2017年06月30日

インテグレーティブボディワーカー養成スタートします!

日付が変わればもう7月です。
都内は日曜日は雨、雨が上がると猛暑になるそうです。
気持ちもカラダも夏に向けての準備が出来ていません。
また体調を崩してしまわないよう、十分に注意をしないと。

さて、7月の第一日曜日から、インテグレーティブワーカー養成トレーニングがスタートします。
今回は、講師の小川隆之氏がトレーニング資料をつくる番です。
凝り性の小川氏はつきつめるのが大好き、研究が苦にならないタイプです。
ボディワークは量子力学の観点から説明可能だと確信し、それを確認するために二けたの書籍を読破して資料作成に臨んだそうです。

buroguyou.jpg

今回は、私はアシスタントという立場で参加したいつもりですが、資料作成はお手伝いする予定です。
第一回目の資料はちょっとした工夫を入れて、文章だけのお堅い資料を柔らか目に仕上げました。

明日からご参加の皆様、どうぞよろしくお願い申しげます。

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
*******************************************************

2017年06月22日

第3期ソマティカルワーカー養成トレーニングが終了しました!

お陰様で、第3期ソマティカルワーカー養成トレーニングが無事に終了いたしました。

今期は、伝えたいという内容を受講生の方々にきちんと受け取っていただいている実感がありました。
毎回の講義でお伝えしたことを「新鮮な情報」として受け止め、日々の生活の中で消化してくださっていたのでしょう、臨床セッションでは細かなテクニックも忘れず記憶していて、実践していらっしゃる様子でした。
ご自身でも身体操作(武術やバレエ、ヨガなど)を実践している方々が揃ったので、考え方やテクニックを日常生活に活かすことで、テクニックを反復、吟味することが出来たのだと思います。

参加してくださったクライアントモデルの方々からの評価も高く、最高点は88%を余裕で超える高得点でした。
全員が合格となり、講師側もほっと胸をなでおろしました。
皆さんのがんばりが評価され、嬉しい気持ちでいっぱいです。

以下、第3期ソマティカルワーカー養成トレーニング合格者の皆さんです(敬称略)。
尾崎陽子(東京/アロマセラピスト、アロマテラピー講座講師)
境洋一郎(東京/柔道整復師)
嶋田倫子(東京/会社員)
瀧田清(埼玉/スポーツクラブ勤務)

先輩として、よきアドバイザーとして、ヨガ講師の村上仁さんも大活躍してくださいました。
講師側が村上さんに質問したり、受講生の方たちへのアドバイスをお願いしたりする場面も多々ありました。
ご参加、本当にありがとうございました。

皆様の更なるご活躍を、心からお祈りしております!!

five.jpg

ティーチャーズインテンシブ「先生なら知っておきたいうごきと脳神経系のこと」
4回まとめてのお申込みの締切は6月30日です(それ以降は単発でのご参加とさせていただきます)。
お申込みはお早目に!!

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
*******************************************************

2017年04月11日

運動単位と介在ニューロン(説明不足の言い訳)

ソマティカルワーカー養成トレーニングも、前回が9回目となりました。
着々と、終盤に向かって進みつつあります。

カルチャー講座でもファシャワーカー養成トレーニングでもそうですが、資料は必ず作り直すかアップデートします。
ソマティカルワーカー養成トレーニングも、今期はたくさんの変更を加えました。
資料はそのままで説明を改善したケースもあれば、資料そのものを削除したり付け加えたりするケースもあります。

次回新たに付け加える予定の資料があります。介在ニューロンと運動単位についての資料です。
前回のトレーニングで運動単位と介在ニューロンについて説明をしましたが、運動生理学や脳生理学、そして近隣分野のテクニックと理論など、かなり多くの情報をソマティクス関連に情報限定してまとめるのが至難の業で、その結果、説明が拙くなってしまいました。
説明をしながら受講生の方たちの表情を見ていると、臨床経験が豊富な知性派のSさんの様子が「う〜ん」という感じで、何かに欠けた説明だとうことに気が付いていらっしゃるようでした。

そうなんです、申し訳ない<(_ _)>
運動単位を変える、つまり微細な動きを導き出すには感覚ニューロン→介在ニューロン→運動ニューロンの経路では不十分で、情報は中枢に送られて高次レベルで処理される必要があるのです(ホワイトボードの殴り書きを思い出してください)。
ここが上手く説明できていなかったため「?」の表情になっていたのではないかと思いました。

ですので、次回はそのあたりも分かりやすく説明できるような資料を作成しておきますのでご安心ください。
そして、お渡しした「やっちゃダメ事項」の資料をもう一度見直してみてください。
中枢の働きとソマティクスの関連が腑に落ちると思います。

最近は「書きたいモード」に入っているようで、独りよがりにブログを更新しているので、内容が面白くないと思われたらスルーしてくださいね。


介在ニューロン.jpg


****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
*******************************************************

QRコード