2018年07月26日

オープンパスが考える「健康」の定義

第一回目の「ファシャワーカー養成トレーニング」は申し訳ないことにお休みをいただいてしまいました。

セミナーの度に毎回アップデートする資料、今回は健康の定義について、美の定義についての見直しを行いました。

先日、本当に腹が立つ出来事がありました。
タイヘンに怪しい、自称「プロデューサー」から一緒に仕事をしたい旨のメールがあり、あまりの怪しさに事務所(ヤツの本拠地)を訪問して化けの皮を引っ剥がしてやろうと乗り込みました。
案の定、メールの内容はうそっぱちだらけ。
(大体において、誰かに仕事を依頼するのに、相手の経歴も肩書も知らずに自分の過去の栄光をひけらかしてのビッグマウスはどうかと思う)
そして、この御仁が思い描く健康法というのが、巷にあふれかえる「カンタン、すぐに効果が出る、努力なし!」という安物の類いでした。
10年以上に流行った健康法をあげつらって「どうよ」とご満悦、老害とは果たしてこういうことかと鼻先で笑ってオフィスに戻りました。
…感じ悪いですよね、今日のわたし。失礼な相手にも礼を尽くそうとは思いますが、一線を越えたと思ったら遠慮なく毒を吐きます。

ということで、オープンパスが考える健康と美についての定義を共有したいと思ったのです。
最低限の約束事がないと「オープンパスメソッド(R)」が成り立ちません。

<健康の定義/日本大百科全書(ニッポニカ)の解説>※オープンパスメソッド的健康観 
個人においては、日常生活を送るために必要な最低限度の身体と精神の両面の条件が十分に満たされている状態をさす概念である。身体面においては、重い疾病にかかっている場合は明らかに健康とはいえないし、日常生活において、疾病の治療等のためになんらかの配慮が必要の場合は健康とはいいがたい。しかし反面、明らかに疾患があっても、生活を変えなければならない状態でなければ健康といえるし、身体に障害がある場合でも、恒常性の維持がその状態で保たれていれば健康といえる。精神面においても、身体面と同様に、日常生活を送るうえで特別な配慮を必要とする場合は健康であるとはいえない。しかし、個人がある社会において社会生活を営むうえで、その社会にうまく適応していける場合は健康といえるわけである。

対してWHOの健康の定義は以下です。
<健康の定義/ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典>
世界保健機関 WHOの憲章では,「健康とはただ疾病や傷害がないだけでなく,肉体的,精神的ならびに社会的に完全に快適な状態であること」と定義されている。個人の健康条件としては次のようなことがあげられる。疾病のないこと,食欲が十分あり便通がよいこと,元気がよく疲れにくいこと,睡眠が十分とれること,抵抗力があり病気にかかりにくいこと,姿勢がよく身体の調和がとれていること

人間は社会の中で生きていくことを念頭に置きつつも、個人の健康は社会に定められるべきものではなく、むしろ個人の価値観において定められる、というのが日本大百科全書の健康の定義です。
クライアントセンタードであるオープンパスメソッド(R)は、クライアントの主訴をとても大切に考えますが、この考えが日本大百科全書の健康の定義と齟齬なくかみ合います。

誰が何と言おうと、社会にうまく適応していれば(他人様に迷惑をかけなければ)自己責任で楽しく生きていくのが健康なんや(なぜ関西弁?)、そんな強気な姿勢で前進していきたいと思う本日でした。

5874592673_acde49d2c1.jpg

※2018年パルペーション夜間クラス参加者募集中<9月スタート>※(申込書が届き始めています)
日程はこちらのブログをご参照ください。
内容(対象筋)については、こちらをご覧ください。

ご興味をお持ちいただけましたら、http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.phpに必要事項をご記入の上、資料請求をしていただけますようお願いいたします。
締め切りは、8月25日を予定しております。
最低結構人数は6名、参加上限は10名様になります。
皆さまのご参加をお待ちしております!!

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184004524
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
QRコード