2022年06月15日

「ひもとく」読書月間

先日(6月12日)、無事に第三回目の「背中と腰の不快感攻略セミナー」を終えました。
今回は正真正銘、初だしのテクニックをお伝えするという心構えがあったので、数週間を緊張のうちに過ごしました。
準備期間となったこの期間は仕事に集中しようと、したかったことを控え、読書したい欲望をなだめつつ過ごしました。

メイン講師として担当するセミナーが終了した6月13日からは思う存分に好きな本をむさぼり読もうと決め、若い頃に流し読みしてしまった本、好きだった作家の未読の作品、初めて手にする本などのリストを作り、図書館にリクエストしたり、借りられなかったものは購入したりして準備を整えました。
一昨日からは晴れて、一カ月間の読書月間となりました。

読書は何物にも代えがたい経験です。
日本語に「ひもとく」という言葉がありますが、それには二つの意味があります。

ひとつは
繙く(ひもとく)
「書物の帙(チツ)の紐を開いて読むこと」「書物の知識に触れること」という意味があります。
現代は「繙く」の意味でも「書物の知識に触れること」という意味だけではなく、「真実を明らかにする」「疑問を解明する」という意味でも使われています。

もうひとつは
紐解く(ひもとく)
「衣服の紐を解くこと」という意味があり、特に下紐をほどくことを意味しています。辞書では「つぼみが開くこと」という意味でも記載されています。
下着となる衣服の紐を緩めるという意味で、男女の交わりを表しもします。

良質の書物は、このふたつの「ひもとき」を同時に適えてくれます。

若かりし頃に読んだ書籍のひとつを今日再び手にし、勢いに任せて目を走らせただけの箇所を、今度はゆっくりと、自らに重ねて読むとき。
このふたつのひもときが同時に行われます。

「自分」という自ら創り上げた幻想を捨て、みっともなく恥ずかしく悲しい部分を含め認められるようになった人生のこの時期に読書ができる幸せは格別です。
主人公の人生と自らの人生を重ねるようにして、また立場を逆にして、悩むように読書を進めています。

「小説の主人公」はいわば「自分の分身」であることから目を背けず、ひとりの人間として哀れに思うとき、自分を許し他人を許す慈悲の心が現れることをこの年齢にして知りました。

艱難辛苦を知ることは、古来からの名著に書かれていることを理解する大いなる助けになります。
年端もいかない幼児の無邪気は、後からそれと気が付くものであるように、過ぎ去った若かりし日もまた、年を取ったからこそ鮮明に思い出されるものなのでしょう。

人生100年時代と言われますが、果たして健康でいられるのはいくつまでなのでしょう?
残りを少なく見積もりあと20年と考えると…
あっという間に過ぎ去った20年は、20年とは思えないほどに短く早く、今後はさらに加速をつけて日々が私を通り過ぎていくのは確実です。

意にそぐわない事に時間を費やす余裕はないと自分に言い聞かせて、身体的にはそうそう自由にならない我が身を想像の世界(それは単なる想像という無意味なものではありませんが)に遊ばせるのは、とても有意義でなおかつ将来の糧を耕せる過ごし方だと思います。


book-g2f3aa607f_640.jpg

*斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内*
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です。
2022年度、ロルフィングのセッションは承っておりません。
解剖学に詳しく単発で受けられるオープンパスメソッドへのお申し込みをお待ちしております。

2022年06月06日

コツのコツとは違います

最近、小川隆之氏のツイッターに、昔の講座の画像がアップされています。
7,8年前と思しき画像もあり、懐かしい気持ちになります。
現在はセッションのスタイルも随分と変わり、昔のような「垂直圧、平行圧」のリリース法は、あまり使いません。

FS2gZecVUAASQIn.jpeg


kindleで出版した「筋膜リリースコツのコツ」は、垂直圧と平行圧を利用したリリース法の紹介本という趣でした。
カルチャー講座でお伝えしていた内容を書き起こしたものです。
逆に言うと、カルチャー講座でありながらもかなり濃い内容のコンテンツをお伝えしていたことになります。
この頃は、今以上に「知っていることを分かち合う」ことが楽しくて仕方がなく、本来ならば対価をもらうべきようなテクニックも講座の一環として、サービス精神を以てお伝えしていました。
そうしたコンテンツを気に入ってくださった方が、オープンパス(オープンパス身体教育研究所)のボディワーカー養成トレーニングに参加してくださることも多々ありました。

背中と腰の不快感攻略セミナーblog.jpg

6月12日(日曜日)に予定している「背中と腰の不快感攻略セミナー」は、これまで主に利用していた「垂直圧、平行圧」を一部活用しつつ、筋膜の張力を調整していく新しい方法を紹介する内容になっています。
姿勢分析は無し
筋膜の張力を触察で確認
不快感のある部位(筋肉)、そしてそれに関わる筋肉の2か所を同時に緩めていく
という、すこし特殊な方法となります。

また、筋膜に関する考え方を変えたこともあり、筋膜を「動きによる筋膜ユニット」としてとらえる試みをし、マニュアルに近いものを作成していく予定です。
注:なぜかすぐに「アナトミートレインですか?」と質問する方がいらっしゃいますが、全く違います。
むしろ、浅筋膜の働きを説明するのに役立つ考え方です。

【背中と腰の不快感攻略セミナー】ですが、臀部も範囲に入ります。
【背部】脊柱起立筋群(棘筋、最長筋、腸肋筋)
【腰部】腰方形筋、腸腰筋、多裂筋
【臀部】大臀筋、中臀筋、大腿筋膜張筋、梨状筋、仙結節靭帯

進み方により、上記にいろいろなテクニックを加えていこうと思います。
触察の復習も行いつつ進みますので、触察に自信のない方もお気軽にご参加ください。

ちなみに第一回目の「肩回りの不快感攻略セミナー」は昔のテクニックに近いベーシックな方法を、
第二回目の「頭と首の不快感攻略セミナー」は筋膜調整と筋膜の動きのユニットを演習しました。
第三回目は、参加者の方に合わせて構成しますが、筋膜調整が中心になる予定
です。
腱膜筋膜のリリースを中心に、両手を使うテクニックをお伝えします。

詳細は以前のブログか、ランディングページでご確認ください。
ブログ http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/189532553.html
ランディングページ(お申し込みはこちらから)https://peraichi.com/landing_pages/view/wlies

〆切は6月9日です。迷っている方はこの機会にぜひご参加ください。

*斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内*
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です。
2022年度、ロルフィングのセッションは承っておりません。
解剖学に詳しく単発で受けられるオープンパスメソッドへのお申し込みをお待ちしております。

2022年06月01日

小麦粉が悪いとは思いません

先日、友人宅にお呼ばれし、食事をごちそうになりました。
たこ焼き大好き、たこ焼きは奥が深いと力説する二人と、小麦の話になりました。
「小麦はからだに悪いの?」と聞かれましたが、小麦自体が悪いのではなく、小麦粉が作られる工程に問題があるようです

herbicide-g279059da6_640.jpg

一部の外国産の小麦は、育成の過程で農薬(除草剤)が使われています
効率よく、一定の質の小麦を収穫することが目的です。

苗を育て、収穫するまでの間に行う農作業の一環として、雑草の処理があります。
とりわけ遺伝子組み換えで作られた作物は除草剤に対する耐性があるので農薬に強く、遺伝子組み換え小麦の周りの雑草が一掃されても、遺伝子組み換え小麦は除草剤の影響を受けません。

また、農薬には収穫時期を一定にし、品質を均等に保つ効果もあります。
収穫前の小麦に除草剤を散布することで小麦を人工的に枯らし、小麦の水分量を下げて、品質の良い小麦が得られます。
小麦が自然に成熟するまで待たなくてもよいので、収穫の手間を省くことができます。
農薬を使うことで、ばらつきのない均一的な質の小麦が収穫できます。

雑草の除草(プレハーベスト)人工的に小麦を枯らす(ポストハーベスト)、この二つの行程で使われているのが「ラウンドアップ」という商品名の農薬で、含まれているのはグリホサードと呼ばれる化学成分です

※収穫前の小麦や大豆にグリホサートを噴霧し、農産物を乾燥するという手法は1990年代に広まりました。
日本では、収穫前の小麦への使用は認められていませんが、大豆への使用は認められているようです

農薬は丈夫な作物を育てるには必要不可欠ですが、農作物に残った残留農薬が人体に悪影響を及ぼすということは、あまり知られていないのかもしれません。
日本で使用禁止の農薬も、輸入作物については実質的な制限がありません
市場に出回る商品は安全だという思い込みは誰にでもあり、危険かもしれないと意識する機会はあまりありません。
従って、禁止農薬を使った食物を食べている可能性があります

小麦粉のように生成された製品や、果物類に関してはさらにガードが緩くなるかと思います。
外皮に欠けられた農薬は、目に見えないながらも実(果実)に浸透している可能性もあり、そうなると「農薬も一緒に食している」ことになります。
発がん性はない、とされているグリホサートですが、真実はどうなのでしょうか

cereals-gadbcb4492_640.jpg

農薬以外に気を付けたいのは、製品をつくるときに使われる添加物です。
小麦を材料として作られた製品を買うときには、添加物にも目を通した方が良さそうです。
小売店やレストランで独自に作った商品の方が安心なのは、持ちを良くしたり見栄えを良くしたりするための添加物が少ないからです。
特に避けたほうが良いとされる添加物をピックアップしました。

1:臭素酸カリウム
口溶け、ふんわり感、防腐作用
臭素酸カリウムの一番の問題点は、体内に入った際に直接DNAを傷つけ、それにより発がんをもたらす可能性があるという点です。
臭素酸カリウムは、アメリカでは使用が認められていますが、EUでは使用が禁止されている食品添加物です(大量生産の大手スーパーに注意)
FAO・WHOの合同食品添加物専門家委員会(JECFA)においては、使用は容認できないと結論づけられています。

2:イーストフード
酵母の発酵促進、パンのふくらみ。
イーストフードは工場で純粋培養された成分で、自然酵母発酵では発生しないガス(塩化アンモニア)を発生させます。
イーストフード自体に害はありませんが、発酵の工程で酵母がイーストフードを食べて分解するときに発生する塩化アンモニアが問題だとされています。
塩化アンモニウムは火薬や亜鉛のメッキ、肥料にも含まれる化学物質で刺激性を持ち、大量に吸うと吐き気の原因になります。
そのため、大量に口にすると体調悪化の原因になる可能性があるのです。

私はイーストが入った食べ物を少し多めに食すると、次の日には必ず口内炎がでます
実は大量生産のスナック(スーパーで売っているような〇〇パイのようなもの)もダメで、大好きなのに食べることが出来ずとても残念です。時々は食べますが、二袋を超えると胃が痛くなります。また、サプリを大量に摂取して口内炎が出ないようにします。体質なので諦めるしかありません。

3:マーガリン、ファットスプレッド
ファットスプレッドの主成分は植物性油脂ですが、この植物性油脂からファットスプレッドを作る過程でトランス脂肪酸多く生成されます。
トランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化などの循環器系疾患のリスクが上がる、また発がんのリスクを高めるなどの影響が報告されており、人工的に作られ自然界には存在しないという意味から、食べるプラスチックとも呼ばれます。

4:メタリン酸ナトリウム、リン酸塩
性質の急激な変化を抑制する緩衝材、食品の食感
大量摂取の副作用には低カルシウム血症があり、骨形成に悪影響をもたらしてしまいます。妊婦は大量に摂取しないよう注意が必要です。
ハムなど加工肉、インスタントラーメン、プロセスチーズ、はんぺん、炭酸飲料水など、加工食品にはほぼ使用されています。
リン酸塩の過剰摂取により、骨密度の低下、腎臓疾患、治療力・免疫力低下、精神異常等、健康への影響が心配されています。

食事は日々の楽しみでもあり、育ってきた歴史でもあるので、身近な人がどんな食事をしていてもそれを変えようとか咎めようとか遠回しに洗脳しようとか、そんな気持ちには一切なりません。
情報が自分の助けになると思うのであれば参考にしてみてください。

*お知らせ*
背中と腰の不快感攻略セミナーの締め切りは6月9日です。
https://t.co/yWMEZPZH6t

腰の不快感.jpg

*斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内*
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です。
2022年度、ロルフィングのセッションは承っておりません。
解剖学に詳しく単発で受けられるオープンパスメソッドへのお申し込みをお待ちしております
posted by MSaito at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと
QRコード