2019年06月27日

無料触察セミナーご案内とその理由

改めて、無料触察セミナーのお知らせです。
7月の日曜日および水曜夜間に1時間半の触察セミナーを行います。

その理由をお話します。

西洋的アプローチの施術をしている方とお話する機会がありました。
「触察セミナーを行っています」と話すと、「筋肉を触り分けられたら、どういうメリットがあるなんですか?」という質問をされました。

正直に言います。衝撃でした。

東洋的な施術法は、経絡や関節技など、解剖学とは異なる考え方に基づいて施術を行うので、もしかしたら解剖学や触察などは必要ないのかもしれません。
でも、西洋的な治療法を行っているのであれば、解剖学がベースにあるはずなのです。
触察ということば(触診も知らなかった)すら知らないとのことでした。
「筋肉について知らずに、どうやって施術をするんですか?」と聞きたかったのですが、聞けずじまいでした。

それならば、まずは触察の力を知ってもらおう、そう思いました。
無料にするには何か理由が必要だと考えたので、「カリキュラムが変更になるので」という説明を考えましたが、なんだかすっきりしません。
だから、正直に無料にした理由をお話したいと思います。

【触察ができて当たり前という意識が、からだ業界で定着していないようです。触察が施術に幅と精確さをもたらすこと知って欲しいので、無料セミナーを行います】

130筋以上を触れる「触察マスター」的な人を、増やしたいと思います。
そして、触察のすばらしさを広めてほしいと思います。
そのためのセミナーであり、またオープンパス独自の触察法を知ってもらうためのセミナーでもあります

ご参加無料ですが、ひとつお約束をお願いいたします。
腕試しの方、最初から批判的な方のご参加は、他の参加者のご迷惑となりますので、ご遠慮ください。
ルールはそれだけです。

日程:6月30日、7月7日(日)
   7月3日(水)、7月10日(水)
コンテンツ:〇なぜ触察は難しいのか 〇触察のコツ 〇触察練習(筋肉を触り分けてみよう!)
日曜日/12:00−13:30 水曜日/18:00−19:30
申し込み締め切り/それぞれ1週間前
申し込みはぺらいちからお願いいたします。⇩画像をクリック!
openpathぺらいち.jpg


皆様のご参加をお待ちしております。

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
posted by MSaito at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186195955
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
QRコード