2017年03月13日

アメリカは移民の国(何人?アメリカ人!)

『人種の坩堝アメリカ。様々な人種が複雑に混じり合うアメリカ人の顔写真 「The Changing Face of America」』
http://karapaia.com/archives/52160831.html

2000年から、アメリカ国勢調査における人種の選択肢が広がり、自らの人種を選ぶ項目をひとつ以上(複数)選ぶことが可能となったそうです。結果として700万人以上のアメリカ人が自分の人種を2種類あるいはそれ以上だと申告するに至りました。
ドイツのカメラマン、マーティン・ショーラー氏はアメリカ人に協力してもらい、自らのアイデンティティや国勢調査に何と回答したのかをたずね、「The Changing Face of America」という作品を仕上げました。

77bfc65a.jpg

この人たちは何人に見えますか?
そして自分たちのアイデンティティは何人であると答えたと思いますか?

アメリカは移民の国です。
日系人の親戚は自分たちを「アメリカ人」であると主張しますが、同時に日本人であると言います。
もしくは、日本人とドイツ人とメキシコ人の血が混じっているなどと詳しく説明します。
それだけ、「生まれた国」と「代々の故郷」は私たちの多くにとって大切で、家族の歴史と自分を作り上げている、欠かすことのできない、何か「たましい」に近いものなのだと思います。
どちらを取り上げられても自分の一部をちぎり取られるような悲しみと辛さを感じることでしょう。

移民に対するトランプ大統領の厳しい姿勢に対する国民の、激しい抵抗の理由がここにあるような気がします。
画像をじっくり見れば見るほど「アメリカ人」の混血の歴史と、人と人が出会うことの妙を感じます。

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
*******************************************************

posted by MSaito at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のこと

2017年02月21日

意識的であること(お金の話)

このレシートの数字をよーく、見てください。
これ、BOOKOFFで読まなくなった書籍を売った時のレシートです。
合計金額が1055円。

bookoff2.jpg

売上金額を見ると、百円代でうれている本はわずかに2冊だけ。
あとは10円代で、20円とか、中には5円も。
パッと見、売上金額が1000円を越しているようには見えませんよね。
でも、10円単位の金額を足していくと、確かに1000円を超えるのです。
売れた金額と、合計金額とを単純に比較してみると、ふた桁(三桁)違うんです。

昔の人なら「ちりも積もれば山となる」と言ったと思います。
わたし自身は「無意識に何かをするとその結果が思わぬことになるんだなあ」と思いました。

たった5円、20円がいつの間にか1000円になる・・・
アタマの中ではわかっていましたが、数字で見ると実感がわきます。
数字だから見えやすいですが、これが目に見えない「行動」だとしたら、自分が気づかないところで行動の結果はでているんですよね。

意図的に話して、動作をして、行動をしていったら、きっと毎日の質はぐんと良くなるんだろうなと思いました。
実行できるかどうかは自分次第です。

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
*******************************************************


posted by MSaito at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと

2017年02月08日

早起きは得にならない人もいる

週に3日は、帰宅が11時を過ぎます。
典型的な「遅寝遅起き」です。
夕食を食べてから最低3時間は眠らないようにしているので、就寝時間が2時近くになることもあります。
朝は7時半には起きるようにしていますが、前日遅かった次の日はさすがに起きるのがつらいです。
目覚ましが鳴って、目覚ましを止めて、さて動くかとなるまでに10分くらいかかることもあります。

通常は11時から仕事ですが、10時にはセミナーやトレーニングが開始となる日はいつもより早く起きます。
そうすると必ずといっていいほど、一日中頭痛に見舞われます。
運が悪いと頭痛が2日、3日と続きます。
顔のむくみも同様に続きます。
昔から「早起きは三文の得」というのにどうしてだろうと不思議に思って調べてみました。

以下、抜粋です。
「早起きで頭痛に悩まされているという場合、血液中に存在するコルチゾールと呼ばれるホルモンと大きな関係性があり、早く起きることによって分泌量が増えます。
コルチゾールは副腎皮質から分泌されているホルモンで、炎症や痛みを和らげ血糖値を上昇させるという働きがあるため、ストレスに上手く対処できるようになるのです。
しかし、一日中このレベルが高い状態を維持していると、自律神経の交感神経が優位になりすぎて、早起きによって頭痛や腹痛といった症状が見られるかもしれません。」「早起きのコツ」より

なるほど、コルチゾールかぁ。
交感神経が高まった状態が続いてしまうことで、頭痛が長引いているのかもしれないと思いました。
分泌系の原因と共に、身体構造系にも支障がでます。
頸椎の側屈が強くなり、胸椎の動きが悪くなる。頭蓋骨も変形します。
それは何とかできるとしても、早起きだけは苦手、年を追うごとに苦手度が高くなっている気がします。
参考までに、ストレスに効く市販のサプリについて書かれたサイトhttp://themeupgo.com/1766.html
早起きに効くサプリは見つかりませんでした。残念。

zutsuu.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
*******************************************************
posted by MSaito at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと
QRコード