2016年02月11日

副鼻腔炎を解剖生理学的に考えてみました

体調が思わしくなかったので、自分なりにいろいろと要因らしきものを調べてみました。

cervicle.jpg

fc.jpg



たとえば副鼻腔炎などで頭蓋骨内部に内圧がかかるとします。
炎症がおこる上顎洞は蝶形骨と隣接しており、蝶形骨は縫合で15種23個の頭蓋骨に影響を与えるため、縫合がずれて頭蓋骨は変形します。
また、上顎洞は内耳と間接的につながっています。
副鼻腔炎が中耳炎を起こす原因はここにもありそうです。
内耳には耳石が存在し平衡感覚をつかさどる部位でもあり、内耳神経および顔面神経も走行しています。

頭蓋骨と頸椎との関連としては、第一頸椎(環椎)と第二頸椎(軸椎)は平行に位置しており、環椎は直接に後頭骨に隣接しています。

つまり、後頭骨に変位があれば環椎と軸椎の関係に乱れが生じ、その下に位置する頸椎第三番目〜第七番目の並びも乱れ、横突起脇から出ている神経は圧迫を受け、第一肋骨脇を走行している腕神経をはさむことで尺骨神経、正中神経、橈骨神経に不具合が起きます。
手がしびれる、手の感覚がない、手が冷たく感じるなどの症状が起きることもあるようです。

それに加えて、後頭骨と環椎、軸椎に関連している筋である後頭下筋群は眼球運動に関連し、また咀嚼にも関連する筋肉であることから眼部の圧迫感や疲労感を引き起こし、正常な咀嚼運動を妨げる要因にもなります。
後頭下筋群のある筋の働きは眼球運動に制限を与えますし、咀嚼運動が十分でないと消化不良を起こします。

なるほど病理的要因が構造的、ひいては機能的なマルファンクションをこうしておこしていくのかと怖くなりました。
だからと言って負の連鎖に必要以上に脅かされることはありません。
関連を知り、自分でできる対処法を知ればあとはコツコツと身体と向き合いつつ小康状態を保つだけです。

歯磨きの習慣をつけるよりも面倒くさいですが、気持ちよさは歯磨きの比ではないので、毎日できなくても楽になりたいと思ったときに細く長くメンテナンスしていけるのではないかと思います。

メンテナンスのためには精確な触察力が必要なので、時間があれば小川氏にお願いして動画を取れたらと考えています(リンクは小川氏の動画に飛びます)。
もしくは近々、困っている方を対象に(専門家以外の方のみを対象に)、その症状だけにじっくりと時間をかけてメンテナンス方法をお伝えしていくワークショップができたらいいな、とも考えています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
第11回オープンパス パルペーションインテンシブセミナー<単発参加可能になりました
開催日時:日曜日 10:00−17:00/2016年2−6月(全15回)
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
毎回のカリキュラムはこちらをご覧ください。http://baucafe.sblo.jp/article/172739339.html
http://openpathmethod.com/(トレーニング公式サイト)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2015年12月01日

頭部および頸部の調整

調子が悪いと顎関節がずれてきてかみ合わせが悪くなり顔の形が変わったり、左の唇が吊り上った状態で会話をするようになったりといろいろと弊害があります。
そうした症状に効果的だったのが後頭下筋群のリリースと内側翼突筋、外側翼突筋のリリース、そして頭蓋骨の調整です。
触察がしっかりできれば筋群のリリースも縫合の調整も決して難しいものではなく、30分程度あればじっくりセルフリリースができて辛い症状が改善できます。

その方法を動画でお伝えしたいと小川さんのデモンストレーション画像を撮影したのですが、やたらと中指を立てるしぐさが多くて全く使えませんでした。
意図的に中指を立てているのかと勘繰られてしまうほどに中指を立てているのです。
撮影中に気になって、気になるを通り越して腹立たしくなってきましたが動画の撮影なので声を出すとそれも録画されてしまいます。
口を一文字に結んでガマンしながら撮影を終えましたが、結果としてやっぱり(ほーら、やっぱり)使えない画像になっていました。
今後また取り直そうと思いますが、中指の位置が大切になるので中指が主役という点は譲れず、撮影にかなり苦労しそうです。

それ以外のリリースについても、少しでも何らかの助けになればという目的で小川さんがアメブロで動画の紹介を始めました。

http://ameblo.jp/openpathmethod/

AMEBLO.jpg

これからもどんどん動画をアップしていきたいようですので、お時間がありましたらどうぞご覧ください。
監督として、お願い申し上げます(監督って…(^_^;))

それからもうひとつ、お知らせというか宣伝です。
「一から始める触察解剖学」はいつでもどなたでも気軽に参加できるセミナーですので、安心してご参加ください。
ゆっくりじっくり少人数で触察のコツをお伝えする講座です。
講師は斎藤瑞穂(私)ですので、難しい内容はなるべく省いて「わかった!」という楽しさと喜びを持ち帰っていただくことを目的としています。
詳細はこちらです。
ゆっくり進んでいるので、次回(第四回目)の内容は第三回目の内容となります。
触察をしながら筋肉の働きや特徴なども理解できるような内容に工夫されていますので、ぜひ一度ご参加ください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オープンパスのトレーニング専用サイトを作成しました。
http://openpathmethod.com/
次回の「触察解剖学セミナー(インテンシブ)」は2016年2月スタートになります。
資料のご請求は上記サイト「お問い合わせ」からお願いいたします。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2015年10月16日

全身を連動させる「立ち方」

ダンサーの方からセッション後にご質問をいただきました。
「ニュートラルに立つためにはどうやって立つべきなのか?骨盤はどの位置が正しいのか?」というご質問でした。
その方にとってニュートラルという状態がどういう状態で、またどういう意味合いを持つのか、まずはそこを質問してみました。
自然に、楽に立つことをニュートラルと表現してみた、という答えです。
自然に、楽に立っているとどういう感じがありますか?と答えを掘り下げると「力まずに立っていられる状態」とのことでした。
足や肩の力を抜きたい希望があるとのことなので、体幹を使うための立ち方を練習してみました。

まずは、おへその下、2センチほどのところに軽く指を当ててもらいました
そして、力が入っていた膝をわずかに緩めてもらいます。
そうすることで、腹筋に力が入るのを確認してもらいました。
その後で、両腕の重さに意識を向けてもらうと、肩が自然に下がってきました。

楽ですか?と聞くと楽だという答えが返ってきました。

骨盤の位置を前傾または後傾にするだけでは不十分で、感覚を使って筋肉の働きや身体部位の重さなどを意識してもらうことで、全身の連動が起きます。

ニュートラル、楽、という言葉の共有が何よりも大切で、言葉の意味や意図を汲むことが大切だといつも気づかされます。
同じような誘導をしても、クライアントさんによって強調点が違ったり、感覚の使い方を変えたりと方法はクライアントさんの数ほどあります。

クライアントさんを「型」にはめないのがオープンパスメソッド(R)の特徴です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「筋膜リリース体験ワークショップ」
開催日時:2015年10月31日(土)14:00〜17:00
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
参加料金:7000円 http://baucafe.sblo.jp/article/164165974.html

「一から始める触察解剖学」
開催日時:水曜日の夜間(19:00−21:00)
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
全8回参加の方/1回6000円、48000円+消費税
単発参加も可能。日時、金額の詳細はこちらでご確認ください。 
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/164099027.html

よみうりカルチャー恵比寿「気軽に出来るボディワーク」
開催日時:第一、第三金曜日 19:00−21:00
会場:アトレ恵比寿7F よみうりカルチャーセンター
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
問い合わせ先:よみうりカルチャー恵比寿 
http://www.ync.ne.jp/ebisu/center.html
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
QRコード