2020年11月07日

身体教育を再考する(メルマガより抜粋)

ブログの更新の頻度が減っていますが、メルマガは地道に続けています。
毎月5が付く日(5日、15日、25日)に発行しています。

先日送信したメルマガは、「身体教育」っていったい何だろう?がテーマでした。
その疑問に、自分なりに向き合ってみたその答えのようなものを書いてみました。
以下、一部を抜粋しました。

somatical education(身体教育)の前に感覚教育があるべきとオープンパスでは考える、そんな内容です。

:::::::::::::::

【質問。すぐに答えらえますか?】
Qボディワークってなんですか?
Q筋膜リリースって、本当に効くんですか?
Q腰痛で困っているので治療してもらえますか?
Qセッションは誰でも受けられますか?
Q何度くらい通えば治りますか?


【立場による答えの違い】
上記の質問に対する答えは、何を目的にしてどんな考え方で行うのかで違いが出ると思います。

特にボディワーカーは、自分と他の技術との違いをしっかりと言語化できなくてはいけないと思います。
そのためにはどうしても消去法(〜でなない)のアプローチが必要になります。
例:
マッサージではない
治療ではない
リラクゼーションではない

そうすると、何が残りましたか?


【身体教育って何?】
ボディワークとは身体教育である、そうした説明をよく聞きます。
でも、ボディワーカーと名乗る人たちのサイトをのぞくと、身体教育的な施術を行っている人はほんの一握りです。

身体教育って、何だろう…
あたらめて考えました。
わたしたちオープンパスは、ここのところ
「ボディワーク=身体教育」の概念とは
少し異なる考えを持って活動してきました


身体教育って何だろう…

【自分が自分の教育者となる】
拙著「これがボディワークだ」にはこんなことが書かれています。

『…体験学習とは「学び方を学ぶという学習方法であり、体験学習の心得は「自分が自分に対して教育者の立場をとる」ことであると述べています。
ロルフィング・セッションにおいて、特にそれが身体教育を目指すものであれば、学習者であるクライアント
に対し、彼女の言う体験学習が期待されます。
そしてそのとき、ロルファーは「もう一人の」教育者として、クライアントの学習を援助することに徹しなければなりません…』

自分が自分に対して教育者の立場を取ることができるよう手助けをして送り出す。
ボディワーカーにとって、ここが重要です


【教育するのは身体なのか?】
somatic(somatical) education
これを日本語に訳すと
「身体教育」となります。

数多くのセッション、触察セミナー、そして筋膜リリースのセミナーを通じて強く感じるのは、巧緻運動というのは「身体」の技では決してない、という事です。

施術、触察セミナー、筋膜リリースの技術、この3つは全く異なるシチュエーションで異なることを行いますが、根底にはボディワークにとってとても重要な要素が隠れています


ボディワークに関わる全てのことは、
身体教育というよりはむしろ、

感覚の教育である

そういう確固とした確信があります。

これらの感覚の使い方を伝えずして身体教育はありえません。
ボディワークは単なる運動学習ではありません。

増してや不快感の改善を求めていらっしゃるクライアントさんにとって、身体教育といってもピンと来ないはずです。


【感覚を教育するくふう】
実際のセッションと、机上の理論との間には、いつも相容れない亀裂があります。

そうありたい理想と現実とが乖離し、そのギャップに悩むことも多いのですが、ボディワーカーとしての自分はいつも
「感覚主義でありたい」
と願い、それを念頭に施術を行っています


クライアントさんの感覚を高めるための手段はいくつもあります。
そのひとつが「快」の感覚であればそこを入口として使い、感覚の幅を広げていくことができます。
それはただ単に、気持ちよさを感じてもらうことに留まりません。
快不快を感じてもらう事と同時に、その感覚についての主観性と多様性を感じてもらい、それをソマティカルに(身体的な規則性に)落とし込んでもらう事が最終目的となります。

触察セミナーは、まさにこうした
「感覚」
を高めつつ触察の技術を磨くセミナーだし、
筋膜リリース関連のセミナーには
「快」
にクライアントさんを導く工夫を
詰め込みました。


オープンパス認定ファシャワーカーのセッションを受けていただければ、感覚を磨くセッションであることがご理解いただけると思います。
文章だけでは伝わらない部分もたくさんありますので、お時間を作ってぜひ体験をしてみてください。



『筋膜リリースコツのコツ』11月21日からスタートします。
11月21日(土曜日)、12月5日(土曜日)、12月19日(土曜日)全3回。
オープンパス新宿オフィスにて11:00−17:45 開催します。
詳細はこちらのランディングページにてご確認ください。

https://seminor.openpathmethod.com/

o0380022914510225968.jpg

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
posted by MSaito at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般

2020年11月01日

コツのコツ、訂正してお知らせです

前回の中途半端なブログに、???と思った方がいらっしゃると思います。
下書き保存したつもりのブログがなぜか公開されていてびっくりしました。
改めて、正しい情報をアップいたします。

お問合せ、お申込みはLPからどうぞ!
(LPの方が読みやすいです)
https://seminor.openpathmethod.com/

コンテンツは以下となります。

第1日目

前半
PartI 「筋膜リリースのための生理学とタッチ」
(1)筋膜の触察(筋膜についての生理学的理解)
(2)筋膜リリースのためタッチ
(3)筋膜リリースのコツ
〇リラックスしていること
〇筋膜をイメージできること
〇リリースの方法を知っていること

PartII 触察とリリース練習
(1) どの層をとらえているか?
(2) 筋膜操作の範囲
(3) リリース練習

ーーーーー休憩ーーーーーーーー
後半
PartI 「筋膜リリースのためのタッチ(復習)」
(1)筋膜リースのためタッチ
(2)筋膜リースが上手くいくコツ
〇リラックスしていること
〇筋膜をイメージできること
〇リリースの方法を知っていること

PartII 「ボディワーク」としての筋膜操作とは?
◇ <重要>固有受容器、固有受容覚、脳の可塑性

PartIII
「セッションの成果を高めるためースタート前の筋緊張の緩和ー」
◇ 主要な関節について理解する
◇ ペアエクササイズ

第2回目

前半
PartI 前回までの総合練習
◇関節のマニュピレーション(サポート、関節感覚を高める)
◇垂直圧、平行圧
◇エンドフィール
◇牽引法

PartII ツールの使い分け
◇ツールとリリースの相性
◇ツールとポジショニング
ーーーー休憩ーーーーーーーーー

後半
PartI 圧の使い分け
◇浅筋膜に働きかける圧
◇深部筋膜に働きかける圧

PartII 深部筋膜のリリース練習
◇エンドフィールとリリース感(復習)
◇圧の使い分け
◇垂直圧と平行圧
◇筋膜リリースでよく使うツール
◇リリース演習<脚部のリリース>

第3日目
前半
Part Iツールと自分のからだの大きさ、ポジショニングが見合っているかを確認する
◇背臥位、腹臥位、横臥位での練習

Part II リリースの意図を明確にする
◇どの層を狙うのか?

PartIII
◇何を目的としてリリースするのか/ 筋膜の拘縮/筋膜の癒着/筋膜の短縮

ーーーー休憩ーーーーーーーーー
後半
PartI ペアリリース練習 

PartII リクエストを受け、講師によるデモンストレーション(30分程度)

PartIII ペアリリース練習

『筋膜リリース コツのコツ』をご用意ください。

すでにお申込みをいただいております。
少人数性となりますので、早めのお申込みをお待ちしております。

touch2.jpg

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************


posted by MSaito at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般

2020年09月26日

次回触察ファーストステップは頭頚部です

あっという間に10月が目前です。
すっかり秋らしい気候になりました。
どうやら東京もGoToキャンペーンの対象になるようで、旅行をしたい気持ちになりました。
さて、来週も「触察ファーストステップ」を行います。

第四回目
2020年10月1日(木曜日)
頸部、頭部の筋肉+腱、靭帯のさわりわけ
筋肉のはたらきと、筋肉と姿勢の関連の理解
<予定>胸鎖乳突筋 広頸筋 頭板状筋+骨指標、腱、靭帯、神経

講師:小川隆之、斎藤瑞穂
場所:オープンパス新宿オフィス(新宿中央公園近く)
料金:税込み7700円+資料代⇒7000円(資料代込み)でご参加いただけます。
申し込み締め切り:9月29日(火曜日)23:59
1.氏名
2.住所
3.携帯番号
4.職業
5.コメントがあれば
上記を明記のうえで、openpath★hotmail.com へのお申込みをお願いいたします。
(★を@に変えてください)

〇触察を「体験」することで、どのように触れるのかが分かります。
〇触察されることにより、筋肉のかたちが実感できます。
〇触察されることで、個々の筋肉の違いや特徴が体感できます。
〇からだに残る触察体験をもとに、触察練習ができます(触察の体験を触察の経験にまで延長させます)


コロナウィルスの影響がどのように生活を変えるか、まだまだ先が読めない状況です。
セミナーやトレーニングも今後は形態を変えざるを得なくなる可能性があります。
この機会を逃すと次回がいつになるか、お約束はできませんので、この機会にぜひご参加ください。

1st2.jpg

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
posted by MSaito at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般
QRコード