2016年11月23日

第11期臨床セッション終了(高評価でした!)

長かった第11期ファシャワーカー養成トレーニングが終了しました。
先週末の土曜日、そして次ぐ日曜日がトレーニング最後の二日間で、両日ともクライアントモデルを招いての臨床セッションでした。

臨床セッションの評価はクライアントモデルの方々にお願いしています。
質問紙に記入をしていただくことで、受講生のみなさんがどの程度の精度でセッションを行えているのかの評価にするのですが、記入する側にとっては頭を悩ませる時間かと思います。
批判的になりすぎても良くないし、甘すぎても良くないので、皆さんに配布する質問紙は評価の項目を細かく設定し不平等や私的感情が伴わないように工夫しています。
クライアントモデルの方々の評価はいつでも真摯で思いやりがあり、講師側が見逃している評価すべき点や注意事項などを細かく伝えてくださいます。

そうした評価を見ながら、また講師という立場で「学ぶときには自分を戒めながら学ぼう」と思わされます。

自分に還元して考えてもそうだと思うのですが、基本ができていなかったり、ごまかしを続けている人というのはボディワークに限らず他のことでも、そしてこれまでも、ごまかしながら生きてきた人なのではないかと思ってしまうのです。
ひとの能力というのは平均的で、程度の差は多少あるとしても、あることに秀でている人は他のことにも秀でているし、丁寧な人はどこでも丁寧な施術をするのだろうし、ぶきっちょさんはボディワークと全く関係のないことをしていてもぶきっちょさんなのだと思います。
一つのことだけに秀でていたらこれは「天才」と呼ばれる人なのだろうし、そうした人は逆に施術者には向いていないかもしれません。
「評価」という単語を使うと上から目線の意見のように思えるかもしれませんが、日常においてもこうした評価は無意識に相互に行われているのだろうと思います。

そして、自分の立場を真っ新にしてトレーニングという場に参加する大切さというのも11期生の皆さんを拝見して身に染みました。
自分の学びが上手くいかないときでも、その原因を自分以外に求めない姿勢は見習うべきものでした。
ウチ(自分が所属する団体)―ソト(それ以外)の閉鎖的な考えも持たず、逃げの理由にせず、いつでもニュートラルにいられるというのは出来そうで出来ないことだと思います。

こうした方々なので、質問紙でもなかなかの高評価をいただいていました。
姿勢分析もしっかりしていたし、分析から割り出す主要筋も理にかなっていました。触察を基礎としたリリースも完璧で、特に浅筋膜の操作の習得度の高さには驚かされました。カウンセリングの対人技法も誰一人注意されることなく、この点でもクライアントモデルとして参加した小川氏の安心度は高かったようです。

すべての行程を終えてほっとされたと思いますが、私たちもほっとしました。
そうは思われないようですが、講師側も臨床セッションが一番気疲れします。
習得されたテクニックを日常でも利用していただければ嬉しい限りです。
みなさま、今度ともどうぞよろしくお願いいたします。

s_00hn.jpg

2016年10月24日

考え方の変化で起こす身体的変化

生涯初の、本格的な腰痛を経験しています。
おなかの調子が悪くて長時間座っていたのが原因でしょうか。
腰痛に加えて顔もむくんで土偶のようになっていて、今日は一日なんだか変な感じでした。
むくむと「埴輪になっている」と表現してきたのですが、これは間違い。
「土偶になっている」というのが正解。土偶と埴輪は違いますね。

t02200145_0320021111220682391.jpg

さて、本日はオープンパス認定ファシャワーカー養成トレーニングがありました。
ファシャワークというのはオープンパス独自の方法を使った、筋膜に働きかけるテクニックです。
カルチャー講座でお伝えしている「垂直圧→平行圧」のリリース法を使う割合は1割程度で、それ以外はシンインテグレーションやロルフィングなどのいわゆる「ストラクチュアルインテグレーション」で利用する手技とは全く違う方法を使います。

リリースの前段階で行う姿勢分析も正面と背面からの分析を用いますが、2種類の構造分析を一度に行います。
スピーディーなので、クライアントさんの身体が変わる前に分析を終えられるし、数か所を分析することでリリースが必要な部位がどんどん見えてきます。

試行錯誤で出来上がったオープンパス独自のファシャワークは、ストラクチュアルインテグレーションの影響がほどんど見られません。
伝える側であるべきの私も、従来とは全く異なるテクニックを取り入れていく事になかなかついていけず、四苦八苦しながらも実践を積んでいます。
否応なく変化の渦に投げ込まれて、泳いだことのない物質の中で泳ぎ方を探しているような心持ちがします。
手技のテクニックの変化と共に、「受け止め方の癖」をはじめとした固定観念を崩していかなくてはいけないのですが、ここが一番難しいかもしれません。

最近どこかで「使えないテクニック」という表現を読んだのですが、少しでも触れば変化は起こるし、言葉でも身体構造は変化するし、触らなくても変化します。
変わらない原因を外に求めるのではなく「テクニックをつかえていない自分」を自覚し認知枠を崩していく、ここが始まりかと思います。

肝心のテクニックはどうなの?と、ちょっとイラっとした方もいらっしゃるかと思いますが、ただいま動画を編集中です。
それまでは、こちらのアップ済みの動画をご参照ください。
指先をリリースして頸部の可動域を大きくしています。

「母指内転筋横頭に働きかけて頸部の可動域を広げる」


頭蓋骨の変容テクニックについてはまだ時間があるときに。

3回完結講座「触察から筋膜リリースまで」
起始から停止までしっかり触察+効果大の筋膜リリースを練習します!
日時 10月18日(火曜日) 18:00−20:00   
   
   10月25日(火曜日)〃「大臀筋、中臀筋、薄筋」が対象筋です。

   11月1日(火曜日)    〃
講師 小川隆之、斎藤瑞穂
場所 オープンパス新宿オフィス(新宿駅徒歩15分、大江戸線都庁前駅徒歩3分)
料金 全回参加費の場合 21、600円(単発参加可能)
講座内容は内容はこちらでご覧ください。
★★★★★★★★お気軽にご参加ください★★★★★★★★

2016年10月03日

残りあと3日+です。

第11期ファシャワーカー養成トレーニングも残すところあと5日となりました。
質疑応答やテクニックの確認ができるのは、わずか3日のみとなります。

新たに導入した姿勢分析の習得率もまずまずといったところで、それに沿ったリリース法の使い分けも着実に身についています。
今回、試験を受けて資格を取得するだろう受講生の皆さんの勘の良さには驚かされます。
あと少しでトレーニングが終了になります。
頑張りましょう!



★10月スタート 3回完結講座「触察から筋膜リリースまで」★
日時 10月18日(火曜日) 18:00−20:00
   10月25日(火曜日)   〃
   11月1日(火曜日)    〃
講師 小川隆之、斎藤瑞穂
場所 オープンパス新宿オフィス(新宿駅徒歩15分、大江戸線都庁前駅徒歩3分)
料金 前回参加費の場合 21、600円(単発参加可能)
講座内容は内容はこちらでご覧ください。
★★★★★★★★お気軽にご参加ください★★★★★★★★
QRコード