2018年09月16日

ゆるゆると、さなぎに戻ります

本日、あるメールマガジンが流れてきました。
そこには、こんなメッセージが書かれていました。
「もっと、お金を支払ってもらうようにするにはどうすれば良いのか?それは、相手に地獄と天国を見せることだ」

つまり、相手に最悪のシナリオを伝えるのです。
「これをしておかないと、老後はこんな悲しい現状が待ち受けているのですよ」
などと伝えるのです。
そして間髪入れずに、夢のような話を伝えるのです。
「だから、今すぐにこれをしておけば、あなたの未来は明るいのです。これまでに、何人もの人がその実感を感じています」
というように。

わたしたち日本人は(わたしは、と言い直した方がよさそうですが)「取るに足る」つまり必要以上の豊かさを求めず生きていくことに美徳を感じるので、西洋的な「どうやって、少しでも多くお金を手に入れるか」「どうやったら有名になって、人から注目を受けるか」というアグレッシブなスタンスの人を見ると、なんともいえない居心地の悪さと奇妙なズレを感じてしまうのです。

メールマガジンの、もっと支払ってもらう、というダイレクトな物言いにひっかかったのかもしれません。
正当な金額をもらう、ではなく「もっと相手から引き出す」というニュアンスに。

グランドスラム日本女子史上初の決勝進出を果たした、そして勝利したテニスの大阪なおみ選手がの表彰式で、挑戦相手のセリーナ選手を応援していた聴衆に向かって「こんな結果になってごめんなさい」と言い、勝ってなお憧れの存在であるセリーナ選手に向かって「戦ってくれてありがとう」とお辞儀をする動画をみました。
YouTubeのコメント欄には「so humble」=とても奥ゆかしい と好意的な意見が寄せられていました。

大阪選手の例を引き合いに出すのはおこがましいのですが、オープンパスもこうした控えめさ、真面目さを持って、これまでを活動してきました。

少しずつ方向転換をしていこうとしている今、忘れてはいけないのは「お金だけがすべてではない、技術を伝えることが私たちの情熱で、だからこそ、ここまで来ることができたのだ」という、オープンパスというユニットを立ち上げてから少しも変わらない、一貫した姿勢だと思います。

先日のブログでは、知人との話に刺激を受け、突発的にセッションの金額を変えることを思いついたような内容になってしまいましたが、そうではないのです。
オープンパスで知識を得た方たちに活躍してもらうには、どうすればいいのか?
それを考えていたのです。

私自身が自己評価が低いままで、引っ込み思案で人付き合いもよくないようではいけないし、努力に見合った料金をいただくことを戸惑ってはいけない。
成しえてきたことを、自分が評価しなくてはいけない。
そうしなくては何も変わらない、そう思ったのです。
よくある自己啓発的な考えに突き動かされたというのとは、全く違うのです。

これまで通りに「お金より技術」を大切にし、卒業生と共に活動していくためには、たぶん、オープンパスの在り方自体を変えていく必要があるのだろうと思います。
これまで培ってきたものを、自分たちではなく、後進たちが受け継いでいくためにはどうやって地盤を作ったらよいのだろう?
オープンパスの資格が活きていく道を、熟慮、心算し、結論がでました。

トレーニングもセミナーも、今よりもっと良いものにしたい。
まだまだ仕事は続けるのだから、考えを形にしていこう、そう考えています。

〜明日に続く、もっと具体的に今後の活動をお話いたします

気球.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

posted by MSaito at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般

2018年09月15日

穏やかに流れを変えていきます(料金も)

今日、ある方にお会いしました。
独自の視点から、ビジネスという有機体を観察し、分析し、自分の理論を展開している方です。
その方と4時間近くに渡って、夜にも関わらずにお酒ではなくコーヒーを飲みながら、ピアノの生演奏を背景にお話をしました。そして、たくさんの発見がありました。

今日の一番の気づきは 

「私は自己評価がずいぶんと低かったんだ…」

その一言につきます。

「講座を13期まで続けてきたのに、講座の金額もセッションの金額も安すぎ」だと、その方に言われました。
確かに値上げもせず講座もセミナーもセッションもしてきましたが、その間に自分の技術は向上し、筋膜に興味を持つ方々に貢献できるような書籍も上梓しました。

いただく金額と、これまでの様々な努力とが見合っていないという思いはありましたが、自己評価の低さや、意味のない優しさ(?)ゆえ「セッションを受けやすくする」「継続的に学んでもらう」ことに気持ちが向きすぎ、自分をすり減らしてきたことにはっきりと気が付きました。
ビジネスマインドがしっかりしているその方は、初回セッション(セミナー)を行う際の金額の線引きを、3つに区切っていました。
今更ですが、どんな方に来てほしいか、という初期設定の段階で線引きをしっかりとするべきでした。

今日の話し合いを踏まえて、お伝えします。
もしもあなたが「このセミナーは自分が支払う金額に見合うのか」を確かめたいのであれば、「その方が実際にプロとしてお金を得る活動をしている経歴セミナーへの参加回数、参加セミナーの幅広さ、持っている資格の種類の多さは全くアテになりません
そして、今現在、どういう活躍をしているか過去がどんなに素晴らしくても、過去は過去でしかありません)をしっかりと確認して、比較対象してみてください。

専門性が高い人は、短期間で広く浅く学ぶことを良しとしません。
からだ系の技術は基礎が大切だし、メタ理論(なぜその技法を使うのか)についての理解なしには技術を習得できないので、短期間で教えることも学ぶこともできないというのは皆さんよくご存じだと思います。

むやみにセッションやセミナーの金額を高くしようとする人は、自分が払ったセミナー費用を回収しようと、実力に見合わない金額を請求している可能性があります。
こうなると、技術に惚れてビジネスを始めた方からではなく、お金になりそうだから技術を学んだ方から、からっぽの技術を学ぶことになります。

来年からは、個人セッションの金額設定を変更します。
そして、講座も同様に金額を改めます。
これまでの経験、技術、経歴を含め、伝える内容に見合った金額設定にしようと考えています。
金額の引き上げは自分のためだけではなく、後進のワーカーたちが生活を支えるための活動をサポートすることにもなると思います。

これからは自分の功績を認め、伸びしろがある後進の方たちの活動を邪魔せず、料金に見合った活動をしていこうという、金額変更に向けてのお知らせでした。
(金額の変更は来年になります。今年中は一切変わらない料金でセッション、講座ともに行います)

Hさんに感謝を込めて。

29722460208_d0baba8c34.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
posted by MSaito at 02:32| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事全般

2018年09月12日

筋腱移行部のリリース(『筋膜リリースコツのコツ』より)

久しぶりに『コツのコツ』書籍から、テクニックをひとつ紹介しようと思います。

<ちょっと上級さんのための演習> ふくらはぎ下部のリリース

1.クライアント役にうつ伏せになってもらいます。 頭は右向き、左向きのどちらでも構いません。
2.ふくらはぎの形を確かめます。ふくらはぎの丸みの下部分に前腕をあてます。←実はここで、筋腱移行部に前腕を当ててもらっています!
3.前腕で筋膜の触察をし、筋膜がとらえられたら少し圧をかけます。
4.前腕を内側または外側へ移動させたら(その場で前腕の動きを止めて)エンドフィールを待ちます。
( )の内側に説明文を付け加えましたが、これはセミナーなどで、時間をかけて技術をお伝えするときの内容です。
5.エンドフィールの後で、リリース感が感じられたら、次の位置へと腕を移動させます。
真ん中から内側へ、外側から真ん中へ、と筋膜をひっぱりつつリリースを行います。

〇前腕でのリリースのコツ〇
〇空いている方の手はサポートの手にする。
〇足の形状に合わせ、前腕の傾きを微妙に調整しながら筋膜をひっぱる。
『初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ』位置 No.963-969/1865

dev-73.jpg

短期セミナー『筋膜リリース コツのコツ』では、こんな感じにアレンジしてデモンストレーションを行っています。
2分20秒からご覧ください。



ファシャワーカー養成トレーニングではここまで丁寧にデモンストレーションができないのが残念ですが、筋膜リリース=ボディワークでもオープンパスのファシャワークでもないので、今のトレーニングのコンテンツが妥当かな、と考えたりもします。

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年09月08日

緩やかに進行方向を変えるようです

小川氏が、「日曜日の連続トレーニングは体力的にムリ」と言うようになり、「それよりあちこちでワークショップをしたい」と珍しく自己主張をした。

意外だと思う人が多いだろうけれど、小川氏が「自分のやりたいこと」を主張することは、未だかつて数えるほどしかなかった。
「あれがしたい」「これが欲しい」ということがほとんどなく、よくもこんなに無欲で生きていられるなあと不思議に思いつつ、共に仕事をしてきた。
自分を必要以上に大きく見せる演出もしなければ、他人に過剰な期待もせず、情けもかけず、自分がやるべきことを言葉少なにひとつずつこなしているように見えた。
その姿が、社会との関りや、オープンパス代表としての責任を放棄しているようにも見え、苛立ちや焦りを感じることもしょっちゅうだった。

仕事の面では妥協を許さず頑固な面も見せるが、これは自分を信頼して集まる方たちを守るための自己鍛錬のようなものであると同時に、小川家に脈々と流れる職人気質がそうさせるのかもしれない。
「こうあるべき」という発言は極力避け、それを他人にも押し付けないよう自制していて、それは自分が「変化していく存在である」ことを自分に邪魔させないためでもあり、この世の中に「絶対」は存在しないというこだわりから生まれた主張なのだと思う。これは自己主張というような我を張るための言動ではなく、むしろ我を張らずにその時々の出来事に即して生きていくための工夫といったものだと思う。

そんな小川氏が、久方ぶりに「あちこちで単発セミナーをやりたい」と口に出すのであれば、後押しをするしかないなという気持ちでいる。
今期のパルペーションインテンシブセミナーは小川氏の負担分を減らし、130筋を触察できる実力を持った触察講師を育成し、小川氏の代わりに活躍してもらわなくてはいけない。

小川氏は長野、静岡、仙台でセミナーをしたいと希望していて、この3県はとても素敵な街だったので私も大賛成だ。
交通費はオープンパスと参加者とで人数割りすればそれほど高額にはならないと思う。
好きな街、というのであれば、神戸は街並みがとても美しかったし、群馬は素晴らしい温泉地がいくつもあるから行きたい。四国は一度も訪問したことが無いので、ぜひ行ってみたい。北海道も函館しか行ったことが無いし、需要があれば沖縄にだって飛んでいこう。奄美大島はもう一度行きたいな、ホノホシ海岸は絶対また行こう…と、途中で旅行の計画のようになってしまったのでこの辺で妄想はストップ。

今後も意欲的に活動していけるよう、希望の芽を育てながら明日のトレーニングに備えてそろそろ寝支度をするとします(人生100年時代とか言われるとゾッとするけど)。

飛行機.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

posted by MSaito at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事全般

2018年09月06日

パルペーションセミナー/夜間クラススタートしました!!

昨日9月5日から、「パルペーションインテンシブセミナー夜間クラス」がスタートしました。

夜間クラスということで、月3回、一回3時間で30回に渡って行う長期のセミナーになります。
年末年始や連休はお休みにして、なるべく参加しやすくしました。
当初は単発参加も募集していましたが、いくつかの理由で全行程参加の方のみの受付けとなりました。
参加の意思表示をしてくださったにも関わらず、お断りをしてしまった皆さまにはこの場をお借りしてお詫び申し上げます。

さて、参加者の中には、後ほど開催されるパルペーション講師養成トレーニングに参加しようという意気込みの方もいらっしゃいます。
パルペーション初心者の方向けに、丁寧でわかりやすい内容にしようと工夫を凝らしましたが、結果として講師候補の方たちにとっても役立つ内容になっているかと思います。

初回は「各器官の触り分け」を体験していただきました。
参加者の皆さん、どうやら苦も無く触察をしていらっしゃるようでした。うれしいです!!

今回は、講師としての役割は、小川氏3:斎藤7 くらいの比重でお願いします、と言われました。
触察の構成、それを反映するような資料の作成をがんばってこなしています。
小川隆之氏の触察セミナーを受けた経験があるかたは、以前と違う進み方に戸惑われれるかもしれません。
小川氏のセミナーは、触察自体に興味を持っていただけるような知識やトリビアがふんだんに盛り込まれていました。
資料も痒い所に手が届くような親切さで、これを私がカラーにしたところで太刀打ちできないくらいの非の打ち所の無さです(自分で資料を作るまでは気づくことができませんでした。批判をしたことを反省しています)。
対して、斎藤がリードの触察は、「触察できること」に重点を置いて、初心者の方がつまずきがちな部分や不安を感じるだろう部分を解消しながら進められる内容にしたいと思っています。
言葉で伝えたものは消えてしまいがちなので、ホワイトボードに書き出して、「書く」時間を増やしたいと思います。
写メ<聞く<書く の順番で、記憶に残りやすいのです。

昨日お伝えしたことで、表現を変えることでもっと腑に落ちそうなことがあったのでこちらでお伝えしたいと思います。
オリエンテーションが終わっていざ触察、セルフで骨指標を触察している段階で「触察で戸惑いを感じてしまうのはなぜか、どうしたら戸惑わずに触察できるか」をお伝えしました。
その中で「3つのマジック」のお話をしましたが、「3つのトリック」と表現した方が良いかな、と思ったので、次回以降は「トリック」と表現したいと思います。

とても残念なことに撮影機器を忘れてしまったので、動画を撮影できませんでした。
伝えたいことはまだまだ、山ほどありますが、逸る(はやる)気持ちを押さえつつ、じっくり進んでいきたいと思います。

ご参加の皆さま、どうぞよろしくお願いいたします(#^^#)

絵心はありませんが、努力しております……
靭帯.JPG

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

QRコード