2018年06月11日

第二回『筋膜リリースコツのコツ』

先日の『筋膜リリースコツのコツ』、テーマは圧の使い分けでした。
オープンパス主催の「ファシャワーカー養成トレーニング」を7月に控えているので、無意識にトレーニングでお伝えするような詳しい内容になってしまいました。

講義は小川氏で、浅筋膜の新たな情報と、科学的情報とリリースモデルについての説明でした。
実践練習として、圧の使い分けだけを演習する予定でしたが
〇第二圧を使った拘縮のみつけかたとリリースの仕方
〇第一圧と第二圧をセッションに応用する方法(+体性感覚を用いる方法 参考:位置No.597)
までお伝えしてしまいました。
リリースも圧のみを使う方法で、リリースによって指が沈んでいく感覚を実感していただきました。
大サービスですが、「出し惜しみしない」がオープンパスのモットーなので良しとしたいと思います。

第三回目は6月21日です。
現時点では、10名様のお申込みをいただいており、満員御礼です。
テーマは触察と筋膜リリースを利用した「ポジショニングの作り方」(深部筋膜リリースに先駆けて)を予定しています。

今回は、終了後の知恵熱はありませんでした(前回は、終了後に39.2度の熱を出しました。原因不明です)。

ミルフィーユ.jpg
お土産を頂戴しました。リンゴのカスタードが入ったミルフィーユです。
丸山さん、ありがとうございました!


「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

posted by MSaito at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183508475
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
QRコード