2013年11月01日

オープンパスメソッド(R)膝痛編

先日行った第一回目のオープンパスメソッド(R)公開セッションでは、腰痛、膝痛、首痛、腹部のくすぐったさの解消と様々な主訴が寄せられました。

オープンパスメソッド(R)は決まった形式が無く、クライアントに応じて使い分けるテクニック(浅筋膜、深部筋膜、イーズポイント)の割合を変えていきます。
また会話を通じてクライアントの感覚を観察/共有し、ワーカーの主観に頼りすぎないセッション運びをするのが特徴でもあります。

膝痛への対処1


膝痛への対処2


膝痛への対処 結果

2013年10月26日

オープンパスメソッド公開セッション動画

先日10月21日の公開セッションで、動画を撮りました。
うまく編集できませんでしたが、こちらにご紹介させていただきます。

<オープンパスメソッド(R)腰痛に対するセッション>


約7分の長い動画ですが、ソマティクスの方法に従って、ワーカー側はクライアントへの「バーバル」「ノンバーバル」のコミュニケーションを行っています。

オープンパスメソッド(R)はロルフィングと混同されることが多いのですが、ロルフィングセッションの動画と比較していただければその違いは一目瞭然だと思います。
以下の動画はYou Tubeからランダムに選択したもので、それ以外の他意はありません。

<ロルフィングセッション>

ストロークではなく「掴んでリリースする方法」ですが、対象筋の特定ができると意図が理解しやすいと思いました。

ロングストロークの利点は解剖学的アプローチまで踏み込まずに表層筋膜をリリースすることで、ある程度の効果が得られることです。

ロルフィングセッションで挙げた動画はソマティクス(体性感覚的参加)の要素があまり見られなかったことが残念です(これがボディワークと治療、マッサージを隔てる非常に大切な要素だからです)。

今回の公開セッションの動画は7分と長いのですが、ほぼ全行程でソマティクス的な言語誘導が行われています。そのため、動画を短く編集することができませんでした。

興味をお持ちいただけましたら、ぜひお近くのオープンパスメソッドワーカーのセッションを受けてみてください。

=============================お知らせ===========================
第八期オープンパスパルペーショントレーニングの申し込み締切は10月31日に
変更となりました。資料の取り寄せはこちらからお願いいたします。
皆様のご参加をお待ちしております。
===============================================================

2013年09月30日

第六期ファシャワーカーが誕生しました!

第六期ファシャワーカー養成トレーニングが終了しました。
最終試験となる臨床セッションの評価を採点し、新たに5名の方がファシャワーカーとして認定されました。

オープンパスメソッド(R)ファシャワーカー(敬称略)
黒田ゆかり(東京/アロマセラピスト)
佐渡島浩明(東京/オイリュトミスト・振付師)
三階剛実 (神奈川/鍼灸師)
関晃子(東京/アロマセラピスト)
渡邉航也(神奈川/鍼灸師マッサージ師)

オープンパスメソッド(R)ファシャワーカー養成トレーニング修了者(敬称略)
小波蔵研(東京/理学療法士・国分寺・新宿クラニオ整体院)


長期に渡るトレーニング、本当にお疲れ様でした。
すでに打ち上げも終えましたが、第六期生の方たちはこれからも勉強会を続けるようですので、時には勉強会に参加しようかと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

five.jpg

=============================お知らせ===========================
第八期オープンパスパルペーショントレーニングは2013年11月3日スタートです。
詳細はこちらをご覧下さい。
資料の取り寄せはこちらからお願いいたします。皆様のご参加を楽しみにお待ちしております。===============================================================
QRコード