2019年07月10日

機能している身体を知る=ボディワーク

先日、(一社)オープンパスメソッド協会 代表理事の小川隆之氏が なかなか良いブログを書いていたので、それについて補足のブログを書こうと思います

知覚.jpg小川隆之のブログ

オープンパスが前面に出している技術には、昨今では @触察セミナー A筋膜リリース コツのコツ Bボディワーク入門がありますが、正直なところ、伝えたいのは『ボディワーク』そのものです。

『ボディワーク』は、身体学の範囲にありつつ、認知心理学をベースとした考え方です。
ものすごく簡易に表すと 脳の可塑性/身体運動/自己認識/記憶 がテーマです
(まだ複雑ですか??)

もっと平たく言うと、自分として認識している”からだ”について、突き詰めて考えていくという試みでもあります。
AI機能が発達するにしたがい、自己と見做される範囲が拡大され始めました。
AI機器を使う事で自己がどこまでリーチしていけるのか(iphoneというデバイスを使って実際に世界の裏側にいる人々と交流ができることが当たり前となり、その先の可能性も、今の私たちの想像を超えるだろうと思われます)、現時点での常識や、想像の範囲を超える可能性に驚いているのです。
自己を延長したその先にあり、バーチャルでありつつも”自己”として存在する「個」についても、身体学は掘り下げる必要があると思います。

これこそが、オープンパスが扱うボディワーク=身体学ですので、従来のイメージでとらえられてきた手技療法で得られる安堵感、スピリチュアルレッスンで得られる自己肯定感、リラクゼーションで得られる心地よさ、内観法で得られる自己認識的なボディワークとは、まったく異なる理論(メタ理論)の礎として、思想と技術、技法を展開していることをご理解いただけるかと思います。

身体学は、自己とは何かを突き詰めます
深淵にたどり着くための方法、手法として、心理学、心理療法、認知科学、解剖学、生理学、医学、神秘学、倫理、ジェンダー論などなど、などなど、数えきれない試みがなされてきました。
その中でもボディワークは「機能している自己について、身体を通じて理解を深める」ことを追求することで、「ヒトとはなにか」を突き詰める学問として永遠に問いを発し続けているのです。

長ったらしくなりましたが、そうした事柄が凝縮された技法を「ボディワーク」と呼びます。
手技療法ではありません。リラクゼーションでもありません。
ましてや心理療法でもありません。

それを本気で主張しつづけなければ、ボディワークは衰退の道をたどると思います。
商売をしていく上でキャッチーだとか、言葉の響きの良さや、目新しさが好ましいとか、そうした金銭や知名度を意識した方たちが、ボディワークとは異なる技法をボディーワークと表現していることは承知しています。
片手間にボディワークを、などという働きもあるようですが、ボディワークは技術職です。
認定を得たのちすぐにお金をいただけるような、単純でマニュアル的は施術でないことは、オープンパスメソッドレジスタードマークボディワーカーの方ならばご存知だと思います。
数をこなすことでやっと施術のスタート時点となることについて、多くの技術者の方の賛同を得ることができきています。

くどくどとお話してしまいました、こんなことについてじっくりと話し合える日を設けなくてはいけないなと切実に感じる今日この頃です。


***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

posted by MSaito at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク

2017年06月05日

ボディワークは身体学である(オイリュトミストの稽古日記)

オープンパスメソッド(R)ボディワーカーの方々は、それぞれに専門分野をもって活躍しています。
その中のお一人に、オイリュトミストの佐渡島明浩さんがいらっしゃいます。

オイリュトミーとは(wikiより)
オイリュトミー(Eurythmy)とは、オーストリアの神秘思想家、教育家であるルドルフ・シュタイナーによって新しく創造された運動を主体とする芸術である。ある種の舞踊ないし総合芸術、パフォーミング・アーツであるとも言われる。ギリシア語のευ(eu:美しい)、ρυθμός(rythmos:リズム)から名付けられた。まれに、英語読みの「ユーリズミー」と呼ばれることもある。意識と身体のギャップを埋め、言葉または音楽の力を全身の動きに変換し、内臓(ミクロコスモス)を動かすエネルギー、惑星(マクロコスモス)を動かすエネルギーを関連付ける。 また、言葉または音楽の持つエネルギーを身体表現によって具象化する。 子音や母音には、一つずつ動きが定められており、子音の動きと母音の動きを組み合わせることで、言語を立体的に表現することを可能としている。

芸術に対する佐渡島さんの、寡黙でいてなお燃えるような情熱は、佐渡島さんしか醸し出すことが出来ない独特の佇まいとリズムとに(ご本人の意思とは関係なく)立ち現われていました。

トレーニングが終了してからはなかなかお目にかかる機会もないのですが、先日「バイモーダルニューロン」に関する情報をweb上で探していたら、驚くことに佐渡島さんのブログがヒットしました。
『日々気づくこと―佐渡島明浩のブログです。』

一読してみて、このブログが解剖学の専門科でも治療家でもない、オイリュトミストの文章であることに驚かされます。
佐渡島さんの身体に関する洞察の深さ。
身体表現と、身体感覚に対する留まることのない気づきが克明に記されているこのブログは、身体の専門科であっても脱帽せざるを得ないほど緻密な観察日記になっていることを、ご自身で確かめてみてください。
2016年4月10日の日記
http://blog.livedoor.jp/sadoshima1980/archives/58136377.html
2015年11月30日の日記
http://blog.livedoor.jp/sadoshima1980/archives/2015-11.html
2015年8月25日
http://blog.livedoor.jp/sadoshima1980/archives/2015-08.html

如何でしょうか?
何かを突き詰めるという時の態度というものを教えられた気がします。

傍から見ると「教える立場」だとしても、こうした方々の前において、私は全くの無知です。
それを十分に知りつつ、その場その場で自分の立場をわきまえながらも専門性を高めていく、これが私の任務なのだと思います。
今日はお休みながらも、なんだか佐渡島さんに触発されてブログの更新をしてしまいました。
これをアップしたら、残された月曜日を本でも読みながら過ごそうと思います。

オイリュトミー.jpg

ティーチャーズインテンシブ「先生なら知っておきたいうごきと脳神経系のこと」★
定員6名です。


****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
*******************************************************

posted by MSaito at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク

2016年04月11日

単なる健康法を超えて身体をとらえるために。

・・・「この触感的な物の存在は、視覚的に空間内に配置される存在とは別様である。空間的に見たとき、物のかさばりとして感じられるのが、触覚的に在ることの境界である。空間的な輪郭を描いて、それに不可するようにものに量感をもたせるのではない。むしろ逆に、触覚的な量感そのものに触れるように、かたちを取り出すのである。このときかたちには、微細さやキメの細かさではなく、ある種の反発する力強さと弾力が前景に出る。物が触覚的にあることに届かせようとすると、物のもつ内圧、身体のもつ内圧のようなものが出現する。身体はみずからこのない且つを感じる内感でもある。こうしたな内感に届かせようとすると、色にもデッサンにも固有の工夫が必要となる。マティスはこうした触覚性の物の輪郭に迫ろうとしている。

・・・「この構成には、現実の物と作品が離れすぐてはならず、近すぎてもいけないような微妙な均衡点があるに違いない。しかもその均衡点は、一つには決まらない。その均衡点をかたちと色から探り当てるところが、それぞれの作家の才能であり、資質である。かたちにイメージをつうじた変形可能性を導入してしまうと、かたちの任意性に応じて、セント色の分離が起こる。たとえば線を一本引けば、この線がかたちを作り出すなら光との関係で内、外の関係が出現し、光と影の関係で色合いに違いが生じる。物が光の中にあるということの否応の無さが色の違いとして出現する。しかしかたちの任意性は、こうした線と色の分離をもたらしてしまう。この分離をマティスは、色の配置として再度別様に活用することになる。」

『<わたし>の哲学』 河本英夫著 角川選書

cubism.jpg

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オープンパス パルペーションインテンシブセミナー次回は<4月17日(日曜日)です>
時間枠:10:00−13:00 14:00−17:00 各3時間
会場:オープンパス・オフィス(東京都新宿区西新宿4−32−4)
講師:小川隆之、斎藤瑞穂
毎回のカリキュラムはこちらをご覧ください。http://baucafe.sblo.jp/article/172739339.html
オープンパストレーニング公式サイト http://openpathmethod.com
斎藤瑞穂の個人セッションのサイトhttp://www.rolfingopenpath.com/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
posted by MSaito at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク
QRコード