2016年09月19日

頸部伸展のアドバイス

今日のセッションはクライアントさんに満足していただけたので、幸せな気分です。
楽になりました、と言われるのは嬉しいものです。

セッションの詳細を書くと長くなるしご本人の承諾を得ていないので、フィードバックの時に十分にお伝えできなかったことをブログにしようと思います。

本日のクライアントさんは日常的に身体操作を行う方で、伸展の動きもよくするそうです。
そのためか、後頭部(特に頭板状筋の付着周辺)に強い緊張がありました。
セッション終了後のフィードバックで、伸展の時に深層筋を利用すると少しは楽になるかも知れません、というアドバイスをさせていただきました。

これが頭板状筋で、頸部では(僧帽筋を省いて)一番表層にあります。
起始は(骨指標で言うと)第一、第二胸椎の棘突起で、停止は乳様突起から後頭骨の上項目線までです。
動かすコツは、後頭部全体で空間を押すような感じです。

頭板状筋.jpg

これが、頭板状筋とその下層に位置する半棘筋群(水色に反転している部位)との関係性です。
頭板状筋の停止は第一第二胸椎ですが、半棘筋は第一頸椎から第六頸椎、第四、第六胸椎の関節突起まで伸びています。
停止の位置からもわかるように、半棘筋は頸部/胸部が助け合って脊柱からの伸展を可能にします。
この筋群をうまく使えれば、頸に疲れが残りにくくなります。
頭半棘筋をうまく動かすコツは、少し顎を引いた状態で伸展することです。

半棘筋.jpg

今日のフィードバックを図を見ながら思い出していただければ、簡単に済ませてしまった頸部を楽にする動きの説明が伝わるのではないかと思います。

いつも忙しいクライアントさんですが、困ったときには連絡をくださいます。
これからの益々のご活躍を応援したいと思います!!


★★★10月スタート 3回完結講座「触察から筋膜リリースまで」★★★
日時 10月18日(火曜日) 18:00−20:00
   10月25日(火曜日)   〃
   11月1日(火曜日)    〃
講師 小川隆之、斎藤瑞穂
場所 オープンパス新宿オフィス(新宿駅徒歩15分、大江戸線都庁前駅徒歩3分)
料金 前回参加費の場合 21、600円(単発参加可能)
講座内容は内容はこちらでご覧ください。
★★★★★★★★お気軽にご参加ください★★★★★★★★

2016年07月04日

ワーカーにとって良いクライアントさんとは?

先日、クライアントさんから「ワーカーさんにとって良いクライアントさんてどんなクライアントさんですか?」と聞かれました。
うーん…と悩みました。
きっと、ワーカーによって「良いクライアントさん」の定義が違うだろうと思います。
私にとってどんなクライアントさんとのお仕事が理想的なのだろう、と考えつつ日々を過ごしていましたが、なんとなくぼんやりとわかってきました。

良いクライアントさんという定義は私にはなく、代わりに「満足のいくセッション」があるのだと気が付きました。

時間的にも金銭的にも負担を負ってきてくださるクライアントさんに応えるためにも「双方にとって満足のいくセッション」であってほしい。相互に求めるセッションを追求できたらこんなに嬉しいことはないと思うのです。

それを実現してくれる条件の一つとして「集中できる環境」が挙げられます。
これはたとえ話ですが、クライアントさんが叫んでいたり独り言を言ったりしていても、私の集中力がクライアントさんの要求を叶えることに向かっている限り全く気になりません。整った環境の中でセッションができていると感じます。
逆に集中を妨げるような要素を持ちこまれ、その結果十分な成果がでなかった場合、これはいつでもワーカーの責任となります。
不本意な気持ちで次のセッションの準備をしたり、帰路についたりするのは空しいものです。

双方のために「集中できる環境」を作るべく、目に見えるかたち、目に見えない形でのサポートをしたり、境界を作るためにアサーティブになったり譲ったりしながら気配りをする。
これがセッションの基本です。すべての仕事に共通する部分です。
双方に集中できる環境づくりには、オフィスの環境などある程度の改善ができるものもあれば、クライアントさんの自分に対する価値観や観念など、変化を促すのが困難でそこまでの踏込みが必要なのか疑問に思えるものまであります。

環境が整えられないと思ったら、きっとセッションを続けることはできないと思います。
ボディワークセッションは仕事でありつつも、ただ収入を得るだけの手段ではないと、いつも思いながら仕事をしています。
協力的なクライアントさんに感謝の気持ちを持ちつつ、セッションを続ける日々です。

8032121375_b62359cb45.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
FBでは触察やセッションの動画をご覧いただけます 
https://www.facebook.com/openpathmethod/
オープンパストレーニング公式サイト http://openpathmethod.com
斎藤瑞穂の個人セッションのサイトhttp://www.rolfingopenpath.com/
ご予約はこちらから http://www.rolfingopenpath.com/#!contact/bpm47
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




2016年04月23日

骨盤と足底の関連

オープンパスメソッドの特徴の一つは、全体の構造と膜組織を広範囲で観察しながらセッションを行うことにあります。

脚長差があり、左右の腸骨に前後傾の差があるクライアントさんの症例です。
身体バランスは「左の足にかかっている」ということを自覚しており、なおかつ外見的にも骨盤を中心に右側屈が強く見えます。
前回のセッション後はバランスが中心にあるとのことですが、第三者的視点(ワーカー側)からもそれがわかりました。

さて、しばらく前に「骨盤を整えれば万病が治る」的なアプローチがありました。
ボディワーク的な「全人的」「ホーリズム的」な考えとかけ離れることもあって(申し訳ないながら)興味を持つことはありませんでした。
どちらが良いとか、どちらが優れているとかではなく、考え方(メタ理論)が違えば技法が違ってくるという考え方が骨盤アプローチに自分を向かわせることはありませんでした。

それではどういうアプローチを利用するかというと、骨盤の左右差を整える場合には、その延長にある足根骨と頭蓋骨を調整します。
特に足根骨は重力の影響を大きく受けるので、長期にわたる調整が必要な場合、足関節を酷使する方のセッションでは毎回かならず並びの確認をします。

SL関節.jpg

ショーパール関節、リスフラン関節を整えずに骨盤の調整を終えたとは言えないはずです。
足根骨を形成している踵骨と脛骨、脛骨と腓骨の関わりも見逃せません。
セッションを受けてくださった方の中には、踵骨の調整を行う際に、実際に踵骨が「カクカクッ」という感じで小さく何度かにわたって動くことを実感し、驚かれた方も少なくないと思います。
そして、仙骨が頭蓋骨を、頭蓋骨が仙骨を動かすことを考えると上から下までその方に合ったセッションを提供すべく、常に緊張していなくてはいけないことがお分かりいただけるかと思います。

ショーパール関節とリスフラン関節の大切さについては、パルペーションセミナーで強調すべき点でもあったのですが時間がなくお伝えすることが叶いませんでした。
パルペーションセミナーでお時間があればお伝えしたいと思いますし、ファシャワークでは絶対にお伝えしたいと思います。
クラアイントさんはもとより、受講生の皆様もお楽しみに!!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オープンパス パルペーションインテンシブセミナー次回は<4月24日(日曜日)です>
時間枠:10:00−13:00 14:00−17:00 各3時間
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
毎回のカリキュラムはこちらをご覧ください。http://baucafe.sblo.jp/article/172739339.html
オープンパストレーニング公式サイト http://openpathmethod.com
斎藤瑞穂の個人セッションのサイトhttp://www.rolfingopenpath.com/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


QRコード