2019年01月14日

骨盤から足部の触察

第13回目の「パルペーションインテンシブセミナー夜間クラス」の対象は、下肢骨格(骨盤 大腿骨 下腿骨 足根骨の一部)でした。
足根骨は予定していた骨指標の一部を残して終了となってしまいましたが、距骨滑車と天蓋(ほぞとほぞ穴)の触察はしっかりとできました
足関節の動きを確認するためには、距骨の働きを知る必要があります。



最近は単発参加の方も増え、遠方から何度も通ってくださる方もいらっしゃり、ありがたい限りです。
気になるけれどまだ参加が出来ていない、という方は、どうぞお気軽にご参加ください。
単発参加は3時間8640円(税込み)+数百円の資料代です。

次回1月23日(水曜日)は足根骨 趾骨 前脛骨筋 長母趾伸筋 長趾伸筋 長腓骨筋 短腓骨筋を予定しています。
お申込みはこちらからお願いいたします。

<筋膜リリース コツのコツ> 3日間の週末集中コース − 日曜日
1月27日(日曜日)スタート 2月24日(日曜日)終了
10:00−17:00 
<ティーチャーズインテンシブ>5日間のプロフェッショナル養成トレーニング − 土曜日
3月2日(土曜日)スタート 4月13日(土曜日)終了
10:00−17:00
<パルペーションインテンシブセミナー> 技術を高めたい方のみ15日間集中触察セミナー − 日曜日
10:00−17:00 
3月10日(日曜日)スタート8月4日/試験日(日曜日)終了

いずれも詳細、お申込みはこちらのサイトで!!

2018年12月17日

第13期ファシャワーカー養成トレーニングが終了しました!

昨日12月16日を以て、第13期ファシャワーカー養成トレーニングが終了しました。
ご参加の皆様、大変にお疲れさまでした。

今回も、オープンパス認定ボディワーカーとして活躍されている方々にお集まりいただき、セッションを評価していただきました。
小川、斎藤のクライアントさんにもご協力いただきました。
寒い中、貴重なお時間を割いてご協力くださいました皆さまに、改めて御礼を申し上げます。

評価表にざっと目を通しましたが、今回の成績は芳しくありませんでした。
これまで同様の内容でトレーニングを行ったつもりでしたが、受講生の方々に響く内容を提供できていなかったのかもしれません。

触察力が全くついてないというお叱りを受けました。
ファシャワークなのに、きちんと筋膜の触り分けができていないという基本的なことが出来ていないことが判明しました。
アナリシスがあてずっぽうすぎるという鋭いご意見をいただきました。
カウンセリングの能力が低すぎるというご意見もいただきました。
コミュニケーション能力が低くてどうやって対人職をやっていけるのかというごもっともなご指摘もいただきました。
率直なご意見をありがとうございます。
真摯に受け止め、今後のセミナー、トレーニングに活かしていきたいと思います。

cracker2.jpg

《現在受付中のセミナー》
<筋膜リリース コツのコツ> 3日間の週末集中コース − 日曜日
日時:1月27日、2月17日、2月24日(日曜日)10:00−17:00 (1時間の休憩を含む6時間)
3日間の内容詳細はこちらの過去ブログをご確認ください。
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
場所:オープンパスオフィス(新宿区西新宿/中央公園近く)
受講料:3日間連続参加/1日16000円X3日 合計51840円(消費税8%含む)
単発参加/1日18000円 合計19440円(消費税8%含む)
【〆切】1月20日(水曜日) 単発参加者の方で、12月26日までにお申込みくださった方には振込手数料をオープンパス負担とさせていただきます。

【お申し込み先】
http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php に必要事項をご明記の上、お申し込みください。
タイトル「筋膜リリース コツのコツ」を忘れずに記してください。
※24時間以内に返信が無い場合は、メールが届いていない可能性が非常に高いです。ご面倒ですが、再度のお問い合わせをお願い申しあげます。

皆様のご参加を楽しみにお待ちしております!

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年12月13日

大腿四頭筋の触察はホントは難しい

昨日の12月12日はパルペーションインテンシブセミナー夜間の第11回目でした。

今回の対象筋は、臀部外旋六筋(でんぶがいせんろっきんと入力すると、臀部外旋ロッキンと変換します。ロック魂が疼く)のうちの上双子筋、下双子筋、内閉鎖筋でした。

上記3筋の指標となり得る梨状筋と大腿筋膜張筋を、前回の演習で触察していたので、復習を交えての触察演習となりました。
多くの解剖学書では、上双子筋、下双子筋、内閉鎖筋をひとつの筋として触察する方法は記載されているのですが、オープンパスでは一緒くたにせず、上双子筋、下双子筋、内閉鎖筋を骨指標からきっちりと触り分けします。

触察のコツをお伝えすることはできますが、筋肉の機能をわかりやすく説明したり、その筋が関わる別の筋との関連などを説明したりするのはなかなかに難しいです。
メイン講師の小川氏にはなかなか追い付けません。
触察できることと、わかりやすく説明できること(伝えること)は全く別物で、触察ができたからそれを教えられるかというとそうではなく、本人の努力次第だということを痛感しています。
講義の良し悪しで触察がしやすくなったり難しく感じたりするのです。
触察の対象となる筋肉の知識があった方が触察がしやすくなるから不思議です(経験上、なぜかそうなのです。脳内で情報のマッピングがうまくできるからでしょうか)。

例えば、昨夜の対象筋だった大腿四頭筋の中間広筋、外側広筋の斜走部と膝関節を安定させる働きを理解すれば、外側広筋斜走部の位置が理解しやすくなったかと思うのです(大腿四頭筋の斜走部を触察するのも、オープンパスならではです)。

触察が難しいのは当たり前ですが、高い山こそ登りたいという方、ぜひパルペーションインテンシブセミナー参加をご検討ください。




仙骨周辺の骨指標(坐骨棘、転子窩、転子間陵)、仙結節靭帯、坐骨神経を含む指標(ホントに大切!!)を捉え、臀部外旋六筋の一部(主に上双子筋)の触察を行っています。是非ご覧ください。

《現在受付中のセミナー》
<筋膜リリース コツのコツ> 3日間の週末集中コース − 日曜日
日時:1月27日、2月17日、2月24日(日曜日)10:00−17:00 (1時間の休憩を含む6時間)
3日間の内容詳細はこちらの過去ブログをご確認ください。
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
場所:オープンパスオフィス(新宿区西新宿/中央公園近く)
受講料:3日間連続参加/1日16000円X3日 合計51840円(消費税8%含む)
単発参加/1日18000円 合計19440円(消費税8%含む)
【〆切】1月20日(水曜日) 単発参加者の方で、12月26日までにお申込みくださった方には振込手数料をオープンパス負担とさせていただきます。

【お申し込み先】
http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php に必要事項をご明記の上、お申し込みください。
タイトル「筋膜リリース コツのコツ」を忘れずに記してください。
※24時間以内に返信が無い場合は、メールが届いていない可能性が非常に高いです。ご面倒ですが、再度のお問い合わせをお願い申しあげます。

皆様のご参加を楽しみにお待ちしております!

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************


QRコード