2012年02月13日

幼児教育とボディワーク

「優位的運動においては、子どもが常に自分でやってみることがたいせつである。
それには強健・機敏・自信が必要である。たとえば狭い小道を通ったり、深淵に臨む絶壁や、ゆらゆらする第の上を歩いたりできる事が必要である

とカントが述べたのは、まぎれもない体性感覚が働いた上での巧みさについての記述である。
自ら感じたその感覚、運動を繊細に感じ分ける能力が体性感覚である。
位置感、運動感、抵抗感、重量感などは主観的に観察するほかなく、選手がどのくらいの重さを感じているのか、距離感を感じているのかは第三者的には推し量ることができないのである。



強制的な体育教育を導入する以前に、自ら感覚する行程の必然性と重要性が説かれるべきだと思うのですが、そうした考えは目新しいものでは決してなく、18世紀にはその萌芽がみられます。
今日の体育教育に関する知識はありませんが、小学生の子供を持つ母親から話を聞く限りでは、小学校の体育教育は画一的で順位にこだわる傾向にあるようです。
ソマティクスプラクティスの拡張のひとつとして、幼児教育の見直しと充実があるのではないかと思う今日この頃です。

最近、ソマティクスとトラウマワークとを混同している方たちがいらっしゃるようです。名称はさておき、サイコセラピーを日本で(正統に)行うためには臨床心理士の資格が必要な場合もあります。外来のセラピーを安易に取り入れることの不安と、外来のセラピーに対する無防備な受け入れ態勢に疑問を持たざるを得ません。
サイコセラピーをボディワーク/ロルフィングに取り入れられるとは思いませんが(そうした場合、それはボディサイコセラピーなのでしょうか、ボディワークなのでしょうか?)それでも敢えて取り入れる場合はいかなる接点においてなのか、とても興味があります。


イマヌエル・カント『カント全集』第十六巻「教育学、小論集、遺稿集」尾渡達雄訳 (思想社、1966年) p50


2月26日(日)オープンパス認定ボディワーカー養成トレーニングのデモンストレーションを行います。デモンストレーション見学希望の方、トレーニング資料をご希望の方、お申込みははこちらでお願いいたします。

posted by MSaito at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク

2012年02月08日

ボディワーク/ロルフィングと科学

ボディワークは科学ではない。
科学と科学以外の物を区別することを命題とし、それを「境界設定問題」としたカール・R・ポパーの説に従うのならば、ボディワークは「疑似科学」に分類されるだろう。
反復が不可能であるものは科学の枠から取り外されてしまうからである。

研究対象を身体とする場合、反証可能性の証明は非常に困難である。
生理学としての身体であれば、運動の反復と血中の尿素や乳酸などから疲労の度合いを計算することができるだろう。だが、これは身体に関わっての「生理学」研究であり、本論で問題とする身体そのものの研究とも、身体運動の研究とも異なる。
同じ人間に一定の条件下で反復運動を行わせるような単純な研究であっても、その日の体調やモチベーションなどで出てくる結果は違う。

もっとも困難な計測は、体感である。
個人個人が同様に内的感覚を経験しているかは測定不可能であり、昨日の動作が今日の動作と同様であったかどうかはまた計測不可能である。
運動するその身体が違いを経験するのである※。
パフォーマンスやスコア、秒数としてそれが現れる事もあるが、それは純粋な結果ではなく、なんらかの要素が加わった結果かも知れない。
しかしながらポパーはそうした似非科学を否定しなかった。
カルナップをはじめとする理論実証主義のドイツ学派は「命題の意味は、その検証の方法である」とする意味の検証原理を採用したが、ポパーはこれに反し、疑似科学の言明も理解可能であるとした。

ポパーが疑似科学としたフロイトの精神分析のように、命題の意味がその検証方法とはならないような療法は存在し、治療効果も実証されている。
ボディワークも同様に命題がそのまま検証法とはならない。ただし、ボディワークは命題それ自体の見直しが必要とされているのだが、それは章を別にして論じたいと思う。※観察者は「体験」しない。

485_13315_photost.jpgphoto by:MASATA(photost.jp)


2月26日(日)オープンパス認定ボディワーカー養成トレーニングのデモンストレーションを行います。詳細はこちらで。
posted by MSaito at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク

2012年02月01日

ソマティカルワーカー養成トレーニング テキスト

ronbun.jpg

オープンパス認定ソマティカルワーカー養成トレーニングに向けてのテキストを書き始めました。
そのうち、そのうち、と言いながら、なかなかエンジンがかかりませんでした。
昨年2010年7月に提出した修士論文が下地になれば、と読み直しています。
題目は『身体表現者のための身体内感援用法』で、副題が『ソマティクスの再定義と拡張』です。
「内観」ではなく「内感」としたのはいわゆる瞑想法のように静止した状態で「観察」することを意図したくなかったからで、動作においての感覚(キネシス)を強調する意味を持たせました。
また、オートポイエーシス理論(理論ではない、とお叱りを受けそうですが)の河本英夫先生の影響も大いにありました。
東洋大学の教授である河本先生は立教大学でオートポイエーシスの講義を行っており、その理論の不可解さにも関わらず(だからこそ、とも言えそうですが)魅了され、たばこ休憩中の教授にあれやこれやと不躾な質問をしましたが、思えばあの時間はとても貴重で楽しいひと時でした。

昨年3月に行った「ティーチャーズインテンシブ」セミナーの内容にも手を加えたいと考えています。

ソマティクス(言葉で動きを誘導し、動きを洗練させたり無駄な動きを省いたりする身体操作)に興味をお持ちの方たちに、ソマティクスの面白さをお伝えできるような内容のテキストにするにはどうしたらいいのか、手探りながらもこれまでの経験や学びを通じて知ったことなどを言葉にしています。
グループでの誘導や個人セッションなど、状況に応じてセッションを構成できるような資料をがんばって作ろうと思います。

2012年4月7日スタートのオープンパス認定パルペーショントレーニング修了者の方で、一定の条件を満たしていれば、どなたでも「オープンパス認定ソマティカルワーカー養成トレーニング」にご参加いただけます。
開催は2012年の冬、もしくは2013年初旬を予定しています。

オープンパス認定パルペーショントレーニングの詳細を記載した資料が完成しました。
資料請求用フォームはこちらです。http://openpath.sakura.ne.jp/form
即日資料を発送させていただきます。
ご参加をお待ちしております。
posted by MSaito at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク
QRコード