2018年04月25日

間違えたら容赦ないですから…

パルペーションセミナーで何が一番ストレスかと言うと、触察の対象筋をしっかりととらえられていないと、公の場であっても、容赦なく小川さんに「それは間違っている」とダメだしをされることです(私だけに、やります)。
以前も何度かこちらにグチ(?)を書きましたが、間違うとその場で注意されます。

デモンストレーションを行うのであれば間違いなく伝えるというのが小川氏のモットーであり、プロとしてそれは当然だと思うので、間違う自分が呪わしく(笑)恥ずかしいし情けないと思います。
その代わり、デモンストレーションする時の本気度も上がりますし、自分なりの工夫が生まれます。

朝一番でまだ気持ちがしゃきっとできていない状態でデモンストレーションをしなくてはいけなかったり、なんとかなるさで行き当たりばったりのデモンストレーションをしたりというのが、一番、間違いを起こしやすいパターンです。

そのうち自己嫌悪に苛まれ、触察のデモンストレーションも、アシスタントも尻込みするようになりました。
実際に「別の分野で修行をしてきます」とセミナーから抜けたことがありました。この時は、空いた時間をソマティクス関連の勉強時間に使いました。
へこたれつつも少しずつ慣れて、まがいなりにもなんとかデモもアシスタントも行うようになりましたが、それまでは何度も何度も「今回こそ、こんな屈辱的な仕事はやめてやる」と思いました。
準備に時間はかかるし、責任重大だし…。

でも、どんな仕事であってもごまかせない場面はあるはずなのです。
手に職系の私たちにとって、仕事熱心であることは評価されるべき事なのだと思います。
頼るべき傘も大樹も無く、失敗したからといって「じゃ、辞めます」では済まされない世界に生きていることを忘れてはいけないなと思います。
楽に生きればいい、力まず自分らしく生きていけばいい、というスタイルも良いかもしれませんが、それはもう少し歳をとってからでも遅くないかな。

ということで、腱鞘炎もほぼ完治に近い状態になり、通常通り仕事をしていこうと思います。

菱形筋.jpg

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

『筋膜リリース コツのコツ』セミナーを開催します。単発参加も歓迎です。お友達同士、ご夫婦でのご参加も大歓迎です!老若男女おいでください。(残席1席となりました。お申込みはお早目に!
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/182847960.html

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年04月24日

パルペーション/平日クラス検討中(未定)

パルペーションセミナー、平日なら参加できるんだけれど…というご要望をいただいています。

パルペーションは、小川隆之氏の十八番です(youtubeでの活躍ぶりをご覧ください)。
さらっと簡単そうにデモンストレーションを行っているパルペーションの達人の小川隆之氏ですが、事前に付着の確認をしたり、より分かりやすくて触りやすい方法の研究をしています。
地道な下準備を厭わない小川氏ですら、夜間のパルペーションクラスとファシャワークの同時進行は、精神的にも体力的にも疲れるというのが本音のようです。

そのため、どうしようかと思案中。

わたしも、もう少し努力をするべき時期に来ているのかもしれません。
苦手なパルペーションを克服するために、もうひと押し、自分を「ワンアップ」させる時期なのか?
自分たちのオフィスを飛び出して、アウェイで行う単発セミナーなら気分も変わるし頑張れるのか?
それとも、仕事の領域を広げて、本職以外にもやりたいと思える仕事を始めてみるべきなのか?

などと、いろいろと、考えがぐるぐると回っている今日この頃です。
とりあえず何かを始めれば、それが次の展開を運んでくるのでしょうから、あまり深く考えずに「ちょっと試しに」のライトな感覚でスタートを切るのもありかなと思います。
ただし、何をいつスタートするかについて深く考えないことと、軽い気持ちでお金をいただくこととは全く別ですので、やると決まればきちんとプロ意識を持って頑張ろうと思います(あくまで「やるなら」ですが)。

前脛骨筋.jpg

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

『筋膜リリース コツのコツ』セミナーを開催します。単発参加も歓迎です。お友達同士、ご夫婦でのご参加も大歓迎です!老若男女おいでください。(残席2席となりました。お申込みはお早目に!)
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/182847960.html

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年04月16日

セミナー『コツのコツ』、第一回目のコンテンツ内容公開!

『筋膜リリース コツのコツ』、5月の第3週から隔週ごとに6回シリーズでお届けします。
どんなことをやるのか今一つ分からないのでお申込みを躊躇していらっしゃる方のために、こんな内容にしようと考えていることを、かいつまんでお伝えしたいと思います。

第1回 5月17日(木)19:00〜21:00
 テーマ:セッションの成果を高めるため、ワーカーがすべきこと

拙著『筋膜リリース コツのコツ』位置627(位置とはページの意味らしいです)の「クライアントを安心に導く救い上げと関節サポート」が参考資料になります。
ちなみに、コンテンツのタイトルは「すくいあげ」となっていて、目次のタイトルは「救い上げ」となっていますが、行っている事は、身体的感覚的に「救い上げ」の表現に近いかなという印象があります。

この章では、関節を閉じることによって安定性を生み出すサポートについての簡単な説明を行っていますが、一言に関節といっても様々な種類があります。
関節ごとに役割が違い、それ故の形状の違いがあります。
それを活かしたサポート方法をお伝えしたいというのが一つ。

それに加えて、筋膜リリースから少々外れますが、関節感覚を高めるための簡単なエクササイズを導入しようかとも考えています。
骨と骨をつなげている関節を守っている関節包は筋膜と同じ組織で出来ていますし、関節内には身体感覚を高めるための受容器がたくさん存在しています。
その受容器をうまく刺激することにより、交感神経/副交感神経を高めることが可能です。
その関節をいかにうまく動かしてもらうか(もしくはセッションの中でいかにその関節を上手に扱うか)をお伝えしたいという思いもあります。

そうはいっても、たったの2時間で伝えられる内容は限られてきます。
全てお伝えするだけの時間が取れるとも思えないので、内容を吟味する時間が必要そうです。

残席は、あと3席です。
ご興味をお持ちいただけましたら、お申込みはこちらです。
【お申し込み先】
http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php に必要事項をご明記の上、お申し込みください。タイトル「筋膜リリース コツのコツ」を忘れずに記してください。
金額等のご確認はこちらからお願いいたします

オープンパスのセミナーのモットーは3つ。
「濃いコンテンツを受けやすい金額で提供する」
「内容が重複する部分がれば、その部分は割引適用となる」
最重要視しているのは「同じことの繰り返しにせず、必ず新しい情報を入れ込む」です。
まずは試しに単発参加をしてみてください。損はさせません!!

E_3.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

QRコード