2018年10月08日

フェイシャル施術の可能性

昨日まで20歳だったのに、いつの間にか妙齢になっていました。
しわやたるみなどが気になる年齢です。

気持ちに余裕があるときは、セルフでフェイシャル筋膜リリースを試しています。
表情筋って、硬くなるんですねー。
大切な会合前には、セルフリリースをします。
表情筋は皮膚に付着している筋肉なので、最新の注意を払ってリリースします。
セルフリリースをする時には、リリースする側でありつつ、高い比率でリリースされる側になっているので、客観的に快不快や、効果などもリリースしながら観察しています。

リリースの効果ですが、なんと、驚くことにしわが消えるのです。
永遠に消えるとは言いません。でも、1週間から10日間はその効果が持続します。
筋膜は、熱・圧・時間の要素で変化するので、そのポイントを捉え、筋膜の走行なども考慮しながらリリースします。
安全に見た目が変わります。

変化を何か月も持続させたいと考えるのであれば、
〇全身の筋膜や、頭蓋の縫合などを整えたうえでフェイシャルのセッションを受ける
〇美容皮膚科で熱を利用したフェイシャルケアを受ける
このどちらかだと思います。

コストパフォーマンスの面ではどちらも変わらないかも。
速攻性および持続的効果の面では熱を加える施術(美容皮膚科)の方に軍配が上がるかと思います。

カミングアウトしてしまいます。
もう数年前になりますが、モニターとして耐えられないくらい熱い美容皮膚科の施術を受け、顔に少々のやけどもおって、それでもリフトアップ効果を感じる施術を受けたことがあります。
1時間弱の施術時間で、数か月続く効果がありました。
あの不快感とやけどの後遺症を思い出すと「筋膜にアプローチする施術の方が安心、安全」と思ってしまいます。

その方それぞれの価値観ですし、今では熱治療に使っている機械の性能もかなり良くなっていると思いますので、これはあくまで私個人の経験です。
痛みも興味もなく、穏やかに安らかな顔つきをご希望の方!
是非セッションへのお申込みもご検討ください。

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売中です。
https://goo.gl/qHRsbd 

*******************セミナーのご案内*********************
【長野セミナー】
2019年1月12日(土曜日)および1月13日(日曜日)

1月12日(土曜日)
<無料セミナー>9:30−10:30 触察(パルペーション)基礎セミナー
※触察に必要なコツを凝縮してお伝えします
<無料セミナー>10:45−11:45 筋膜リリース 基礎セミナー
※セミナーに先駆けて、筋膜の触察の復習と、簡単なリリース練習を行います。
<パルペーションセミナー(通常セミナー)> 13:00−16:55
触察部位は参加者の方たちのリクエストから選択します。
参加費用:10000円(税込み10800円)
大腰筋、腓腹筋、ヒラメ筋、上腕二頭筋など、触察してみたい筋肉を申し込みフォームに記入してください(複数可)

1月13日(日曜日)
筋膜リリース コツのコツセミナー(通常セミナー) 9:30−16:30
筋膜リリースの基礎を復習し、第一日で触察した筋肉や、職業別にすぐに役立ちそうな筋肉のリリースを練習します。
参加費用:20000円(税込み21600円)

※締め切りは10月18日です。残り9日です!!早めのお申込みをお待ちしております。


詳細、締め切り、申し込みはこちらで http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/184451321.html
submit-or200.png

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
posted by MSaito at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184632418
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
QRコード