2012年07月12日

可塑性と学習

神経システムには自己組織化する能力があり、これを「可塑性(neural plasticity)」と言うが、身体表現者やアスリートが思うような動きを手に入れるためには、慣れない動きを通じて新たな動きを「学習」することによりニューラルネットワークを形成しなくてはならないのである。
神経システムには生得的なものと学習によるものがあるが、巧緻運動(巧緻運動の説明)は学習により形成されるため、ニューロンのシナプスの可塑性を高め、情報が通りやすい状態を作り上げるのである。
運動身体学的見地から言葉の誘導の意図を探るのならば、言葉の働きかけを援用して身体意識に働きかけを行っているからである。

クライアントの身体図式の変化に大きく貢献するのは体性感覚受容器の中でも固有覚として分類される、筋や腱に存在する受容器である。
とりわけ筋紡錘への刺激(触れる、触れないに関わらず運動を起こさせることによる刺激)が局所的であっても、運動により生起された変化は身体全体に影響を及ぼす。
右手に重いと感じる程度のかばんを持っていることを想定してほしい。
まずは、右手が地面に向かって惹かれるように感じるだろう。
筋紡錘が一番感じやすいのは伸長(伸び)である。
そして、重さに伴って(筋紡錘への刺激)全体のバランスを取るように身体全体が左への重心移動をし、身体の中心を保つことからも、刺激の影響の大きさがうかがえるだろう。
もちろん、視覚や前庭感覚(脳内のバランスを司る器官)も変化に関与しているが、いずれも後述する身体図式の変化と密接に関わっている。


身体表現者のための身体内感援用法』より


理学療法士のクライアントさんとの会話で可塑性についての話題が出たことから、再び脳の働きについて考えさせられました。
継続的に勉強していく必要を痛感しました。

msc.jpg
posted by MSaito at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク

2012年06月25日

動作の改善・習得

 動作を改善することは、その動作を支配する神経回路を組み換えることです。通常、改善の対象となるのは習慣的な動作であり、そのような動作ほど神経支配が確立されているため、変化を起こすことが容易ではありません。

 習慣的な動作を改善するときには、筋感覚的運動イメージ(kinesthetic motor imagery)を用いると有効です。それは筋感覚を伴った動作遂行のイメージです。要するに、動いている自分を内側から、つまり主体的にイメージすることです。

 また筋感覚的運動イメージは、習慣的な動作の改善だけではなく、新たに複雑な動作を習得するときに用いても有効です。動作の複雑度が高く、そのイメージが上手く描けない場合には、動作を単純な要素に分解するとよいでしょう。

『これがボディワークだ 進化するロルフィング』p128 日本評論社

book2.jpg
posted by MSaito at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク

2012年06月08日

ボディワークと子どもの発達

最近、子供の発達に関する書籍を読んでいます。
ソマティクスを考えるうえで参考にしたい言葉を、覚え書きとして…。

「Piageは、刺激と反応は循環しているということを強調した。多くの刺激がある環境の中では、より頻繁に、かつ、さまざまな方法で反応し、自分自身に対し多量で変化に富んだ刺激がつくられることになる」
A.Jean Ayres

「…この年齢には、神経中枢の成熟によって、大脳皮質の感覚諸領域や運動諸領域のあいだに結合ができてきます。ですから手の模索活動は、それでもってやりうることがすべてやれます。しかし、それでは十分ではありません。手の模索活動は、手の届く範囲の近空間(l'espace proche)を超えることが無いのです。ですから、この段階に優勢を占める感覚運動的活動(l'activite sensori-motrice)は歩行(marche)と言葉(parole)という、一歳台にはじまるふたつの活動によって、延長されなければならないのです。」浜田寿美男



baby.jpg
posted by MSaito at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク
QRコード