2019年08月18日

触察ファーストステップ秋期、始まります

昨日から、仕事を再開しています。
さて、やること山積み、やりたいこと山積みで、再び仕事に没頭していこうと考えていますが、まずは来月末からスタートする「触察ファーストステップ秋期」のご案内です。
月2回のスモールステップで、簡単な触察を学びたい方向けの触察セミナーです。
初心者対象ですので難しいテクニックや詳しい説明は含まれません。

「触察の悩みは 月2回、2時間のスモールステップで 解決できます
初心者からセラピストまで。初心で、または初心に戻って始めましょう」


<ビギナー限定>
はじめてでも習得できる!筋肉のさわり分けセミナー
筋肉のさわり分け、筋肉の動き方、筋肉と姿勢の関連を、分かりやすくお伝えします
http://step1.openpathmethod.com


1st.jpg

隔週木曜日、土曜日の午後に行います。
早期申込みでかなりお手頃にご参加いただけますので、この機会にぜひ、ご参加ください。

また、メールマガジンの発行も(今度はちゃんと)再開します。
5が付く日に送らせていただきますが、登録は上記ぺらいちにアクセスしないとできませんので、お手数ですが、ペライチにアクセスし、一番下にある「メルマガ登録」に登録していただけますと幸いです。

皆様のご参加、ご登録をお待ちしております。

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
posted by MSaito at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般

2019年08月10日

夏季休業のお知らせ

平素お世話になっております。

以下の予定で夏季休業をいただきます。

8月11日(日曜日)〜8月16日(金曜日)


この間はメールの返信は致しかねますので悪しからずご了承くださいませ。
申し訳ございませんが、メッセンジャーやLINEも、仕事の連絡に関しては既読スルーとなります。

8月16日(土曜日)から、返信を順次にさせていただきます。
クライアント様、受講生の皆様がたにはご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくご高配いただけますようお願い申し上げます。

なお、気まぐれにブログの更新などはするかもしれません。
毎年の、夏恒例の「不思議な話」もすでにいくつかありますが、不思議な話の主人公たちを亡くしてまだ間もなく、涙も乾かない状態ですので、語るまでに少し時間が必要そうです。
それ以外の不思議な話については、様子を見つつとなります。

仕事と関りの無いこと、特に私生活についてはなるべくこちらには書かないようにと線引きをしています。
先達の方たちも「仕事ブログとは仕事について書くものだ」とおっしゃるし、ましてや目に見えない現象について書くなんて、と眉をひそめられるかもしれません。
でも、なかなか元気が回復せず、空元気で動いたり笑ったりしながら過ごしていると「ああ、仕事よりも大切にするべきことがあったはずなのに」とまたまた落涙する日々なので、もう少し自分に自由を与えたいと思います。

人は悲しくても笑うし、笑いが幸せや満足を表しているのではない。
「語らないことにこそ、真実がある」と、教えてくれた方がいます。
集団の中にいて、周りの人々の表情を見るたびにそれを想い、相手を尊重しようという気持ちが生まれます。

今日はとても私的で内省的なブログになってしまいました。

最高気温が35度を超える日が続いていますので、お休みを取る方も、どうぞ体調を崩さずお身体を労わりつつ、楽しい時間をお過ごしください。

斎藤瑞穂
posted by MSaito at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事全般

2019年08月06日

触察って何?その2

先日に続き、触察についてのお話です。

(一社)オープンパスのワーカーは(ファシャワーク以上を修了した受講生は)”全員”130筋の触察を経験しています。
以前は、130筋のうちの80%を触察することが、修了の絶対条件でした。
真剣に触察を習得したい方が集まり、自主的に練習会が行われていました。

130筋の触察修了者のひとりが、触察セミナーを後輩に紹介したところ「130筋も触察できなくてもいい」と言われたそうです。
「仕事では直接使わないから」というのが理由です。
専門学校でも学ばなかったし、必要ないだろうということでした。
合理的な考え方だと思います。

その一方で、同じく触察セミナーの参加者が「英検1級を取るためには、日常生活では使わないだろうという単語ですら覚える。仕事として英語を使う人にとってはそれくらいは当たり前の能力」だとさらりと言ってのけました。英検1級に合格するためには、アカデミックな内容について、英語で話せるくらいの知識量です、アカデミックな内容というのは、専門的な内容と言い換えることができるでしょう。

大辞林 第三版では、専門家とは「ある技芸や学問などの専門的方面で、高度の知識、またすぐれた技能を備えた人」 と解説されています。

130筋の中には、手足の指に関わる細かい筋肉や表情筋などが含まれます。
全員が全員、施術やティーチングなどでそうした筋肉を扱うわけではなかったかもしれせん。
それでもそうした筋肉の触察に果敢に挑戦した方々は、まさに専門の域に達していると思います。

現時点で、一社オープンパスのセミナーは3部門に分かれ、(1)骨指標(2)90筋(3)専門家のための細かい筋41筋 となっています。

オープンパスの触察セミナーは、自分の専門性を高めたい方にとって最適なセミナーとなっています。
専門性を高めるに留まらず、それが、自分の延長上にある患者さん、生徒さん、クライアントさんを助ける結果になっているのは、参加者の声から、また自分自身の施術者としての経験から、間違いないと確信しています。

※触察ベーシック2 11:00−18:00 次回8月18日(日曜日)は単発参加可能です。
次回は内転筋群、殿筋群、大腿二頭筋(短頭)です。
皆様のご参加をお待ちしております。

Professional_Development.jpg

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************


詳細、お申込みはhttps://bodywork.openpathmethod.com


posted by MSaito at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般
QRコード