2022年04月20日

触察&ボディワークメール講座【スマホ首、どう対処する】より

メルマガはメルマガ会員の方に向けて発信していますが、時々はこちらのブログでも取り上げてみようと思います。

スマホは生活必需品となり、かなりご高齢と思われる方々でも、その動作はゆっくりゆっくりですが、利用されているのを見かけます。
年齢問わず、スマホを使わずに生活している人のほうが稀有です。

スマホ利用が原因と思われる首こり、肩こり等の慢性不快感についてのご相談を受けることも多々あり、ワーカー観点から効果的なリリースについて考えてみました。

触察&ボディワークメール講座
【スマホ首、どう対処する?】ー何筋をねらって緩めますか?ー


【頭は体重の10%の重さ】
ヒトの頭の重さは、成人でその体重の10%程度だそうです。
50キロなら5キロ、80キロなら8キロ程度でしょう。

視線を落とすなどして頭部の位置が移動すると、頭を支えている頸部や肩部、背部に負担がかかります。
重さで換算すると、

0度で4〜6キロ
15度で12キロ
30度で18キロ
45度で22キロ
60度で27キロ

なのだそうです。

まっすぐ前を見ている状態でも4〜6キロ
少し視線を下げると12キロ
顎を引いだ状態で18キロ
スマホや本を読んでいる状態で22キロ
電車の座席やベンチに深く腰を下ろしてスマホを見ると27キロの負担がかかる、
そんな様子を想像しました。

original.jpg

【スマホの姿勢を何と呼ぶ?】
手元のスマホの画面を集中してみている時、特に背中を丸めてみている時は、
◎顎が突き出て
◎首の後ろが縮み
◎肩甲骨が内側に寄っています。

この姿勢を「頭部前方位」と呼びます。

解剖学的な表現に変換すると、頭頚部の伸展、肩甲骨の挙上、肩甲骨の内転が同時に起こっている状態です。

【肩こりは僧帽筋がダメな理由】
セミナーの最中によくいただく質問に「肩こりというから僧帽筋を施術したけれど効かない」があります。

もしかしたら、別の筋肉を狙ったほうが良いかもしれません。

でも、僧帽筋の働きは「頭頚部の伸展」そして「肩甲骨の挙上」「肩甲骨の内転」だから、間違っていないんじゃないのか…そう反論されそうですが、

頭部前方位のケースでは、体幹は前に倒れ、なおかつ頭頚部は60度前方に移動していることを忘れてはいけません。

【人はまっすぐ姿勢で生活しない】
体がまっすぐな状態で肩をすくめる筋肉と体を前に倒した状態で肩をすくめる筋肉は同じでしょうか。
もちろん「肩甲骨の挙上」の働きは、肢位に関わるものではありませんが、働きの優位さには違いが出ます。

体がまっすぐな状態で働くのは肩部、倒れた状態では、むしろ肩甲骨側の筋肉が強く働くことに気づいていただけると思います。

解剖学をご存じの肩ならば、地面に対して0度であれば僧帽筋の下行部が優先的に働き、体幹を60度ほど前方に屈曲した状態で働くのは僧帽筋の上行部そして菱形筋であることが体感できるだろうと思います。

【後頭下筋群はインナーマッスルだから大切のウソ】
残念なことに、未だインナーマッスルが重要であるという根強い考えがあります。
浅い位置にある筋肉より深い位置にある筋肉の方が複雑な動きを担うので重要である、という信じ込みです。

存在する筋肉は全て、それぞれに絶妙なハーモニーで配置されており、それが活動する環境と働きにおいて、その働きの優位性(重要さ)が変わります。
先ほどの頭部前方位のケースを思い出してください。
もしくはジョギングと水泳という環境の違い(浮力や重力との関り、頭部の移動方向)を想像していただいても良いかと思います。

頭部と頸部をつなぐように存在する4つの小さな筋肉(大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋)は後頭下筋群と呼ばれ、首や肩の不快感に関連する筋肉群です。

original (1).jpg

この後頭か筋群が重要だと言われているのは、首の深層にあるからでしょうか?

そうではありません。
この筋肉群は、眼球運動がおこる度に収縮し、頭部の位置を微妙に調整しています。
目を開いている間は眼球運動と共に、四六時中活躍している筋肉群です。
眼球運動を行うのが眼筋であるとして、頭視野の動きに応じて目視できないほどの細かい動きを調整するのが後頭下筋群です。
深層にあるから重要なのでは決してありません。

人間も筋肉も、ポジションや外見ではなく、どんな役割で活躍できているかを見てほしいだろうな、と筋肉を擬人化して考えてしまいました。

このブログを読んで、ちょっとでも面白そうと思われましたら、メルマガへのご登録をお願いいたします。
https://peraichi.com/landing_pages/view/ner2k

*斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内*
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です。
2022年度、ロルフィングのセッションは承っておりません。
解剖学に詳しく単発で受けられるオープンパスメソッドへのお申し込みをお待ちしております。

2020年05月19日

疑ってごめんなさい

5月15日のメールマガジンは、セルフで行う頭蓋セラピーについて書いてみました。
今回は、クライアントさんにも配布させていただきました。

自粛が続き、ジムに通えず思うように運動ができません。
なんとか自分をやる気にさせて運動らしきことをしていますが、気持ちよく動けるときと、MAXの半分程度でしか動けなかったときと、ムラがあります。
ストレッチをしていて最近気になって仕方がなかったのが、右の骨盤と左の骨盤の高さが違うことと、前後傾がズレていることです。

ストレッチでは全く歯が立ちませんでした。2時間近く、からだのあちこちを伸ばしましたが思うような結果はでませんでした。
ストレッチポールやローラー等も使いましたがダメ。
仙腸関節の調整をすべくあれこれ試しましたが思わしくありません。

そこで、動画にあるような骨盤に対するLRテクニックでの調整を、小川氏にお願いしました。

それでもやっぱり思わしくない。

骨盤が原因ではないのかもと思いなおし、最近の自分にからだについて振り返ってみました。

ここのところ、変に肩こりが続いているし、肋骨に不快感もあります。
数年前に起こした肩関節周囲炎(ベタにいうと四十肩)のせいで、右の肩甲骨の内転に制限がかかり、肩関節の稼働もよくない。
そんな話をしたところ、骨盤ではなく頭蓋の調整をしてみようか、ということになりました。

頭蓋に手を当てて、時間にして60秒くらいのLRテクニックを受けました。

その結果、
驚くべきことに!
肩甲骨の内転が、なんの抵抗もなく、あっという間に楽にできるようになりました。
びっくりして、にわかには信じられませんでした。
もっと正直に言うと「信じたくない」と思いました。

こんなに短時間に、苦労もなく、主訴が改善されては都合が良くない(施術者的な考え)、そう思ってしまったのです。

こんな考えを持つのは初めてではなく、LRテクニックを受けるたびに「簡単に短時間で改善されてはお金をいただけないじゃない」と考えていましたが、いざ自分がクライアント側にたってみると「これでいいのかも」と思えました。
自分に都合の良いことだけにしがみつくのは良くないですね。

そして、贔屓なしに、忖度なしに、自分が体験したそのままを伝えるというのも大切だと思い、このブログを書いています。

これからは、小川氏考案のLRテクニックも積極的にセッションに取り入れていこうと思いました。
そして、インテーク(セッション前のカウンセリング)は大切だし必須です。
ここで詳しい説明をしてもらえないと、どうしても「とりあえず」の表面的なセッションになってしまいます(テクニックを知りたくておいでくださるケースでは、主訴が曖昧なので、こうした「とりあえず」セッションになってしまうのは致し方の無いことです)。

来週からは、クライアントさんの主訴に合わせてLRテクニックを取り入れようと思います。
セッションご希望の方は、下記の申し込みフォームからお申込みをお願いいたします。
セッション希望日を幾つか(できれば第三希望まで)お知らせください。

近いうちに、オンライン講座(ZOOMを使っての講座)についてお知らせできればと思います。

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2019年10月14日

「どのくらいの圧」より「どんな目的で」

パルペーションセミナーにご参加くださっている方から、筋膜リリースについてのご質問を受けることが度々あります。
どのご質問も的確で、フルにお答えしたいのですが、その時間が取れません。
大枠で説明しても分かりにくく、しかもご質問の核心部分にお答えすることが出来ないのです。

筋膜を面でとらえてのリリースは特に、実際の体験が無いと、実感、納得はしづらいので、言葉で伝えるこちらも歯がゆく感じます。
オンラインでリリースの動画を見ていただいても、6、7割がた理解できるかどうかというところでしょうか。

『筋膜リリース コツのコツ』では、こうお伝えしています。

”圧をかけるときはからだから圧を届けましょう。  
手だけで圧を加えると、圧が深くなり筋膜の層をとらえ逃してしまいます。
指先のみに圧をかけると、ピンポイントで圧が深まり、筋膜の層より深い部分に圧が逃げてしまいます。
筋膜リリースで利用する手技のツールには、手掌や指先、前腕や肘などさまざまありますが、どの手技のツールを利用していても、施術者の「 手先・指先」ではなくからだの重さと方向性を利用して圧を「届けて」い ます。
筋膜をリリースしたい方向に「送る」ためには、ご自分のからだを少し浮かしたり、腰を落としたり、足に重心をかけたり、体幹を傾けたりしながら適切な圧を筋膜に加えます。

「届ける」はもしかしたら抽象的な表現かもしれませんが、圧は「届けるもの」という意識を持ってみてください。
そうすれば、筋膜の変化に柔軟に対応しながら進行方向へと圧を送ることができます。
筋膜がリリースされると、圧をかけた手は進行方向へと僅かに移動します。
強圧をかけると、その移動がわからなくなってしまいます。
筋膜が移動する感覚を体験すると、強圧で強引に筋膜を強圧で強引に筋膜を引っ張ったり押したりすることは できなくなるはずです。”
(Kindle の位置No.520-522)『初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ』

このブログでも何度かお伝えしていますが、筋膜の層に合わせた圧を使い分けることにより、望む結果を出しやすくなります。
そして「快適な圧」と「侵襲的な圧」の使い分けも簡単にできるようになります。

「どのくらいの圧」という質問をされるのであれば「どの層をリリースしたいのですか、どういった目的をもってリリースしたいのですか?」と、逆に質問しなくてはお答えできないのです
だから5分間の休憩の間には到底伝えきれないのです。悪気はないのです。ゴメンナサイ。

講師養成.jpg

::::
触察ファーストステップ/木曜クラス https://step1.openpathmethod.com
9日で90筋の触察クラス/日曜クラス https://bodywork.openpathmethod.com
::::
筋膜リリースに興味のあるかたは
初心者クラス 木曜日開講 https://seminor.openpathmethod.com
プロ向けクラス 土曜日開講 https://release.openpathmethod.com

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
QRコード