2016年03月26日

ソマティクス―概要とテクニック

しばらくブログが更新できていませんでした。
ボディワーク関連のカテゴリーで情報がアップできていなかったので、今回は、先週行われたよみうりカルチャー恵比寿での「気軽にできるボディワーク」講座から、ボディワークの核となる「ソマティクス」という概念とテクニックについて書いてみようと思います。

前半の講義の部分では、身体を表す言葉をいくつか挙げて、そのニュアンスの違いを説明しつつソマティクスの語源となっている「ソーマ」に対するイメージを膨らませていただきました。
body 外殻
fresh 生々しい(生き生きとした)肉体
meat 食肉
kinesis 物体の動き
amatomy (魂を持たない)身体の解剖体
soma 精神、感情、感覚を含む身体。

私がアメリカに住んでいたとき、ちょうど「北斗の拳」というアニメが流行っていて、「オマエはすでに死んでいる」というお馴染みのセリフは「you are dead meat」と訳されていました。ここには人間としての尊厳を持たないそれ以下の肉体としての意味合いが含まれている事を考えると、なるほどと後ほど関心しました。

さて、somaは「全人的な身体」と考えることができると思います。
パーツの寄せ集めでは再現できない、その人を構成する大きなくくりによって出来上がっている身体、それこそがsomaだと定義できます。それゆえ唯一無二であり、血の通った身体であり、それまでの経験により形成された身体だと言い換えることもできます。

このsomaを扱うテクニックこそがボディワークであり、他の身体を扱うテクニックと一線を画している大切な部分でもあります。
ソマティカルワークは概念的には「全人的に個人を扱うワーク」ですが、テクニックは当然ながら身体に働きかけるものとなります。
心理面のみに働きかけるのであれば、それは「全人的な」ワークとは言えず、過去にこだわるのであればそれは現在を生きる身体を置き去りにすることになります。ひたすら感覚をするだけでは脳の回路に変化は起こらず新しい身体への探求の道は閉ざされます。

ですから、ソマティカルワークは感覚と動きを中心に据えたワークでなくてはならないのです。

具体的なテクニックについては、オープンパスの「ソマティカルワーカー養成トレーニング」でのみしかお伝えできませんが、簡易なテクニックはカルチャー講座でもお伝えしています。
オープンパスのメイン講師である小川隆之がその様子を動画で撮影していましたので、興味をお持ちいただけましたら参考にしていただけましたら幸いです。
私自身は動画に撮られるのがとても苦手で公開されるのも遠慮したいというのが本音です。
滑舌の悪さや言葉がスムースに出ない場面などはどうぞご容赦ください。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オープンパス パルペーションインテンシブセミナー次回は<3月27日/日曜日です>
時間枠:10:00−13:00 14:00−17:00 各3時間
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
毎回のカリキュラムはこちらをご覧ください。http://baucafe.sblo.jp/article/172739339.html
オープンパストレーニング公式サイト http://openpathmethod.com
斎藤瑞穂の個人セッションのサイト http://www.rolfingopenpath.com/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



posted by MSaito at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク

2014年06月08日

似て異なる/学び/中空

似て異なることは山ほどあるのに、異なるところを理解しようとする人は少ないように思います。
確かに、新しい事は既存の事をベースとして生まれますが、全く同じものは生まれないはずです。

全く新しいものが生まれる時、それはそれで慎重に対処するべきかもしれません。
というのは、そうした「従来にないもの」はいわゆる「啓示的」にある一人のひと(または志を同じくするグループに)突然に脈絡なく舞い降りるものだからです。
それはどこからもたらされたものなのか。
多くの場合、それは目に見えない存在からもたらされたものとして世に広められます。

新しいものを提供する側は、その新しさを周囲に知らしめる方法と技量を合わせ持つ必要があります。
単に目先を変えたり、技術提供の方法を変えたりする程度では「新しさ」にはなりえません。
それがどういうレベル(層、深さ、細部、段階)で従来のものと違うのか。
その違いが技術をどう変化させているのか。
技術による結果は、実質上、どれほどの恩恵をもたらすのか。
こうしたことを総合的に体現的に示すことができて初めて、新たなメソッドとして提供できるのだと思います。

一生を通じて自分は学ぶ立場であると感じているのですが、数年前に再び学生として学びの場に戻った時に「理解が浅いほど表面的な理解を求める」傾向が強まることに気づきました。
自分にとって理解しやすいキーワードに飛びつき、とにかくそのキーワードに関連することでなおかつ自分の理解が及ぶことを、次から次へと求めました。
時間がたっぷりとあった学生時代であれば、試行錯誤しつつ学ぶことが本業の学生に適した学習法であったのだろうと思いますが、社会人学生であった私にとっては好ましくない学習法でした。

まがいなりにも伝える立場に立つことがある今、すでに見知ったことに執着してしまう大人、あちらへこちらへと興味や嗜好が移り変わる大人と接するたびに「違いを理解すること」と「掘り下げること」への大切さをどうやって伝えたらいいのかと悩みます。

掘り下げていけば自然と枝葉が生まれてくること、自らを空洞にすること、そう考えていて、なるほど何事も中空が良いのかもと宗教的な考え方にたどり着いてしまいました。
偉そうなことは一切言えず、私自身が右に左にと大きく揺れている状態であることに間違いはありません。
オチの無いブログとなってしまいましたが、これはこれで良しとしてアップします。


bamboo.jpg

================================================
7月13日(日曜日)パルペーション公開セッションを行います。
詳細はこちらでご確認ください。
=================================================



posted by MSaito at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ボディワーク

2013年10月11日

視覚と不快感

利き眼が右で、左目でみようとしても焦点が合わず、薄ぼんやりとしていました。

視界が狭くなるように感じるし、重いようにも感じるのでかけるのが面倒でほったらかしにしていたメガネをかけてみました。
左目も利き眼に追いつくかのように働き始めました。
左目の機能が上がるに従って、老眼的な症状が現れてきました。

生きているものは全て年をとっていくものなので老眼は気になりませんでしたが、それよりも利き眼を働かせることと、頚椎症、顎関節症が緩和していくことに驚きました。

人体実験的に研究を進めたいと思います。

eye-glasses.jpg

=============================お知らせ===========================
第八期オープンパスパルペーショントレーニングは2013年11月3日スタートです。
詳細はこちらをご覧下さい。
資料の取り寄せはこちらからお願いいたします。
申し込み締切は10月24日です。皆様のご参加を楽しみにお待ちしております。===============================================================
posted by MSaito at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク
QRコード