2016年03月02日

セッションのヒントになりますか?

オープンパスメソッド(R)ファシャワークトレーニングでお伝えする内容は、10年以上に渡って集めた奨励を凝縮し、わかりやすいよう姿勢分析とリリースの部位を特定して実践に役立つようにしています。

今日のセッションのクライアントさんは、是非ともクライアントモデルとなっていただきたいような筋緊張が顕著に表れていました。ああ、これがトレーニングの最中であれば参加者の方たちにとっても勉強になるのにととても残念に思いました。
詳細を伏せ、セッション内容を(ぼかしていますが)シェアさせていただきます。

(1)頸から肩甲骨にかけての突っ張り
触察によって、その原因がはっきりとわかります。
ただ触るだけではなく筋肉特有の動きをしてもらうことにより「表層」にある筋肉か、それより深層にあって頸部に関わる筋肉かの判断ができます。
また、構造(姿勢)を考慮して肩甲骨の位置を確認することにより、伸長緊張と肩甲骨を介した筋肉のパフォーマンスの関連がわかるので、セッション後のからだの動かし方についてのアドバイスが的確にできます。
候補として上がる筋肉は肩甲骨〜頸部、肩甲骨〜腕部、肩甲骨〜胸郭の筋肉で、複数ある中から触り分けをしていく必要があります。

(2)腰の違和感
脊柱の生理曲線と腰の違和感、そして不快感を感じる場所と臀筋との関連を両手を利用して確認しながら適切にリリースします。
脊柱の生理曲線が関わる関係上、腰の筋肉以外にも広範囲に視野を広げなくてはいけません。
そのうえで骨盤に関する筋肉の緊張の特徴を見逃してしまうと効果は上がりません。
具体的には、上後腸骨棘と仙骨を中心に、大腿骨との関連性を見逃さないようにします。
簡単に言うと、腰が痛いという訴えがあったら背中の上部から骨盤と太ももの形状をその関係性までも細かく見てリリースして、やっとリリースの結果が出るということです。

(3)手を伸ばしたときの痛み
結果として神経系の痛みということが分かったので、神経管の緊張が強い部分を押さえながらその前後を伸ばすような動きをしていただきました。
周りの筋肉をリリースして神経管を動きやすくするのは当然ですが、直接に神経にも働きかけを行います。
自宅でできるリリース法およびソマティクスのテクニックをお伝えすることで、ご自分でもメンテナンスしていただけるようにしました。

触察触察とうるさいようですが、的確に対象となる部位を探し当てることができればクライアントさんの負担は(時間的にも料金的にも)軽くすることができます。
そして何よりも、自分がクライアントさんに貢献できている自覚が生まれ、責任感が生まれます。

少しずつ自分のハードルを高くし、それを超えた方たちが活躍してくださっているという実感があるからこそ、オープンパスのトレーニングが続いているのだと思います。
時には自画自賛もしますね、これまで努力を怠らずに来ましたので。

shinkei.jpg
骨指標も神経の走行もとてもとても大切です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オープンパス パルペーションインテンシブセミナー<次回は03月06日です>
時間枠:10:00−13:00 14:00−17:00 各3時間
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
毎回のカリキュラムはこちらをご覧ください。http://baucafe.sblo.jp/article/172739339.html
オープンパストレーニング公式サイト http://openpathmethod.com
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2016年02月25日

昨日の勉強会「全体性」

昨日は夕方から2時間半を使って、オープンパスアドバンスボディワーカーの方たちと勉強会を行いました。
勉強会の議題は
(1)人工関節のクライアントさんに対するセッション/歩行分析、姿勢分析の観点から
(2)頭蓋/硬膜のマニピュレーション(実際には頭蓋のマニピュレーションの練習)
上記の2点に焦点を当てて勉強会を行いました。

クライアントさんが特徴的な病理的症状を持っていらっしゃると伺うと、どうしてもその部位に気持ちが集中してしまいます。
でもよくお話を聴くと、そうした状況の中でも「全身のバランスを保って動きたい」という大きな目標をもっていらっしゃることがわかります。

オープンパスメソッド(R)は全体性を大切にセッションを構成するので、たとえクライアントさんの主訴がある一か所に限っていたとしてもそれに関わって全身を観察しながら主訴を解消するためのさまざまなテクニックを駆使し、またセッションの結果がセッション終了後にも根付くように考えなくてはいけません。

しかしながら、この点が非常に難しいということは、これまでのトレーニングやセミナー等で「伝える」ことを経験してとてもよく分かります。

筋膜の緊張を分析する段階になると、どうしても全体が見られず「肩こりだから僧帽筋」「腰痛なら脊柱起立筋」と、初心者のうちはマニュアル的なリリースをしてしまおうとするのです。
もちろんこれは、ボディワークのセッションに慣れていく行程なのでそれで良いと思いますし、その都度「マニュアル的でいいのか」と自問するいい機会になると思います。

勉強会の目的は、自分のセッションの傾向に気付くこと、そこから抜け出すこと、そのための新たなアプローチ法を見出すことなので、皆が集まっていろいろな意見を出し合うことがとても有意義なのだと実感します。
こうした議題がでるくらいに積極的にセッションを行い、またクライアントさんの信頼を得ているというのは素晴らしいことだと思います。

私もまだまだ学ぶ立場ですが、次回の勉強会では議題に関連する資料などをまとめつつ参加できたらいいなと考えています。

今日は今日で仕事とは関連しない、新宿区主催の講座に参加したのですが、そのご報告はまた後日。

body.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オープンパス パルペーションインテンシブセミナー<次回は2月28日です
時間枠:10:00−13:00 14:00−17:00 各3時間
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
毎回のカリキュラムはこちらをご覧ください。http://baucafe.sblo.jp/article/172739339.html
オープンパストレーニング公式サイト http://openpathmethod.com
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2016年02月22日

リラックスすることと眠ることは別なのでは?

先日、facebook pageにオープンパスメソッド(R)の特徴をご紹介しました。
https://www.facebook.com/openpath/

オープンパスメソッドの特徴.jpg

オープンパスメソッド(R)はリラクゼーションテクニックとしての活用もできますが、リラクゼーションという意味合いは、意識を弛緩させ、完全にワーカーにお任せ状態になるという意味合いではありません。
副交感神経を優位にさせることを目的としていますが、それとと同時に、ボディワークの特徴である体性感覚を高める意図を以てセッションを行っています。
だから身体感覚が変わり、構造(姿勢)が変わります。

なぜか、リラックスすることと眠ってしまうことが同意語としてとらえられているようです。
疲れて→寝てしまった。
退屈で→寝てしまった
リラックスして→寝てしまった
というように、原因論的に眠気が起こるのに、リラックス=眠くなるという勘違いがワーカー、クライアントさん(お客さん)ともにあるようです。
眠るためにマッサージを受ける方もいらっしゃるようですが、ここではそうしたケースは別物として扱わせてください(昼寝のためにフランスの画家の名前を冠した某喫茶店に行く、と同様の因果関係がここにはあるので)。

ボディワークのテクニックをお伝えしていてよく聞くコメントは「お客さんがリラックスしているときに動いてくださいなんて言えない」というコメントです。
リラクゼーション出身の方に多いコメントです。
厳しいことを言いますが、リラックスしてもらいながらも動いてもらうなんて簡単なことです。
ワーカー自身がセッションを受けつつ動くことの心地よさを体験していないからこそ、動いてもらうことを躊躇してしまうのではないでしょうか。
自らの体験がないためにクライアントさんに動いてもらえないとしたら…動きがリラクゼーションを邪魔するような言い分を聞くと非常に疑問を感じてしまいます。

経験から言うと、クライアントさんは自分にとって気持ちが良いことであれば、意識水準が下がっていて半分眠っている状態でも動いてくれますし、高いお金を払って眠りに来ているとは考え難いのです。
例え10分1000円のセッションをしていたとしても、クライアントさんに快の経験を伝えることができれば意識ははっきりしないながらもこちらの誘導に従ってくださいます(これも経験からの発言です)。
オープンパスは眠ることを目的としたクライアントさんがいらっしゃらないからこその意見だといわれるかもしれませんが、少なくとも私のクライアントさんは最初は眠るつもりで来ても、セッションを続けるうちに「もったいないので寝ません」というクライアントさんが100%です。

業界的にはナイショにしておいた方がいいかもしれませんが「眠ってくれた方が楽」なのは確かです。
でも、眠らせず興奮させず、心地よく動きながら身体と意識を変えていくことこそがボディワークの醍醐味だと思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オープンパス パルペーションインテンシブセミナー<次回は2月28日です>
時間枠:10:00−13:00 14:00−17:00 各3時間
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
毎回のカリキュラムはこちらをご覧ください。http://baucafe.sblo.jp/article/172739339.html
オープンパストレーニング公式サイト http://openpathmethod.com
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
QRコード