2017年03月10日

サービス残業いたしません<(_ _)>

いつでも、どうしても、セッションが長くなりがちです。
そのためクライアントさんがセッション時間を勘違いしていらっしゃるかもしれませんので、改めてセッショんの流れについてご案内いたします。

セッション5分前から入室可能です

セッション開始
   ↓
カウンセリング、着替え
   ↓
姿勢分析 
++++++ここまでで、10分〜15分++++++
ハンズオンセッション
※だいたい60分程度です※
※何度か立ち上がったり、動いていただいたりしてセッション前後の変化を確認していただいたりフィードバックをいただいたりします※
   ↓
終了後の着替え、カウンセリングやアドバイス
+++++++ここまででセッション時間90分/80分が終了します+++++
セッション開始から最後のカウンセリングまでがセッション所要時間となりますので今一度ご確認をお願いいたします

クライアントさんもよく分かっていて(笑)終了前になるとあれこれフィードバックが多くなったり、最後の確認で「まだなんとなく…」と延長してほしそうにしたりしますが、今後はサービス残業はいたしません。

少し前になりますが、勉強もかねて某リラクゼーションサロンにいったところ、終了予定時間ぴったりに施術が終了しました。
わたし側としてはその後、計画通りに行動できて時間が有効に使えました。
時間内ですべての行程を終える姿をみて「普通はこうだよね」と自分の甘っちょろさを自覚しました。
個人事業主は何かと「融通が利くでしょう」と思われがちで、確かにグレーな「おつきあい」の部分も必要ではありますが、私自身が擦り切れてきてしまいました(>_<)

NOサービス残業もそうですが、セッション開始時間直前の連絡で「これから行ってもいいですか?」もどうぞご遠慮ください。
突然に、前触れもなく15分以上早くおいでになるのもご遠慮ください。
行ってしまえば入れてくれるだろうと思われがちですが、セッションの合間は休憩時間ではなく、次のクライアントさんをお迎えするための時間です。次のセッション時間に合わせて諸事済ませつつ準備をしています。
そのため、残念ですがセッション終了後の雑談も我慢しなくてはいけないことがほとんどです。
お菓子等「一緒に食べましょう」とお持ちいただいてもまだ仕事中のため、ご一緒できず申し訳ない限りです。
どうぞ、次にいらっしゃるクライアントさんへのご配慮をお願いいたします。

また、オフィスビルは動物の持ち込みは一切禁止です。
動物アレルギーのクライアントさんもいらっしゃいますので、そうした方たちへのご配慮をお願いいたします。
壁や家具などに傷をつける行動などもありますが、賃貸物件ですので修繕費など申し受ける場合があります。ご注意ください。

細々とした注意事項が続き申し訳ありません。
わざわざこうしてブログでお願いをしなくても済むことが、私としても理想です。
暖かいご配慮とご理解を、何卒よろしくお願い申し上げます。

pnegai.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
*******************************************************


  

2016年09月19日

頸部伸展のアドバイス

今日のセッションはクライアントさんに満足していただけたので、幸せな気分です。
楽になりました、と言われるのは嬉しいものです。

セッションの詳細を書くと長くなるしご本人の承諾を得ていないので、フィードバックの時に十分にお伝えできなかったことをブログにしようと思います。

本日のクライアントさんは日常的に身体操作を行う方で、伸展の動きもよくするそうです。
そのためか、後頭部(特に頭板状筋の付着周辺)に強い緊張がありました。
セッション終了後のフィードバックで、伸展の時に深層筋を利用すると少しは楽になるかも知れません、というアドバイスをさせていただきました。

これが頭板状筋で、頸部では(僧帽筋を省いて)一番表層にあります。
起始は(骨指標で言うと)第一、第二胸椎の棘突起で、停止は乳様突起から後頭骨の上項目線までです。
動かすコツは、後頭部全体で空間を押すような感じです。

頭板状筋.jpg

これが、頭板状筋とその下層に位置する半棘筋群(水色に反転している部位)との関係性です。
頭板状筋の停止は第一第二胸椎ですが、半棘筋は第一頸椎から第六頸椎、第四、第六胸椎の関節突起まで伸びています。
停止の位置からもわかるように、半棘筋は頸部/胸部が助け合って脊柱からの伸展を可能にします。
この筋群をうまく使えれば、頸に疲れが残りにくくなります。
頭半棘筋をうまく動かすコツは、少し顎を引いた状態で伸展することです。

半棘筋.jpg

今日のフィードバックを図を見ながら思い出していただければ、簡単に済ませてしまった頸部を楽にする動きの説明が伝わるのではないかと思います。

いつも忙しいクライアントさんですが、困ったときには連絡をくださいます。
これからの益々のご活躍を応援したいと思います!!


★★★10月スタート 3回完結講座「触察から筋膜リリースまで」★★★
日時 10月18日(火曜日) 18:00−20:00
   10月25日(火曜日)   〃
   11月1日(火曜日)    〃
講師 小川隆之、斎藤瑞穂
場所 オープンパス新宿オフィス(新宿駅徒歩15分、大江戸線都庁前駅徒歩3分)
料金 前回参加費の場合 21、600円(単発参加可能)
講座内容は内容はこちらでご覧ください。
★★★★★★★★お気軽にご参加ください★★★★★★★★

2016年07月04日

ワーカーにとって良いクライアントさんとは?

先日、クライアントさんから「ワーカーさんにとって良いクライアントさんてどんなクライアントさんですか?」と聞かれました。
うーん…と悩みました。
きっと、ワーカーによって「良いクライアントさん」の定義が違うだろうと思います。
私にとってどんなクライアントさんとのお仕事が理想的なのだろう、と考えつつ日々を過ごしていましたが、なんとなくぼんやりとわかってきました。

良いクライアントさんという定義は私にはなく、代わりに「満足のいくセッション」があるのだと気が付きました。

時間的にも金銭的にも負担を負ってきてくださるクライアントさんに応えるためにも「双方にとって満足のいくセッション」であってほしい。相互に求めるセッションを追求できたらこんなに嬉しいことはないと思うのです。

それを実現してくれる条件の一つとして「集中できる環境」が挙げられます。
これはたとえ話ですが、クライアントさんが叫んでいたり独り言を言ったりしていても、私の集中力がクライアントさんの要求を叶えることに向かっている限り全く気になりません。整った環境の中でセッションができていると感じます。
逆に集中を妨げるような要素を持ちこまれ、その結果十分な成果がでなかった場合、これはいつでもワーカーの責任となります。
不本意な気持ちで次のセッションの準備をしたり、帰路についたりするのは空しいものです。

双方のために「集中できる環境」を作るべく、目に見えるかたち、目に見えない形でのサポートをしたり、境界を作るためにアサーティブになったり譲ったりしながら気配りをする。
これがセッションの基本です。すべての仕事に共通する部分です。
双方に集中できる環境づくりには、オフィスの環境などある程度の改善ができるものもあれば、クライアントさんの自分に対する価値観や観念など、変化を促すのが困難でそこまでの踏込みが必要なのか疑問に思えるものまであります。

環境が整えられないと思ったら、きっとセッションを続けることはできないと思います。
ボディワークセッションは仕事でありつつも、ただ収入を得るだけの手段ではないと、いつも思いながら仕事をしています。
協力的なクライアントさんに感謝の気持ちを持ちつつ、セッションを続ける日々です。

8032121375_b62359cb45.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
FBでは触察やセッションの動画をご覧いただけます 
https://www.facebook.com/openpathmethod/
オープンパストレーニング公式サイト http://openpathmethod.com
斎藤瑞穂の個人セッションのサイトhttp://www.rolfingopenpath.com/
ご予約はこちらから http://www.rolfingopenpath.com/#!contact/bpm47
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




QRコード
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ
個人セッションのお申込み(2)
セッション、セミナーの選び方(2)
講座、ワークショップ、セミナー(102)
ボディワーク(22)
オープンパスメソッド(R)(11)
ロルフィング(10)
セッションに関するあれこれ(70)
オープンパスボディワーカー養成トレーニング(85)
お仕事全般(245)
読書、音楽、アクティビティ(35)
今月のお休み(23)
日々のこと(143)
OPENPATHメソッドボディワーカー一覧(20)
2013年トレーニングスケジュール(4)
オープンパスメソッド(R)(45)
2014年トレーニングスケジュール(5)
オープンパス(1)
ケーススタディ(1)
心理学、カウンセリング(7)
(0)
trainning.jpg
最近のコメント
カルチャー講座でダメ出しされました by 瑞穂 (05/22)
カルチャー講座でダメ出しされました by Carolfing (05/21)
甘さを感じるタンブラー、ひっそりと摂取される砂糖 by 瑞穂 (04/20)
甘さを感じるタンブラー、ひっそりと摂取される砂糖 by Carolfing (04/17)
<カルチャー講座>サポート、筋膜の拘縮と癒着の触り分け by 瑞穂 (04/11)
<カルチャー講座>サポート、筋膜の拘縮と癒着の触り分け by Carolfing (04/11)
2005年〜2011年の過去ログ
2005年1月〜2009年4月のアーカイブ:http://plaza.rakuten.co.jp/rolfing 2009年4月〜2011年12月のアーカイブ:http://atdiary.jp/mizuhosaito/ 2017年05月(6)
book1.jpg book2.jpg
リンク集
ボディワークスペースOPENPATH公式サイト
Baucafe
ピラティス&ボディワーカー Ark the Body
On The Way
Relaxation Room FINESSE
吉祥寺ボディワーク
ボディワーク雑記帳
シーベルズ大磯
火力 UP
body work lounge Libera
Green Room
プロフィール
名前:斎藤瑞穂 Mizuho Saito
職業:ボディワーカー
ウェブサイトURL:http://www.rolfingopenpath.com/
メールアドレス:openpath☆hotmail.com
RDF Site Summary
RSS 2.0
Tweets by mizuhosaito