお伝えするだけの時間が取れるとも思えないので、内容を吟味する時間が必要そうです。

残席は、あと3席です。
ご興味をお持ちいただけましたら、お申込みはこちらです。
【お申し込み先】
http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php に必要事項をご明記の上、お申し込みください。タイトル「筋膜リリース コツのコツ」を忘れずに記してください。
金額等のご確認はこちらからお願いいたします

オープンパスのセミナーのモットーは3つ。
「濃いコンテンツを受けやすい金額で提供する」
「内容が重複する部分がれば、その部分は割引適用となる」
最重要視しているのは「同じことの繰り返しにせず、必ず新しい情報を入れ込む」です。
まずは試しに単発参加をしてみてください。損はさせません!!

E_3.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年04月09日

伝統か文明か(きものについての読本)

やりたいこととやらなくてはいけないことのバランスを取るのは難しいです。
知りたいことがたくさんあっても、そのために使える時間が限られているし、みなさんどうやってそのあたりの調整をしているんだろうと、よく考えます。
通勤電車に乗れば途端に眠くなり、ゆっくり本を読むよりもメールの返信をしてしまうものだから、ますます読書離れが進みそうです。
それでも最近、電車の中でかけても違和感のないリーディンググラスをプレゼントされたのをきっかけに、格段に電車内での読書がはかどるようになりました(同時にipohneの画面も見やすくなってしまいました)。

さて、自分の専門外であっても興味をそそられる分野はありますが、手つかずのままです。
世の中の仕組みを全て知るのは不可能ですが、個人事業主はとかく世の中のシステムから離れがちになるような心配があり、視野をなるべく広く持たなくてはと若干の危機感を持って生活しています。
日経新聞など読むほどではないのですが、自分の好きな事をさかのぼっていくと、自分が知らなかった業界について自然に知識がつくことがあります。

最近、すごく面白く読めたのがこの本です。

boox_bk-4532263298.jpg
『きもの文化と日本』日経プレミアシリーズ

着物業界の今昔について、株式会社やまと代表取締役会長の矢嶋孝敏氏と、経済学者(東京大学名誉教授、学習院大学国際社会科学部教授)である伊藤元重氏との対話形式で綴られています。
このお二人の対話から、戦前と前後の日本の生活様式の変化、きものという生活着や晴れ着の慣習にファッションという見せる文化が這入りこんできた経緯、問屋という流通経路により着物の金額が設定されてきたこと、着物は文化であり洋服は文明であること、希少価値の織物が継続的に生み出される日本という土壌についてなどなど、多角的に経済と文化を知ることができるのです。
特に、きものの流通経路がいわゆるファストファッション化(SPA化)してきていることの功罪(と私は感じました)の部分は考えさせられました。

着物という文化を守ることが大切であれば、遺産や伝統となり生活に根付くことが難しくなる。
手軽さを取り入れれば着物人口のすそ野は広がるけれど、日本人が美しいと感じてきた美意識が西洋化(文明化)、簡略化、粗略化されてくる。
着物がファッションになればその様式は流行りにしたがって変わってくるのは仕方のないことですが、せめて美しく変わっていってほしいなと思いました。

着物は日本の文化であってほしいので、ある程度の決まりごとはあった方が良い、と私自身は思います。
結婚式の晴れやかな日に、花嫁花婿の主役を差し置いて自分を主役にするようなものは「ファッション」であっても「礼儀」ではないと思うのです。言葉にせずとも相手への礼儀を表す、それが着るものの役割の一つではないかと思いました。

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

『筋膜リリース コツのコツ』セミナーを開催します。単発参加も歓迎です。お友達同士、ご夫婦でのご参加も大歓迎です!老若男女おいでください。
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/182847960.html


****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年04月04日

執筆中の思い出など

最近は趣味に時間を投じることが多いです。
本来であれば、本を宣伝するべき時期だし、ワークショップだってもっと積極的にあちこちでやるべきなのでしょうけれど、自分で自分を宣伝するのは気恥ずかしいのです。
これは昔から、まったく変わっていません。

でも、初期投資したので宣伝します。
「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。
こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 


出版社から「書きませんか?」とお話しをいただけたから嬉しくてがんばって書いた書籍であっても、著者側が買い取りをしなくてはいけないケースは多々あります、というかほとんどのケースで「買い取り」というのが発生します。
電子書籍のメリットのひとつは買い取り分が無いこと。その買い取り分を、自分が選んだイラスト、撮影、モデル(服装がイマイチという辛口評価を複数名からいただきガックリ)に充てることができるのです。電子書籍の形態にするのが難しかったので、(図などが多かった)ワードから電子書籍への変換作業代にも充てました。

今回の一連の出版作業は淡々と行ったので、文章を書きためていることを知らなかった方がほとんどです。
周りからは「安産だったね?」というニュアンスの寿ぎ?が多いのですが、そうではありません。
書いている間は椅子にどっかりと居座ったままの作業だったので身体が暖まらず、足元に電気ヒーターを出してきて、エアコン+ヒーターで悶々と、黙々と、自分の語彙の少なさに身もだえしながら描いていたというのが本当です。

そんな苦労の賜物ですから、あちこちで細く長く、活用していきたいと思います。
『筋膜リリース コツのコツ』セミナーを開催します。単発参加も歓迎です。お友達同士、ご夫婦でのご参加も大歓迎です!老若男女おいでください。
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/182847960.html

加賀友禅.jpg
梅灰の地色のはんなり加賀友禅が仕立てあがりました。3月までしか着られない柄だったので、大切な場で一度きり来ました。少なくとも12月までは箪笥で眠らせます。

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年03月31日

セミナー『筋膜リリース コツのコツ』木曜日開催決定です

5月半ばからスタートするセミナー『筋膜リリース コツのコツ』は、第1、第3木曜日に開催となりました。

以下が日程と内容になります。
第1回 5月17日(木)19:00〜21:00
 テーマ:セッションの成果を高めるため、ワーカーがすべきこと
第2回 6月7日(木)19:00〜21:00
 テーマ:触察と筋膜リリースを利用した「ポジショニングの作り方」
第3回 6月21日(木)19:00〜21:00
 テーマ:筋膜のとらえ方と圧の使い分け(筋膜リリース)
第4回 7月5日(木)19:00〜21:00
 テーマ:浅筋膜のリリース、および筋膜の硬縮、癒着、短縮の見つけ方
第5回 7月19日(木)19:00〜21:00
 テーマ:コンパートメントリリース(触察練習を含む)
第6回 8月2日(木)19:00〜21:00
 テーマ:全身リリースのためのリリース構成(どこから始めるか、どのテクニックでリリースするか。45分間のセッションを想定)

拙著『筋膜リリース コツのコツ』をベースに、必要な知識(電子書籍には書かれていない情報)を上乗せしてお伝えします。
筋ごとにリリースするテクニックも大切ですが、セッションという大枠で考えたときに役に立つ内容を凝縮することにしました。触察練習も少々入ります。リリースするとき効果的なツールの使い方や、リリースの時に狙うべき場所(部位ではなく、場所)などもお伝えできるかと思います。

【会場】
オープンパスメソッド身体教育研究所(西新宿、都庁近く)
【参加費】
6回分一括: 18000円
分割および単発参加: 1回3500円
* 単発参加のお申し込みが可能ですので、ご相談ください。
* 初回もしくは各開催日の1週間前までにお振り込みいただきます。
【参加人数】
4〜10名(4名以上で開催)
【講師】
小川隆之 斎藤瑞穂

【お申し込み先】
http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php に必要事項をご明記の上、お申し込みください。
タイトル「筋膜リリース コツのコツ」を忘れずに記してください。
単発のお申し込みは、各開催日の7日前までにお願いいたします。
※24時間以内に返信が無い場合は、メールが届いていない可能性が非常に高いです。ご面倒ですが、再度のお問い合わせをお願い申しあげます。

さて、私事ですが、腱鞘炎は完治とはならず、テーピングで手首を固めて生活しています。
右手が良くなってきたと思ったら、今度は左手も…。
ここ一か月は手首を痛めるような運動もしていないのに、とにかく不思議です。

テーピング.jpg

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。
こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 


****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************


QRコード