2017年11月13日

着付が病みつきになる理由(絞め感覚)

着物好きを公言して止みません。
しかも、着付け師のバイトをしたい等々言いだし、周りに呆れられています。

着付とソマティクスはとても似ています。
着物はソマティカルな体験、経験です。
つまりは、<言葉で説明するのが難しい>、<感覚に頼る><手続き記憶>の連続です。
オノマトペ(擬音語・擬声語・擬態語)でなら、経験に近い感覚を表すことができるかもしれません。

着物はもともと、絹、木綿、ウールや麻など自然の素材から作られたものでしたが、今は化繊など安くて手軽に手に入るものも多く出回っています。
洗濯しやすいので便利なのですが、絹や綿とは肌触りが違います。
肌着が化繊だとこの時点でつるつると滑りやすく、上に襦袢や着物を着るのにしっくりときません。自然の素材の方が保温力も高いので、下着をつける時点で肌感覚が高まります。

肌着の上に襦袢を着ますが、この時に「衣紋を抜く」と言って、首の後ろをこぶし一つ分空けます。
鏡を見ながら着付けていても、この「こぶし一つ分」も、襦袢の引っ張り具合によって大体の様子が分かります。
自分の中で「ん」という感覚があるところまで、襦袢の襟を腰の方向にひっぱるとだいたい「こぶし一個分」です。

襦袢や着物を留めるために占める腰紐も、ここまで引けば苦しくなく緩まなない感覚というのがあって、それ以上でもそれ以下でも具合がよろしくないのです。
しゅるーっと軽やかな音で体に巻けるときは紐がまっすぐで体に添えている状態。
紐がねじれているとその音がしません。
相手に着せてあげるときも「ぐーん」とか「きゅー、きゅー」「ぱんぱんぱん」とか、心の中で絞め加減を音にして着つけていきます。

一番感覚を研ぎ澄ますのは、背中で帯を締めるとき。
胴体に帯を巻く作業をしながら、帯がずれないように気を配るのですが、締めたときの感覚で二重になっている下の帯と上の帯がしっかり合わさっているのかずれているのかが分かります。
ずれていると、締めたときの「擦れ合い」というのか、抵抗感が違うのです。
背中に置く帯の位置で、若々しさや落着きを演出しますが、置き場所もまた勘で、肘の曲げ加減などいくつかの条件を併せて決めます。

こんな感じで肌襦袢から帯結びを終えて、帯揚げ帯締めできちっと全体を整えるまで、ずっとソマティカルな体験が続いていくわけです。
仕事の勘が、着付けの勘に結びつき、しかもTシャツ(仕事着)の時とは違う自分が生まれる。
これが着付けの醍醐味といっても過言ではありません。

こうして書いていて再び実感しました。私はある種のワーカホリックなのかもしれません。

hakubi.jpg

2018年1月から触察(パルペーション)インテンシブセミナーがスタートします!詳細はこちらで。

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
**********************************************************
posted by MSaito at 11:29| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事全般

2017年11月07日

残り一枠12月15日(カンタン!筋膜リリース)

お陰様で、第3回目の「カンタン!筋膜リリース全6回」にお申込みをいただきました。
ご参加ありがとうございます。

さて、第3回目のお題は二つ。
1.肩凝り、首凝りをゆるめる
2.もまないで揺らそう、もまないで伸ばそう
この回は小川のリードで、ちょっと変わったリリース法をお知らせする予定です。
生粋の筋膜リリースというよりも「こんな方法がありますよ」という、目新しいテクニックになるのではないかと思います。

残席は1枠のみで、12月15日(金曜日)の大腿全面のリリースになります。
第5回目/12月15日(金)19:00〜21:00
1.意外に凝っている太もも前
2.意外に凝っているすね
::::::::::

第2回に、脚の後ろ側に対する筋膜リリースをお伝えしましたが、後ろ側に疲れがあれば、じつは前側にも問題があるものです。
今回は、普段はあまりケアすることのない脚の前側を筋膜リリースします。
意外に気持ちよく、楽になることにびっくりされるかもしれません。

まだ先なので何とも言えませんが、リリースが出来ている実感をしっかりと感じていただいて、実際の施術やご家族へのリリースに活かしていただける内容にする心づもりです。
ホワイトボードにも、びっしりコツを書き込みます。

ご興味をおもちいただけましたら、ぜひ
http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php 
こちらでお申込みをお願い申し上げます。
お申込みをお待ちしております。

9183634078_58423b9118.jpg

2018年1月から触察(パルペーション)インテンシブセミナーがスタートします!詳細はこちらで。

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
**********************************************************

2017年11月06日

「カンタン!筋膜リリース」第二回はツールの使い方

第二回目の「カンタン!筋膜リリース」の主題は
1.もも裏をゆるめる
2.ふくらはぎをゆるめる
この二つでした。

「カンタン!筋膜リリース」は、回を重ねるごとに、リリースの楽しさと効果、そして手ごたえを実感していただきたいと考えて、主題+αの構成で資料を作っています。
単なるリリース練習で終わるのではなく、リリース練習がさらに知識を深めたり、実践の助けになったら便利だと思うのです。

そのため、今回はリリースの部位をもも裏〜足底に限定しつつも、筋膜リリースで利用するツール(7種類)をすべて使ってのリリース練習にしました。
適材適所といいますが、部位ごとに手技のツールを変えるというのはとても大切なことなのです。
効率が良いのは当然のことながら、自分のからだ(手指、関節)を傷めずに施術をするためにはいくつもの道具を持っているに越したことはありません。

今回紹介したツールは以下です。
手掌全体/広範囲でリリースしたいときに使う。
ソフトフィスト/拳の節から第二関節までの間。広い部位で、硬さが目立つ部位をしっかりと捕まえる。
ナックル/第二関節の柔らかい部位。筋膜をひっかけやすい利点がある。
指先/細かい部位、隙間やコンパートメントのリリースに役立つ。
前腕/幅がある部位を一度にリリースするときに便利。
肘/骨の周りや隙間のリリースに使う事が多い。
親指/拘縮を捕まえリリースするとき利用する。

筋膜リリースのイメージは、往々にしてこぶしをクライアントの体の上で滑らせるロングストロークかと思いますが、実際はいろいろなツールを使い分けてリリースを行います。
コンパートメントを探したり、分けたり、筋腱移行部、靭帯や腱膜をリリースしたりと、それぞれに特徴のある軟部組織の触り分けの意図も、こっそりと含めました。

盛りだくさんにしすぎて演習の時間が十分に取れなかったのが申し訳ない限りですが、単発でいらっしゃる受講生の方は今回限りで次がないので、つめこみになりましたが予定していた技術はすべてお伝えしました。
みなさま、お疲れ様でした。今回もご参加ありがとうございました。

四指.jpg

2018年1月から触察(パルペーション)インテンシブセミナーがスタートします!詳細はこちらで。

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
******************************************************

2017年10月30日

申し込みフォーム不調、11月3日満席です

オープンパスの公式サイトを更新してから、申し込みフォームが不調です。
お申込みいただいたメールが迷惑メールフォルダに振り分けされてしまうというケースが相次いており、皆様には大変にご迷惑をおかけしております。

改善するにはどうしたら良いのか皆目わからずなので、毎日迷惑メールフォルダをチェックするようにしているのですが、うっかり見落として返信が遅くなることもあり申し訳ない限りです。
24時間以内にオープンパスからの返信が無い場合は、メールが正常に届いていない可能性が高いため、大変ご面倒をおかけしますが、再度、申し込みフォームを通さずにご連絡を頂戴できれば幸いです。

さて、お問い合わせを多く頂戴している「カンタン!筋膜リリース」ですが、現時点で11月3日は満員御礼で、キャンセル待ちとなっております。
(2017年)
10月20日(金)19:00〜21:00
11月3日(金) 19:00〜21:00
11月17日(金)19:00〜21:00
12月1日(金) 19:00〜21:00
12月15日(金)19:00〜21:00
(2018年)
1月19日(金) 19:00〜21:00 

募集中は以下の2日です。
第3回(11月17日)
1.肩凝り、首凝りをゆるめる
2.もまないで揺らそう、もまないで伸ばそう
第5回(12月15日)
1.意外に凝っている太もも前
2.意外に凝っているすね
お早目のお申込みをお勧めいたします。

単発参加;1回3500円
お申込み先: http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php
(コメント欄にはご自由にリクエスト等をコメントしてください)

ブログの更新はちょっと滞り気味ですが、マジメにお仕事をしています。
私生活もぼちぼち楽しんでおります。

baras.jpg

bara2s.jpg

こんな素敵な誕生日プレゼントが届きました!
ウチのにゃんずまで、香りにひかれて側から離れず、葉っぱをちょっと噛んだりして楽しんでいます。
いつもいつも、ありがとうございます<(_ _)>

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
******************************************************

2017年10月22日

カンタン!筋膜リリースは情報まるっと差し上げます

昨日10月20日(金曜日)から「カンタン!筋膜リリース全6回」セミナーがスタートしました。
第1金曜日、第3金曜日の月に2回、来年1月までの6回講座です。

カルチャー講座で伝えきれなかった内容も加えていこう、情報は惜しげなく伝えようという目的のもとメイン講師の小川隆之氏が構成を考えレジュメを作成しました。

それなのに、第一回目については反省山積みでした。
自ら講座のオーガナイズを請け負った小川氏の「抜け落ち」が、講座当日に次々に露呈しました。
集合時間、キャンセルポリシー、講座スタートのリマンイダーが送られておらず、振込の手配もきちんとされていませんでした。そのため早くおいでくださった受講生の方に外でお待ちいただくことになったり、参加日数を当日変更する方がいらっしゃり、領収書を書き替えたりと大わらわ。
いざ講座が始まると、異様に緊張した小川氏が、講座に関する注意事項や自己紹介(通常は異常に長い)をすっとばして挨拶もそこそこにいきなりこわばった表情で筋膜についての講義を始めました。
参加者の方たちとのラポールが全く取れていない状態でのスタートです。
しかも、資料から微妙に外れたことを滔々と30分近くしゃべり続けたのです。
本人曰く「いつも3時間で区切る講座をしているから混乱した」とのことですが、傍から見ていてハラハラしました。

小姑のごとく私がしゃしゃり出て「小川さん、長いです」「小川さん、今日は2時間です」「小川さん、あと1時間です」と伝えたので、受講生の皆さんの私に対する印象はすこぶる悪かったこと間違いありません。
しかも、短時間でたくさんの情報をお伝えしたいので、小川さんが強調しなかった筋膜リリースを行うためのコツに関しては、講義が行われている背後で、お構いなしにホワイトボードに書き込みました。
まさに小姑でした。ああ、いつもこんな役回り。

それでも講座慣れが幸いして、筋膜リリースについて絶対に必要な知識は間違いなくお伝えできました。レジュメにかかれている内容は概要で、ホワイトボードに書いた内容がコツです(自画自賛の評価です)。
演習の時間は短かったかもしれませんが、おひとりおひとりに沿ったアドバイスができたのはとても良かったかと思います。

今回のレジュメはPDFで。カンタン!筋膜リリース第1回テキスト.pdf

それにしても、小川さんはどうして簡単な講座に限って緊張するのでしょうか。
簡単なことを話しても難しいと言われてしまうことが悩みだそうです。
丁寧に話そうと、長々とおしゃべりしてしまうのでそうしないようにがんばるのが大変、話し始めたらみなさんが一斉にメモを取り始めたので目新しいことを言わなくては申し訳ないと思ってしまったらしいです。
全6回のレジュメを作成したのは小川さんですが、相談のうえで今後の方向を決めたいと思います。

第三回目※くらいからは筋膜リリースの基本から応用へと移行できるでしょうか?実習時間をなるべくたくさんとる必要がありますね。
初回はオープンパスワーカーのTさん(プロレス界のカリスマT治さん)にご参加いただけて、とても助かりました。伝えて忘れていたことをシェアしてくださってありがとうございます。
初めてお会いする方が半分、カルチャー講座においでいただいた方、10年以上ぶりに参加する方など、楽しい講座になりそうです。
皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。
※定員を10名にしました。現時点で、第3回目以降は各回1名ずつ参加者募集をしております。

small.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
******************************************************
QRコード