2019年10月14日

「どのくらいの圧」より「どんな目的で」

パルペーションセミナーにご参加くださっている方から、筋膜リリースについてのご質問を受けることが度々あります。
どのご質問も的確で、フルにお答えしたいのですが、その時間が取れません。
大枠で説明しても分かりにくく、しかもご質問の核心部分にお答えすることが出来ないのです。

筋膜を面でとらえてのリリースは特に、実際の体験が無いと、実感、納得はしづらいので、言葉で伝えるこちらも歯がゆく感じます。
オンラインでリリースの動画を見ていただいても、6、7割がた理解できるかどうかというところでしょうか。

『筋膜リリース コツのコツ』では、こうお伝えしています。

”圧をかけるときはからだから圧を届けましょう。  
手だけで圧を加えると、圧が深くなり筋膜の層をとらえ逃してしまいます。
指先のみに圧をかけると、ピンポイントで圧が深まり、筋膜の層より深い部分に圧が逃げてしまいます。
筋膜リリースで利用する手技のツールには、手掌や指先、前腕や肘などさまざまありますが、どの手技のツールを利用していても、施術者の「 手先・指先」ではなくからだの重さと方向性を利用して圧を「届けて」い ます。
筋膜をリリースしたい方向に「送る」ためには、ご自分のからだを少し浮かしたり、腰を落としたり、足に重心をかけたり、体幹を傾けたりしながら適切な圧を筋膜に加えます。

「届ける」はもしかしたら抽象的な表現かもしれませんが、圧は「届けるもの」という意識を持ってみてください。
そうすれば、筋膜の変化に柔軟に対応しながら進行方向へと圧を送ることができます。
筋膜がリリースされると、圧をかけた手は進行方向へと僅かに移動します。
強圧をかけると、その移動がわからなくなってしまいます。
筋膜が移動する感覚を体験すると、強圧で強引に筋膜を強圧で強引に筋膜を引っ張ったり押したりすることは できなくなるはずです。”
(Kindle の位置No.520-522)『初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ』

このブログでも何度かお伝えしていますが、筋膜の層に合わせた圧を使い分けることにより、望む結果を出しやすくなります。
そして「快適な圧」と「侵襲的な圧」の使い分けも簡単にできるようになります。

「どのくらいの圧」という質問をされるのであれば「どの層をリリースしたいのですか、どういった目的をもってリリースしたいのですか?」と、逆に質問しなくてはお答えできないのです
だから5分間の休憩の間には到底伝えきれないのです。悪気はないのです。ゴメンナサイ。

講師養成.jpg

::::
触察ファーストステップ/木曜クラス https://step1.openpathmethod.com
9日で90筋の触察クラス/日曜クラス https://bodywork.openpathmethod.com
::::
筋膜リリースに興味のあるかたは
初心者クラス 木曜日開講 https://seminor.openpathmethod.com
プロ向けクラス 土曜日開講 https://release.openpathmethod.com

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年12月26日

無料体験会、説明会を始めます

担当の行政書士を変えました。

新しい行政書士の先生がオフィスに来てくださって、2時間ほど「無料相談」を行ってくださいました。
うわー、違う!
前任の行政書士の方と、対応が全く違うのです。
サイトもしっかりと読み込んでくださっていたので、細かいところの説明もしやすく話がどんどん進みました。
カウンセリングによって、次々に浮き彫りになっていく疑問と可能性。
事例を交えながらの的を得た説明で、2時間でずいぶんと道筋がはっきりし、気持ちも頭の中も雲が晴れたようになりました。
こんなやり方があったのかと感心し、感謝もし、話を終えました。
なんだか大船に乗った気になりました。

一人のやり方しかわからないと、その人が自分にとって適任なのかそうでないのかがわかりません。
そうした意味で、カルチャー講座は3000円程度で体験できる恰好の場だったのだと今更思います。
(そうした場でも、手を抜かずにしっかり講座は行っていました。いつでも全力投球です)

2019年は、一般社団法人オープンパスメソッド協会主催の講座、トレーニングや、オープンパス身体教育研究所のセッションについての無料説明会を行おうかと思います。
比較検討していただける機会があれば、納得して申し込み・参加をしていただけると思うのです。

いろいろ試行錯誤しながら自分の枠を広げていけたらいいなと思います。
皆様にはメーリングリストやこちらのブログにてお知らせをいたしますので、興味をお持ちいただけましたら是非ご参加ください。

thTFJX0M3B.jpg

<筋膜リリース コツのコツ> 3日間の週末集中コース − 日曜日
1月27日(日曜日)スタート 2月24日(日曜日)終了
10:00−17:00 

<ティーチャーズインテンシブ>5日間のプロフェッショナル養成トレーニング − 土曜日
3月2日(土曜日)スタート 4月13日(土曜日)終了
10:00−17:00

<パルペーションインテンシブセミナー> 技術を高めたい方のみ15日間集中触察セミナー − 日曜日
10:00−17:00 
3月10日(日曜日)スタート8月4日/試験日(日曜日)終了

詳細およびお申込みはこちらのページで!

2018年11月23日

(R)とTMを付け始めます

先日、登録商標と著作権に関するセミナーを受けてきました。

登録商標についてはある程度の知識はありましたが、商標そのものについての詳しい説明を受けるのは今回初めてで、改めてその法的効力が理解できました。

著作権についても理解が深まりました。
万能とは言えない権利ですが、こちら側の主張を相手に明確に伝えることにより、相手が「意図的に」著作権を侵害しているのか、わからずして侵害しているのかの線引きができます。
そのためにも、すべての資料には作成日時、講座名、「転写禁止」「二次加工禁止」などの文言を入れると良いとのアドバイスがありました。
セミナーや講座参加の注意事項を文書にし、署名をしてもらうくらいの慎重さが必要だそうです。

今後は、オープンパス独自の名称である「ファシャワーク」「ソマティカルワーク」「イーズポイントリリーステクニック」「インテグレ―ティブボディワーク」「LRモデル」についてはトレードマーク(TM)(トレードマーク)を冠して表記することになります。

ボディワークもそうですが「お任せします」一辺倒では進みませんから、私自身も少しずつ知識を蓄えている最中です。

IMG_3761.JPG

<<簡単にお知らせ>>
来年(2019年)1月から「筋膜リリース コツのコツ」日曜日/4回コースを予定しています。しばらくは出張セッションは難しそうなので、これまで通りオープンパス新宿オフィスにて開催です。



「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売中です。
こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 


****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
QRコード