2017年05月28日

女子大生のすてき過ぎるパフォーマンス♡

本日は久しぶりの日曜休日でした。
日本女子体育大学の体育祭を見てきました。
皆さん、可愛かったです!!

「過ぎてみて初めてわかることが多いのが人生だ」ということが、すこしずつ実感できてきました。
青春というのはこういうことだったんだなと、なんだか胸が熱くなりました。
あふれるパワーをダンスに昇華させたようなクラス対抗のパフォーマンスでした。

3.jpg

2.jpg

1.jpg

皆さんの未来に幸あれ!!
素敵なクラス演技をありがとうございました。
お知らせいただいたことにも感謝申し上げます。
また来年も拝見したいです。

*♡*♡斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内♡*♡*
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
*******************************************************

posted by MSaito at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと

2017年04月16日

甘さを感じるタンブラー、ひっそりと摂取される砂糖

『砂糖の過剰摂取を「聴く」ことで軽減させるタンブラー』というのがあるそうです。
実際にはタンブラーはどんなものでも良く、ある「音」を聞くことで甘さを実際よりも強く感じられるのだそうです。
「高周波(高音域)や、スローなテンポ、オープンコード」な音楽が、甘味に注意を向けさせることを発見し、上海のカフェ&クリエイターズスペースXINCAFEと、オックスフォード大学が共同で開発(作曲)したのが、このサウンドで、こちらのサイトでは、その「音」を使って実験ができます。
この音は『音の甘味料(Sonic Sweetener)』と名付けられ、砂糖の過剰摂取に対する注意喚起を目的としています。

もうひとつ、砂糖関連で気になるのがこちら。
【実験動画】スプーン40杯分の砂糖を、60日間食べ続けると体はどうなる?
『あまくない砂糖の話』
いわゆる「スイーツ」は一切食べない代わりに「低脂肪」「シリアル」など健康食をイメージさせる食べ物を食べ続けるとどうなるのか?
「スーパーサイズミー」の砂糖バージョンといったところでしょうか。



さきほど久しぶりにfacebookを覗いたら「今日食べたものが未来の自分の体をつくる」という投稿がありました。まったくそのとおり!
からだにとって不要なものを摂取するとしたら、それを自分で分かって納得して摂取したいですね。


****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
*******************************************************
posted by MSaito at 11:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のこと

2017年03月19日

自分の時間軸は創れるのだろうか?

ソマティカルトレーニングで、小川隆之氏が「相対性理論からとらえるボディワーク」についてお話しさせていただきました。
参加者の皆様の記憶に、うっすらながらも残っているかと思います(ここで詳細は割愛させていただきます)。
説明を聞いた後で、改めて実態のない「時間」という概念について考える機会を持ちました。

時間は生きていくうえでの共通認識で、生活を円滑に運ぶための約束事として浸透しています。
そして「時の流れ」というように連続して過去から未来へと直線的に動いているような印象が強いのではないでしょうか。
また時間の経過と共に変化が訪れるため、時間と変化は同意語のようにとらえられていると思います。

でも、時間とは継続的なものではない、というのが相対性理論的な考え方です。
小川氏のように上手に説明できないので、詳細はこちらでご覧ください。

時間は生き物すべてに平等の長さで発生しているわけではない。
だから「自分の時間軸を創る」ことができないかと画策している最中です。
受講生の方たちはご存じかと思いますが、ひとつは「時間を細かく割る」作業で、静止していると時間は動いているときよりも速くすぎてしまう理論を逆手にとれないかという挑戦です。
もう一つは現象学的エポケーで、先入観や頭の中の独り言を減らし、起こっている事象をそのまま受け流す。過去の時間軸の延長に自分を置かないようにという悪あがきです。

相対性理論的な時間軸で生きるのは、実質的な時間軸で構成されているこの世界ではかなり難しいでしょうから、密かな楽しみとしてポケーっと生きてみようかと思います(さむっ!!)

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
*******************************************************



urashima.jpg
posted by MSaito at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと
QRコード