2020年07月27日

「触察ファーストステップ」感想をいただきました

先日、2020年春期の「触察ファーストステップ」が終了しました。
次回は8月後半のスタートを予定しています。

果たして自分はわかりやすく伝えられているのか、参加者の方の希望を反映した内容にできているか、事後アンケートの意味もあり、感想を寄せていただきました。

アンケートを書いてくださったのは、太極舞インストラクターのEさんと、タイ古式マッサージセラピストのSさんです。
::::::::::
・・・Eさんのご感想・・・
Q. 講座を受けようと思ったきっかけ
A. フィットネスインストラクターとして身体についての理解を深めたい、
もっと自信を持って指導出来るようになりたいと思い、受講しました。

Q. 講座の内容で、自分にとって役立つと思ったこと
A. 解剖図や標本と、実際の人体との違いに驚き、いい意味でイメージを打ち壊されました
講座は「!!」や「なるほど〜」の連続でした。
解説書からは得られない生の 「体験」「体感」が出来る素晴らしい機会でした

また、クライアントモデルとなって触察されてみると
うまく使えてなかった筋肉が触発されて、自身の身体にも変化があり嬉しい副産物でした。

Q. 講座の内容で、今の施術やティーチングに活かしていること、活きていること
A. 私の仕事ではお客様に直接触っての指導はほぼないのですが、
身体の見方、見え方が変わってきたように思います。

具体的な症例や日常動作での影響など伺ったお話はすぐにクラスでの話題に使えました

Q. 参加を検討している人にひとこと
A. 触察は、絵描きさんにとってのデッサンのようなものだなと感じました
デッサンを学んでなくても素晴らしい作品を描く絵描きさんももちろんいますが、
デッサンを学んでそれが身に着けば、自分の底力となり、また可能性も広がるだろうと思います

そうした基礎の基礎を丁寧なご指導と和やかな雰囲気の中、楽しく学ぶことが出来る場でした。
とても有意義な情報満載で、頭パンパンになりますのでお覚悟を♪

・・・Sさんのご感想・・・
Q. 講座を受けようと思ったきっかけ
A. 筋肉について、基本の基を知りたかったから。

Q. 講座の内容で、自分にとって役立つと思ったこと
A. 全て
一言一句も聞き漏らすまい、という気持ちでした。

Q. 講座の内容で、今の施術やティーチングに活かしていること、活きていること
A. マニュアルの施術であっても、筋肉を意識できるようになりました

Q. 参加を検討している人にひとこと
A. 参加者の手技、理解力に合わせて、言葉を選び、伝え方を工夫して下さいますので、安心して最後まで参加できました。
参加して、今までよりもっと施術をすることが、楽しくなりました。

:::::::::::
お二人とも、ありがとうございます。

次回8月からの秋期はどんなセミナーになるのか…
参加者の方のリクエスト中心に進みますので、参加希望の方はぜひ「こんなことが知りたい」と一言添えてお申込みください。

申し込みはランティングページ下部
http://step1.openpathmethod.com/
または
http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php

ファーストステップ.png

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
posted by MSaito at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般

2020年07月20日

次回が最終回です(ファーストステップ)

次回、7月23日(木曜日・祝日)は「触察ファーストステップ」全8回の最終日です。

単発参加も可能ですので、お気軽にお申込みください

コンテンツ/臀部の筋肉+腱、靭帯のさわりわけ および 筋肉のはたらきと、筋肉と姿勢の関連の理解
<予定>大殿筋 中臀筋 大腿筋膜張筋+骨指標、腱、靭帯、血管、神経
<料金>税込み7700円+資料代⇒7000円(資料代込み)でご参加いただけます。
<申し込み締め切り>7月23日21:00
資料作成などがあるので、申し込み締め切りにお気を付けください。

お申込みはこちらから http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php

ファーストステップ.png


***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2020年07月16日

「筋膜リリース コツのコツ」次回最終日です

3時間x6回に渡って行ってきた「筋膜リリース コツのコツ」も、次回(今週土曜日)が最終日となりました。
途中、自粛期間があり、途切れ途切れになりながらもなんとかゴールに漕ぎつくことが出来ました。

これまで何度か「筋膜リリースコツのコツ」セミナーを行ってきました。
毎回、学びや気づきがありましたがが、今回のセミナーは参加者全員が女性で、とりわけ楽しいクラスになっています。

参加者のみなさん、まっさらな気持ちで参加をしてくださっています。
筋膜リリースというテクニックを、混じりけ無しに学ぼうとする熱意が伝わってくるのも嬉しいです。
アドバイスに嫌な顔をすることもなく情報を吸収しようとしてくださったので、こちらもたくさんの情報をお伝えたいと真剣に向き合う事ができました。

毎々コンテンツは変えますが、今回もセミナーの流れを細かく考え、省けるところは省き、時間をかけるべきところには時間をかけることができたのが良かったのかと思います。

ここまでの行程で「筋肉を選択してリリースする:という課題を出しましたが、みなさん見事にリリーステクニックを披露してくれました。
セミナー内で伝えたことをきちんと理解し、実践できるまでになっています。
すごい上達です。

第五回目までのコンテンツは以下です。
もくじでは書ききれませんが、詰め込めるだけの情報を詰め込みました。

第1回目
PartI 「筋膜リリースのための生理学とタッチ」
(1)筋膜の触察(筋膜についての生理学的理解)
(2)筋膜リリースのためタッチ
(3)筋膜リリースのコツ
〇リラックスしていること
〇筋膜をイメージできること
〇リリースの方法を知っていること
PartII 触察とリリース練習
(1) どの層をとらえているか?
(2) 筋膜操作の範囲
(3) リリース練習
ーーーーーーーーーーーーーーー
第2回目
PartI 「筋膜リリースのためのタッチ(復習)」
(1)筋膜リースのためタッチ
(2)筋膜リースが上手くいくコツ
〇リラックスしていること
〇筋膜をイメージできること
〇リリースの方法を知っていること
PartII 「ボディワーク」としての筋膜操作とは?
◇ <重要>固有受容器、固有受容覚、脳の可塑性
PartIII
「セッションの成果を高めるためースタート前の筋緊張の緩和ー」
◇ 主要な関節について理解する
◇ ペアエクササイズ
ーーーーーーーーーーーーーーー
第3回目
PartI 前回までの復習
◇関節のマニュピレーション(サポート、関節感覚を高める)
◇垂直圧、平行圧
◇エンドフィール
◇牽引法
PartII ツールの使い分け
◇ツールとリリースの相性
◇ツールとポジショニング
ーーーーーーーーーーーーー
第4回目
PartI 圧の使い分け
◇浅筋膜に働きかける圧
◇深部筋膜に働きかける圧
PartII 深部筋膜のリリース練習
◇エンドフィールとリリース感(復習)
◇圧の使い分け
◇垂直圧と平行圧
◇筋膜リリースでよく使うツール
◇リリース演習<脚部のリリース>
ーーーーーーーーーーーーーー
第5回目
Part Iツールと自分のからだの大きさ、ポジショニングが見合っているかを確認する
◇背臥位、腹臥位、横臥位での練習
Part II リリースの意図を明確にする
◇どの層を狙うのか?
◇何を目的としてリリースするのか/ 筋膜の拘縮/筋膜の癒着/筋膜の短縮

次回の「筋膜リリース コツのコツ」セミナーの開催は未定です。
YouTubeに関連動画がアップされていますので、ご興味がある方はどうぞご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCtNxD0uMG1_-g8wlysU0U0A?view_as=subscriber

KK.jpg

※わずか9日間で90筋を触察する「触察ベーシック」8月スタート
締め切りは7月31日(金曜日)です。


***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

posted by MSaito at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般
QRコード