2012年11月05日

ジャイロキネシス@オープンパス

先日11月3日、バレエスタジオの主催者でありバレエダンサーでもある石川類子先生のジャイロキネシスのセッションを受けられる幸福に恵まれました!

常日頃はからだを動かす機会があまりない参加者がほとんどでしたが、脊柱を回旋、側屈、伸展、屈曲の動作を呼吸とともに実践しました。
最初の15分で頑張りすぎで疲れてしまったり、動きについていけなかったり、初回ならではのハプニングすら楽しく感じました。
最後には参加者全員が楽な体になって帰路につきました。

リードする類子先生が美しい方なので、男子は特に張り切って動いていた気がします。

次回がとても楽しみです!!


ありがとうございました

今日はもう文章が書けそうにないので、歌詞に"good night"という言葉が入っているこの曲を聴いてから休もうと思います。
昨日、本日と盛りだくさんの充実した2日間でした。
直接的に関わってくださった皆様、また何等かのかたちで関わってくださった皆様、どうもありがとうございました。

Melody Gardot "Goodbye"



2012年10月23日

ジャイロトニック継続してます

第四回目のジャイロトニックのセッションを終了しました。
行きがけに、オープンパスメソッド(R)ファシャワーカーの大島智子さんとすれ違いました。
いつも笑顔でフットワークが軽い大島さん、「今日もすごく良かったですよ!!」と嬉しそうに帰っていきました。

少しずつ慣れてきたとはいえ、やはりまだまだ動きが伴いません。
導入のジャイロキネシスは、コンセプトがわかりかけてきたので動きがスムーズになってきたように思います。
動きの意図がわかればわかるほどに、動きやすくなるようです。

ジャイロトニックでは、これまでレッスンしてきた動きに加えて骨盤部分から大腿部にかけてを「narrow」にすることを意識する課題がでましたが、ちょっと意識を変えるだけでももう身体が思うように動かなくなります。
ピラティスの先生でもある大島さんは、きっとこういうのは得意なんだろうなあ…と思い、少々へこみました。

でも、この「動きに集中すること」と「意識を分散すること」はとても大切なことだと思うのです。
どちらが欠けても洗練された動きを作ることができません。
まずは集中し、そのあとで考えずに動く。
これができるまでは繰り返し同じ動作を意識して行い、あとは慣れに任せて動けるように動くだけです。
(第五期のトレーニングではこれに関連した講義をしました)

レッスン終了後は、骨盤(中臀筋)、内転筋が閉まって背が伸びたように感じました。
立っていると、キュッと小尻になる感じです。
電車の中でも「narrow」の意識は保てるので、座っていても立っていても意識するようにしています。

次回のレッスンも、とても楽しみです。


jyro42.jpg
(横から見ると重心がからだの真ん中をとおっているように見えます。確実にバストアップしました!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来年度(2013年2月スタート)のオープンパス認定ボディワーカー養成トレーニングのスケジュールが決まりました。詳細および資料請求はこちらをご参照ください。
QRコード