2017年06月26日

LRテクニック・ベーシックセミナーを開催しました

昨日の6月25日、オープンパスメソッドボディワーカーを対象に「LRテクニック・ベーシックセミナー」が小川隆之氏の主催で開催されました。

当日は第一期から第十一期までのオープンパスメソッドボディワーカーが集まってくださいました。
久しぶりにお会いする方もいらっしゃいましたが、みなさんお元気そうで何よりでした。

LR1.jpg

さて「LRテクニック」にはいくつかの利点があります。
・短時間で傾向分析ができる
・クライアントさんにその場で変化を実感してもらえる
・構造が数秒から十数秒で変化する
・身体の一部を見ることで全体の構造が見える
・分析と働きかけがひとつになっている
・ワーカー側の主観の押しつけにならない

「LRテクニック」を応用するためには身体のとらえ方を新たにしなくてはいけません。
慣れ親しんだ身体のとらえ方をいちど脇に置くことが一番です(それが難しければ従来の身体分析でも良しとしますが、そこに新たなテクニックを持ちこむのは難しいことは念頭においていただければと思います)。
身体についての価値観も持たず、良い悪いや「あるべき」基準も持ちません。
AをすればBをするという因果関係も取り払って行います。

分析面では、身体のとらえ方に大きな特徴があります。
身体構造を固定されたものとせず、常に変化の中にあるものとして扱います。

LR2.jpg

何名かの方にモデルになっていただき、実際に変化が起こる様子を視覚的に実感していきましたが、最初は半信半疑だったテクニックもご自身が演習する中で「変化は数秒で確実に起こる」という成功体験を得ることが出来たのではないかと思います。

私もグループワークに参加しましたが、腸骨を調整して頭蓋骨の形が変わったり、目の高さが揃ったり、腓骨の位置があっという間に変化することに、一切の疑いを持たなくなりました。
身体のバランスを変えることも、不快感を軽減することも可能です(といっても、セッションで利用するにはあまりにもマジック的で活用をためらわれます。数秒でセッションが終わるとその変化が定着しないのではとクライアントさんに心配されると思うので…)。

身体バランスなどについては、それを主訴としていらっしゃるクライアントさんはほぼ皆無ですので、セッションの導入部分で全体の構造を整え、そのうえでテーブルワークを行うというのが正式な手順です。
インテグレーティブボディワークは、単なる「疼痛解消テクニック」ではなく、根本的な部分(量子論をベースとした理論面)から一新されたことが伝わったのではないでしょうか。

今回はテーブルワークに移るまでを演習するセミナーとなりましたが、トレーニングではこれ以降のプロセスを掘り下げて行う予定です。

ご参加の皆様、どうもありがとうございました。
またお目にかかれますことを楽しみにしております。

ティーチャーズインテンシブ「先生なら知っておきたいうごきと脳神経系のこと」
4回まとめてのお申込みの締切は6月30日です(それ以降は単発でのご参加とさせていただきます)。
お申込みはお早目に!!


****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
*******************************************************

2017年06月18日

触察は言葉で行う

金曜日は「気軽にできるボディワーク」講座でした。
今回は、受講生さんからいただいたお題の「ローテーターカフのリリース」でした。
事前に「爪が長いんですが(しかもネイルしてます)」という方から体験のご依頼をいただいていたので、今回はセルフでの触察/リリースを多くしました。

肩甲棘から肩峰、鎖骨、胸鎖関節までの骨の並びを解剖学書で見ると、一直線上に各骨指標が並んでいて、触察するのは簡単に見えるかと思います。
ところがそれに筋肉がかぶってくると、そんなに簡単にはいかないことがほとんどです。
得に、肩峰や肩峰角で、骨指標を見失ってしまうことが多いと思います。
そこで見失ってしまわないよう、肩甲棘から肩峰に移るときに指の位置、肩峰を探すのに適した手の使い方などを強調して演習を行いました。

その流れで、肩峰角から三角筋中部の触察/セルフリリース、を行いました。
(棘上筋のセルフリリース、肩甲下筋のペアリリース、ローテーターカフつながりで小胸筋のセルフリリースも行いました)
きちんと触察ができていれば、触察がリリースになり得ます。
そこで大切なのが  <言葉での誘導>  です。

触察を学ぶ、という意図であっても、お客さん/クライアントさんのリリースを行う、という意図であっても、筋の触り分けはワーカー側の責任で行います。
触察しやすいよう、きちんと動きを誘導しなくてはいけません。
ワーカーの誘導が上手であればあるほど、短時間で確実に触察を行うことができます。
「どこを」「どのように」「どういう状態で」「どんな意図で」動かしてほしいのかを明確に伝える。
これが触察のコツです。

え?と思われるかもしれません。
でも、触察をしっかり勉強したワーカーなら口を揃えて「言葉は大切だ」というはずです。
なぜなら、触察は言葉の誘導なしには決して行えないからなのです。
(ただし、一旦習得してしまえば動きなしに手で追っていくことは可能です。確実に触察できていることが前提です。)
そして、分かりやすい短い言葉で誘導を行う。ひとことか、ふたこと。
これも触察のコツです。

ワーカー側が意図を持って誘導を行うことによって、触察がぐんとしやすくなることを理解していただけたかと思います。
継続の受講生の方にとっては少々物足りない内容だったかもしれませんが、次回はより充実した内容になるよう心掛けたいと思います。
お題は「骨盤周りの筋肉」になります。

三角筋.jpg

ティーチャーズインテンシブ「先生なら知っておきたいうごきと脳神経系のこと」
4回まとめてのお申込みの締切は6月30日です(それ以降は単発でのご参加とさせていただきます)。
お申込みはお早目に!!

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
*******************************************************

2017年05月25日

バレエ、ピラティス、ヨガ、武術のためのティーチャーズ

5月から、週に1回から2回ですが、自転車通勤を始めました。
5駅分を自転車で走ります。
30分程度の道のりで、往路は身体を温めるのにちょうどよく、復路は気分転換に最適です。
自転車をこぎながら風を感じたり、街の様子や人の流れなどみていると、少しずつ身体にまとわりついている「役割」が空気に溶けていくような気がします。

さて、
先日ブログで紹介しましたワークショップ「ティーチャーズインテンシブ」ですが、どんな方が対象者かという説明が抜けていました。

バレエ、ピラティス、ヨガ、武術や武道、新体操などを教えている方や、学んでいる方に最適な内容となっています。
上記以外でも、パフォーマンスの向上を目指している方々に向けて、わかりやすくタメになる資料を作成します。
身体を動かすときのコツをお伝えすることが目的ですので、施術として利用できる内容は、残念ながら今回は含みません。
ソマティクスという新たな身体改造法を体感、納得していただくために、体験の時間を多くとる予定です。
メンテナンスとしてご参加いただければ、ワークショップ終了後には緊張がぬけた楽な状態で帰宅していただけると思います。

開始時間に変更がありましたので、併せてご案内いたします。
以下が最終的なスケジュールとなります。
【ティーチャーズインテンシブ2】
第一日目 動きを伴うセッション=運動学習
〇「プロセス」に変化をもたらす
―感覚の大切さ【ティーチャーが知っておきたい知識その1/感覚、知覚、認知】
―言葉の大切さ【ティーチャーが知っておきたい知識そ2/言葉の力の偉大さ】
演習(ペア、またはお一人で)

第二日目 なぜテクニックを細かく使うのか
〇感覚のループと脳の可塑性
―感覚が雪だるま式になる理由【ティーチャーが知っておきたい知識その3/カルマ?!】
演習(ペア、またはお一人で)

第三日目 筋の特性をつかんで動く
〇筋の特徴を制する
―横紋筋の特徴【ティーチャーが知っておきたい知識その4/筋のわがままall or nothing】
演習(ペア、またはお一人で)

第四日目 動きの見極め
〇何がマルファンクション(ダメ、動けない)の原因か
―動きの細分化【ティーチャーが知っておきたい知識その5/本当は何がしたいの?】
―正しい動きへの誘導【ティーチャーが知っておきたい知識その6/違う自分にさせる】
演習(ペア、またはお一人で)

日程(8月17日より毎週木曜日夕方18:00〜21:00):
8月17日(木曜日)18:00−21:00
8月24日(木曜日)18:00−21:00
8月31日(木曜日)18:00−21:00
9月7日(木曜日)18:00−21:00 (スタート時間を一律18:00としました)
講師:
小川隆之
斎藤瑞穂
場所:
オープンパス新宿オフィス(新宿区西新宿、中央公園側)
料金:
15000円X4回=60000円 (すべて参加)
18000円(1回毎)
オープンパス認定ボディワーカー10000円(全て参加の場合40000円)
-----------------------------------
お申込み開始は5月31日(水曜日)からとなります。
申し込みフォーム https://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
メッセージには、専門(〇〇を教えている、〇〇を習っている)などを書き添えていただけますよう、お願いいたします。資料作成の参考とさせていただきます。


参考動画です。

動画が見られない場合はこちらへアクセスしてください https://www.youtube.com/watch?v=4lXr7qu_VvQ

alsoss.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
*******************************************************

QRコード
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリ
個人セッションのお申込み(2)
セッション、セミナーの選び方(2)
講座、ワークショップ、セミナー(105)
ボディワーク(23)
オープンパスメソッド(R)(11)
ロルフィング(10)
セッションに関するあれこれ(72)
オープンパスボディワーカー養成トレーニング(86)
お仕事全般(247)
読書、音楽、アクティビティ(35)
今月のお休み(23)
日々のこと(145)
OPENPATHメソッドボディワーカー一覧(20)
2013年トレーニングスケジュール(4)
オープンパスメソッド(R)(45)
2014年トレーニングスケジュール(5)
オープンパス(1)
ケーススタディ(1)
心理学、カウンセリング(7)
(0)
trainning.jpg
最近のコメント
手も腕もコンプレックスです by 瑞穂 (06/11)
手も腕もコンプレックスです by Carolfing (06/09)
顎関節症、尾骨の痛みが劇的に改善しました by 瑞穂 (06/05)
顎関節症、尾骨の痛みが劇的に改善しました by Carolfing (06/04)
バレエ、ピラティス、ヨガ、武術のためのティーチャーズ by 瑞穂 (05/28)
バレエ、ピラティス、ヨガ、武術のためのティーチャーズ by Carolfing (05/25)
2005年〜2011年の過去ログ
2005年1月〜2009年4月のアーカイブ:http://plaza.rakuten.co.jp/rolfing 2009年4月〜2011年12月のアーカイブ:http://atdiary.jp/mizuhosaito/ 2017年06月(9)
book1.jpg book2.jpg
リンク集
ボディワークスペースOPENPATH公式サイト
Baucafe
ピラティス&ボディワーカー Ark the Body
On The Way
Relaxation Room FINESSE
吉祥寺ボディワーク
ボディワーク雑記帳
シーベルズ大磯
火力 UP
body work lounge Libera
Green Room
プロフィール
名前:斎藤瑞穂 Mizuho Saito
職業:ボディワーカー
ウェブサイトURL:http://www.rolfingopenpath.com/
メールアドレス:openpath☆hotmail.com
RDF Site Summary
RSS 2.0
Tweets by mizuhosaito