2020年07月09日

クラニオワーク勉強会開催しました

7月度の勉強会のテーマは、6月に引き続き「クラニオワーク勉強会」でした。

ベースになるのはクラニオセイクラルセラピーのテクニックですが、解剖学的、生理学的に精確なテクニックにするとしたら?という疑問点にも着目してみました。
例えば、筋膜の考え方にしても、クラニオセイクラルセラピーが創始された50年前と現在では大きく異なっています。
参加者の方からご質問をいただいたことをきっかけに、クラニオリズムのSQARを確認しつつハンドポジションを練習する流れになりました。

慣れてしまえばクラニオリズムを感じるのはそれほど難しくないのですが、頭蓋のマニュピレーションはなかなか困難です。
受け手側はわずかな変化でも体感できるのが不思議ですが、それもこのテクニックの魅力だと思います。

7月も、クラニオワーク勉強会を行う予定で資料を作成中です。
次回は、今回は演習できなかったハンドポジションと、クラニオワークに関連する神経についての考察など入れる予定です。

2.jpg

1.jpg


***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187679348
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
QRコード