2015年02月22日

芸術的、審美的解剖学書

書店にはたくさんの解剖学所が並んでいます。
スタンダードな解剖学書はいくつか持っていますが、読んでいて美しいと思えるのがこの一冊です。
『解剖百科 (タッシェン・アイコンシリーズ) 』フィレンツェラスペコーラ美術館 (著) 
タッシェン.bmp
この解剖学書に掲載されている人体像はすべて蝋で、精密に作られています。
蝋のつややかさは肌のつややかさや内臓のぬめりをそのまま反映しているようです。

フィレンツェラスペコーラ美術館はフィレンツェに存在する多数の人体解剖蝋人形やムラージュを所蔵している美術館で、ここに所蔵されるコレクションの収集はかってフィレンツェの支配者であったメディチ家によって開始されたそうです。
18世紀末に建設されてから所有者を変えつつ現在もなおそのコレクションを美しいままで保っています。

解剖学書として読むのではなく、人体をじっくりと観察するつもりで時々手に取ります。
スペーコラ美術館は人間以外の生物のはく製や標本も所蔵しているとのこと、一度は訪問して、じっくりと時間をかけて蝋美術の職人技を堪能したいです。

コレクションは下記のURLからも見ることができます。
スペーコラ美術館
http://www.tomboy-urbex.com/la-specola/


************お知らせ*******************
4月から、よみうりカルチャー恵比寿主催の「ボディワーク入門」がリニューアルされ
「気軽にできる筋膜ケア 筋膜リリース法とムーブメント」になります。
ご家庭で簡単に実践でき、しかも効果の高いボディワーク・テクニックをお伝えします。
日時はこれまで同様に第1、第3金曜日 19:00−21:00です。
セルフケアを中心に、またパートナーの方をケアする方法もお伝えします。
初心者の方々のための「一から始める」講座です。詳細/お申込みは読売カルチャー文化センター恵比寿でお願いいたします!
************************************

2014年10月07日

満月の夕べ

あんまり辛いことがあると、人は笑うのかなあとか、辛いときひとは笑うのかなあと、考えるときがあります。
台風が去り空は黒雲を残しつつも美しく晴れわたり、夜も更けつつある今、黄金色に輝く月が時折ひかりを放ちます。
なんとなく大好きな曲が聞きたくなりました。

Soul Flower Union / 満月の夕 


ガガガSP / 満月の夕

こちらのカバーでソウルユニオンや「満月の夕べ」を知った方も深い方も多いはず。パンクバージョンの「満月」もいいですよ、悲しみを勢いで誤魔化す世代って感じです。

仲井戸 "CHABO" 麗市 ✕ 山口洋 (HEATWAVE) / 満月の夕

オリジナル曲を作ったもうお一方、HEATWAVEの山口洋とRCサクセションのギタリスト仲井戸麗市のユニットによる演奏。ヴォーカルが忌野キヨシローだったとしても何の違和感もありません。

片山恵理バージョン / 満月の夕

沖縄の唄かと思えるほどにしっくりときます。三線の音というのはどうしてこうも懐かしいのか不思議です。

アンサリーバージョンは細く震える歌声に魂も震えます。
これを聞いて涙を流していると、三色(うちのコ)が「どうしたの?」と慰めにきます。
https://www.youtube.com/watch?v=gO3geXZoW00

たくさんのミュージシャンにカバーされている名曲のうち、いくつかのお気に入りをピックアップしてみました。
秋の夜長ですので。

2014年10月02日

いろはにほへと

いろはにほへと、日本語独特の読み言葉を覚えるための言葉遊びだと思っていました。
深い意味があったことに驚きました。

http://corobuzz.com/archives/7642

明日はよみうりカルチャーセンター恵比寿にて「ボディワーク入門」講座です。
テクニックのデモンストレーション(実際にセッションを受けるチャンスもあります)、ソマティクス(動きによって姿勢や動きに変化をもたらすテクニック)の実践もあります。
10月期対象として入会費無料、1080円で体験可能などのサービスがあるようですので、ぜひよみうりカルチャー公式サイトをチェックしてください。20分間の見学は無料ですので、どうぞお気軽にお越しください。
なお、ボディワーク入門講座の詳細はこちらでご確認ください
みなさまのご参加を楽しみにお待ちしております。

いろはかるた.jpg




QRコード