2016年04月23日

骨盤と足底の関連

オープンパスメソッドの特徴の一つは、全体の構造と膜組織を広範囲で観察しながらセッションを行うことにあります。

脚長差があり、左右の腸骨に前後傾の差があるクライアントさんの症例です。
身体バランスは「左の足にかかっている」ということを自覚しており、なおかつ外見的にも骨盤を中心に右側屈が強く見えます。
前回のセッション後はバランスが中心にあるとのことですが、第三者的視点(ワーカー側)からもそれがわかりました。

さて、しばらく前に「骨盤を整えれば万病が治る」的なアプローチがありました。
ボディワーク的な「全人的」「ホーリズム的」な考えとかけ離れることもあって(申し訳ないながら)興味を持つことはありませんでした。
どちらが良いとか、どちらが優れているとかではなく、考え方(メタ理論)が違えば技法が違ってくるという考え方が骨盤アプローチに自分を向かわせることはありませんでした。

それではどういうアプローチを利用するかというと、骨盤の左右差を整える場合には、その延長にある足根骨と頭蓋骨を調整します。
特に足根骨は重力の影響を大きく受けるので、長期にわたる調整が必要な場合、足関節を酷使する方のセッションでは毎回かならず並びの確認をします。

SL関節.jpg

ショーパール関節、リスフラン関節を整えずに骨盤の調整を終えたとは言えないはずです。
足根骨を形成している踵骨と脛骨、脛骨と腓骨の関わりも見逃せません。
セッションを受けてくださった方の中には、踵骨の調整を行う際に、実際に踵骨が「カクカクッ」という感じで小さく何度かにわたって動くことを実感し、驚かれた方も少なくないと思います。
そして、仙骨が頭蓋骨を、頭蓋骨が仙骨を動かすことを考えると上から下までその方に合ったセッションを提供すべく、常に緊張していなくてはいけないことがお分かりいただけるかと思います。

ショーパール関節とリスフラン関節の大切さについては、パルペーションセミナーで強調すべき点でもあったのですが時間がなくお伝えすることが叶いませんでした。
パルペーションセミナーでお時間があればお伝えしたいと思いますし、ファシャワークでは絶対にお伝えしたいと思います。
クラアイントさんはもとより、受講生の皆様もお楽しみに!!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オープンパス パルペーションインテンシブセミナー次回は<4月24日(日曜日)です>
時間枠:10:00−13:00 14:00−17:00 各3時間
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
毎回のカリキュラムはこちらをご覧ください。http://baucafe.sblo.jp/article/172739339.html
オープンパストレーニング公式サイト http://openpathmethod.com
斎藤瑞穂の個人セッションのサイトhttp://www.rolfingopenpath.com/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


2016年04月07日

約1時間で全身を楽にするために

先日、何か月かぶりにクライアントさんがセッションを受けに来てくださいました。
アジア各国のストリートダンスに関するNPO法人にお勤めで、入社後は出張も多く、なかなかいらっしゃれなかったとのことでした。
お仕事が充実していらっしゃる様子が伝わり嬉しくなりました。

主訴をいくつか挙げていただきましたが、その部位については確実に変化を起こしたいし、部位のみを意識するのでは筋膜を扱っている意味がない。
そうなると、カウンセリングや姿勢分析をする10分から15分の間にリリースするべき要所を素早く探し出さなくてはいけません。

姿勢分析は確実に行わないと、クライアントさんがマッサージテーブルに横たわったときに左右逆の状況が起こったりするので要注意です。

仰臥位、腹臥位(または側臥位)になったときに、触察で筋膜の緊張をとらえることも大切です。
筋膜の緊張が集中する部分をさがしだすことができれば、筋肉の全長をたどったり、起始停止にこだわったりせずに、要所要所をリリースするだけで済みます。

また、浅筋膜の特性を十分に活用するなら足首を操作して頸部の可動域を変えることもその逆を行うことも不可能ではありません(カルチャー講座やパルペーションセミナーでちょっとお見せしました)。

そこに「気持ちよさ」「心地よさ」の気遣いを入れられれば完璧です。

一回のセッションで、いかに結果をだし、また気持ちよく帰っていただくか。
私たちボディワーカーは「肉体労働」と思われがちですが、実は「頭脳労働」も同時に行っています。

rasen.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オープンパス パルペーションインテンシブセミナー次回は<4月10日(日曜日)です>
時間枠:10:00−13:00 14:00−17:00 各3時間
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
毎回のカリキュラムはこちらをご覧ください。http://baucafe.sblo.jp/article/172739339.html
オープンパストレーニング公式サイト http://openpathmethod.com
斎藤瑞穂の個人セッションのサイトhttp://www.rolfingopenpath.com/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2016年03月13日

触察/体性感覚と共に現れるもの

昨日、同タイトルでブログを書こうとしました。
抵抗を感じつつ書き出したところうまくかけず断念し、今日再び書くことに挑戦しています。
うまくかけるかどうか。
読み手の方には、ただの夢物語とか妄想だとか受け取っていただけると幸いですし、逆に深い共感を感じていただけると仲間意識を共有できます。

私たちボディワーカーが扱うのは主に身体で、心理療法家が扱う心や心の働きを扱うことはしません。
心と体は一体だという説はある意味真実ですが「ある意味」でしかありません。
ボディワーク業界の一人者が、1990年代に精神心理という専門外のことまで引き受けられると思い込んでしまった結果、中途半端にしか問題解決ができずクライアントさんへの不利益をもたらしたという前例もあるため心理的なことは専門家に任せるべきだと考えます。

私たちオープンパスのボディワーカーは身体構造と身体機能をクライアントの主訴と組み合わせて解決しようと最大限の努力をします。
それは頭脳労働であり、肉体労働であり、なにより第一に生身の人間に寄り添う精神労働であり、やりがいのある仕事で責任重大な仕事でもあります。

私たちのセッションの基礎にあるのは、まずは平均的な「人体の構造への理解」です。

解剖学に従って起始から停止まで個人の筋肉を追うことがトレーニングの初期段階としての知識ですが、人体は本当に個性的でひとりひとりが違った構造を持ち合わせています。ですので、オープンパスで言う解剖学とは「個人を知るひとつの手段」と同意語です

そうした経験を積み重ねていくと、物理的に人体に接することと個人に接することの境界が薄れてくることがあります。

物理的に人体に接しているとき、ワーカーの感覚は漁船に取り付けられたソナー同様に、組織の状態と組織を介在して受け取ることができる周囲の状態を確実にキャッチします。
それを突き詰め、「個人の人体」を扱う感覚でワークをすると…これが不思議なのですが、クライアントさんのビジョンや感覚、見えている風景を共有することがあるのです。
ワーカー側の想像かと思いましたが、決してそうではないようです。

なぜそれができるのかはわかりません。
クライアントさんみなさんとその感覚を共有できるわけではなくある一部の方とのセッションでのみ経験する出来事です。
わずかに1割にも満たない方としかそうした経験を共有できていません。ですからこれは偶然の産物です。
こうした占いのような効果を期待してセッションを申し込んでくださったとしてもお金の無駄になりますということは予めお伝えしておきます。

こうして公の場で不思議な体験を披露してしまうことで怪しいボディワーカーと思われてしまうのではないかという不安はありますし、書くとそうした力が無くなるかもと思いましたが、あえて書いてみました。

セッションの不思議体験は私よりもクライアントさんの方が多くしてくださっているようです。
私生活では幼いころから不思議体験をしてきたので全く抵抗はありませんが、でも面白いですよね。

dream.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オープンパス パルペーションインテンシブセミナー次回は<3月27日/日曜日です>
時間枠:10:00−13:00 14:00−17:00 各3時間
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
毎回のカリキュラムはこちらをご覧ください。http://baucafe.sblo.jp/article/172739339.html
オープンパストレーニング公式サイト http://openpathmethod.com
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
QRコード