2018年07月26日

オープンパスが考える「健康」の定義

第一回目の「ファシャワーカー養成トレーニング」は申し訳ないことにお休みをいただいてしまいました。

セミナーの度に毎回アップデートする資料、今回は健康の定義について、美の定義についての見直しを行いました。

先日、本当に腹が立つ出来事がありました。
タイヘンに怪しい、自称「プロデューサー」から一緒に仕事をしたい旨のメールがあり、あまりの怪しさに事務所(ヤツの本拠地)を訪問して化けの皮を引っ剥がしてやろうと乗り込みました。
案の定、メールの内容はうそっぱちだらけ。
(大体において、誰かに仕事を依頼するのに、相手の経歴も肩書も知らずに自分の過去の栄光をひけらかしてのビッグマウスはどうかと思う)
そして、この御仁が思い描く健康法というのが、巷にあふれかえる「カンタン、すぐに効果が出る、努力なし!」という安物の類いでした。
10年以上に流行った健康法をあげつらって「どうよ」とご満悦、老害とは果たしてこういうことかと鼻先で笑ってオフィスに戻りました。
…感じ悪いですよね、今日のわたし。失礼な相手にも礼を尽くそうとは思いますが、一線を越えたと思ったら遠慮なく毒を吐きます。

ということで、オープンパスが考える健康と美についての定義を共有したいと思ったのです。
最低限の約束事がないと「オープンパスメソッド(R)」が成り立ちません。

<健康の定義/日本大百科全書(ニッポニカ)の解説>※オープンパスメソッド的健康観 
個人においては、日常生活を送るために必要な最低限度の身体と精神の両面の条件が十分に満たされている状態をさす概念である。身体面においては、重い疾病にかかっている場合は明らかに健康とはいえないし、日常生活において、疾病の治療等のためになんらかの配慮が必要の場合は健康とはいいがたい。しかし反面、明らかに疾患があっても、生活を変えなければならない状態でなければ健康といえるし、身体に障害がある場合でも、恒常性の維持がその状態で保たれていれば健康といえる。精神面においても、身体面と同様に、日常生活を送るうえで特別な配慮を必要とする場合は健康であるとはいえない。しかし、個人がある社会において社会生活を営むうえで、その社会にうまく適応していける場合は健康といえるわけである。

対してWHOの健康の定義は以下です。
<健康の定義/ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典>
世界保健機関 WHOの憲章では,「健康とはただ疾病や傷害がないだけでなく,肉体的,精神的ならびに社会的に完全に快適な状態であること」と定義されている。個人の健康条件としては次のようなことがあげられる。疾病のないこと,食欲が十分あり便通がよいこと,元気がよく疲れにくいこと,睡眠が十分とれること,抵抗力があり病気にかかりにくいこと,姿勢がよく身体の調和がとれていること

人間は社会の中で生きていくことを念頭に置きつつも、個人の健康は社会に定められるべきものではなく、むしろ個人の価値観において定められる、というのが日本大百科全書の健康の定義です。
クライアントセンタードであるオープンパスメソッド(R)は、クライアントの主訴をとても大切に考えますが、この考えが日本大百科全書の健康の定義と齟齬なくかみ合います。

誰が何と言おうと、社会にうまく適応していれば(他人様に迷惑をかけなければ)自己責任で楽しく生きていくのが健康なんや(なぜ関西弁?)、そんな強気な姿勢で前進していきたいと思う本日でした。

5874592673_acde49d2c1.jpg

※2018年パルペーション夜間クラス参加者募集中<9月スタート>※(申込書が届き始めています)
日程はこちらのブログをご参照ください。
内容(対象筋)については、こちらをご覧ください。

ご興味をお持ちいただけましたら、http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.phpに必要事項をご記入の上、資料請求をしていただけますようお願いいたします。
締め切りは、8月25日を予定しております。
最低結構人数は6名、参加上限は10名様になります。
皆さまのご参加をお待ちしております!!

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年07月21日

あじさい(I heard you say)

久々のブログ、久々の音楽ネタです。

私事で、くったくたになって帰ってきました。
頭の中に、oasisの"Don't look Back in Anger"が同じ部分ばかりループで流れていてすっきりしないので、一曲まるごと聞こうとyoutubeで検索したら、吉井和哉さんの"Don't look Back in Anger"が出てきました。
なぜ?と思ったら、oasisのこの曲を吉井和哉さんが和訳(超和訳)していたのですね。
タイトルは「あじさい」。
oasisの"I heard you say"という歌詞、アイハージュセィなんだけど「あじさい」とも聞こえます。

吉井和哉訳詞
チキンライスによく似た 油ぎった赤い怒り
世界一になれるなら この身体いらないから
神様 どうか 神様
僕に優しさがあるのなら もう必要ありません
悪気なんかないのに 人を傷つけて
空の青さが残った
そう シャレにもならない出来事の多さ
もっと遠くへ Don't Look Back in Anger 放て
1997年の10月はロンドンにいた
ケンジントンで流れた この歌が大好きさ
家族は仲良しでいるかい?
イジメとかにあってないかい?
君が大事にしているものほど
これからもさらに 奪われていくだろう
でも生きていかなくちゃな

そう 誰にも見えない未来を行かなくちゃ
風に揺れる Don't Look Back in Anger あじさい
そう シャレにもならない出来事の多さ
もっと遠くへ Don't Look Back in Anger 放て
そう 初めて感じる喜びの多さ
過去を抱きしめ Don't Look Back in Anger
Don't Look Back in Anger 飛び立て
さあ行きなさい


今日の出来事に、太字にした部分がぴったりで、何とも言えない気持ちになりました。
大人になるというのは失うことでもあるのですね。

元ネタのoasisはこちら。
丁度よく、歌詞に基づいた和訳のテロップがでるものがありました。聞き比べ(読み比べ?)てみてください。


今日は全く、あじさいが沁みる日です。
おやすみなさい。


※2018年パルペーション夜間クラス参加者募集中<9月スタート>※(申込書が届き始めています)
日程はこちらのブログをご参照ください。
内容(対象筋)については、こちらをご覧ください。

ご興味をお持ちいただけましたら、http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.phpに必要事項をご記入の上、資料請求をしていただけますようお願いいたします。
締め切りは、8月25日を予定しております。
最低結構人数は6名、参加上限は10名様になります。
皆さまのご参加をお待ちしております!!

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年07月15日

心と身体はひとつ?

この仕事をしていると「他人の健康のためにお仕事をしていて、素晴らしいですね」と言われることがあります。
ありがたいことです。
しかしながら、それにどう応えていいのか戸惑ってしまうこともあります。

ひねくれものと言われてしまうかもしれませんが、こころとからだは一体である、と思うこともあれば、まったく関係ないんじゃないの?と考えることもあります。
現代では、「心と身体は一緒」という考えが一般的です。
例えば、こちらのサイトをご覧ください。性格から【将来なりやすい病気】を判断しています。
<性格から【将来なりやすい病気】を診断 ネガティブは病気リスクが高い?>
https://health.goo.ne.jp/news/2843

心身一元論を信じる人でも、自分の身内が病気になったときにこうした統計を見せられると反論したくなるのではないでしょうか。
反対に「そうだ、そのとおりだ」という方もいるかもしれません。

私自身は、心(認識)と身体反応の関係が今一つわかりません。
恐怖症などがそうですが、多くの人が不安を感じないことがら(蜘蛛や蛇が怖い、先のとがったものが怖い、閉所が怖い、高所が怖い)で、なおかつ自分でもそれを怖がるのは理不尽だと思う事柄でも、身体が反応してしまうという病気があります。
絶対に怖いことなど起きないとわかっていても、心臓の鼓動が早くなり、呼吸が苦しくなり、汗びっしょりになるほどの苦しみを味わう、いわゆる恐怖症という病状がそうです。

心をどう定義するかにもよりますが、頭で理解していても身体がついてこない体験は、恐怖症を持たない方でもあるかと思います。

そうかと思うと、神社にお参りをしたり先祖供養をしたりした途端に体調がよくなるという話もよく聞きますし、恋愛中は絶対に病気にならないし、好きな人と会うために睡眠時間が2、3時間でも全く疲れないという人の話を聞いたこともあります。
気持ちが身体をコントロールする良い例だと思います。

何か一定のルールを作ることが自分の心の「お守り」になるのなら、そのお守りは大切にすべきだと思います。
情報が溢れかえる社会で「自分だけの心の支え」を持つこと、病があってもそれと共に生きていくこと、それが生きやすさの秘訣なのかなあと考えました。

heart-back0012.jpg

※2018年パルペーション夜間クラス参加者募集中<9月スタート>※(申込書が届き始めています)
日程はこちらのブログをご参照ください。
内容(対象筋)については、こちらをご覧ください。

ご興味をお持ちいただけましたら、http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.phpに必要事項をご記入の上、資料請求をしていただけますようお願いいたします。
締め切りは、8月25日を予定しております。
最低結構人数は6名、参加上限は10名様になります。
皆さまのご参加をお待ちしております!!

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

posted by MSaito at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと

2018年07月09日

失意のもとに更新です(また消えた)

消えてしまいました…
長文の、「これ面白かった!!」と思った本の感想を、面白さが伝わるように努力して書いた文章が、なぜかすっかりキレイに消えていました。
下書き保存して、読み直してからアップしようと思っていたのです。
なのに、跡形もなく消えていました。
もしかしたら「その本は、自分だけの糧にしなさい」という神様の思し召しだったのかもしれません。

ぽっかりと空白状態です…。

shadow.jpg

※2018年パルペーション夜間クラス参加者募集中<9月スタート>※(申込書が届き始めています)
日程はこちらのブログをご参照ください。
内容(対象筋)については、こちらをご覧ください。

ご興味をお持ちいただけましたら、http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.phpに必要事項をご記入の上、資料請求をしていただけますようお願いいたします。
締め切りは、8月25日を予定しております。
最低結構人数は6名、参加上限は10名様になります。
皆さまのご参加をお待ちしております!!

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年07月04日

『コツ』講座、第5回目と第6回目の参加者募集です

明日の『筋膜リリース コツのコツ』セミナーは、当初の”第4回目”のコンテンツに忠実に進めることにしました。
触察の要素を含めつつ、筋膜の短縮、拘縮、癒着を探していく内容となっています。

第5回目、第6回目はキャンセルがあり、各回あと1名様のみ参加が可能となっております。満員御礼
第5回 7月19日(木)19:00〜21:00
 テーマ:コンパートメントリリース(触察練習を含む)右矢印1変更の可能性あり。演習内容が重ならないよう工夫する予定です。
第6回 8月2日(木)19:00〜21:00
 テーマ:全身リリースのためのリリース構成(どこから始めるか、どのテクニックでリリースするか。45分間のセッションを想定)

参加ご希望の方は、http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/182847960.htmlに必要事項を明記のうえで、何回目にご参加希望かも忘れずにご記入ください。

明日は、筋膜リリースをするためにご自分の今までの癖を封印しながらの演習になる可能性があります。
オープンパスでは「こうするべき」という押し付けはなるべくしないようにしていますが、クライアントさんのために必要な演習は、とりあえず2時間であっても体験していただく方向でいきたいと思います。
ご参加の皆さま、明日もどうぞよろしくお願いいたします。

takanasan.JPG

※2018年パルペーション夜間クラス参加者募集中<9月スタート>※
日程はこちらのブログをご参照ください。
内容(対象筋)については、こちらをご覧ください。

ご興味をお持ちいただけましたら、http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.phpに必要事項をご記入の上、資料請求をしていただけますようお願いいたします。
締め切りは、8月25日を予定しております。
最低結構人数は6名、参加上限は10名様になります。
皆さまのご参加をお待ちしております!!

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
QRコード