2019年06月10日

第2回目の触察メール講座(骨指標)

金曜日は、触察メール講座の第二回目の配信を行いました。
今回は「骨指標を探し出すコツ」がテーマです。
内容を一部紹介すると

触察メール講座【自信も売り上げもアップの触察解剖学】骨指標編
**感覚と位置が大切**

骨の特徴を活かす
骨指標がみつかりにくい理由、とりあえず2つと解決法
実はむずかしい、骨の触察(それ以外に使える方法3つ)
<1>触察したい部位は固定し、それ以外の部位を動かして、骨を触りやすくする。
<2>隣の骨、延長上にある骨との関連で探す
<3>筋肉から割り出す

こんなコンテンツです。
骨指標は、筋肉の触察と同様に、触る側がきちんと指示をしてから触察を始めることが大切です。
始めよければ終わりよし、ということわざをいつも思い出すのですが、しかるべき体勢で、的確な動きの指示を出せば、触察しやすくなります

筋肉に隠されている骨指標は探し出すのが難しいのですが、その探し方のコツを2つ、お伝えしました。
それ以外にも<1>から<3>のコツをお伝えしています。

7月スタートの「触察セミナー」は、どんな内容なのかを確認していただけるように事前に無料セミナーをご用意しました。
実際にオープンパスの触察を体験していただきたいと考えてのことです。
また、返金システムも導入しました。
骨指標の無料セミナーの締め切りは、6月23日です。
8名様のみ参加可能ですので、お申込みはお早目にお願いいたします。

ご参加お待ちしております!

(1)触察ベーシック1/基礎中の基礎、骨指標(2日間のセミナー)
(2)触察ベーシック2/ぜったいに触り分けしたい90筋(9日間のセミナー)
(3)触察プロフェッショナル/プロなら触りたい40筋(希望者多数で開催/3日間のセミナー)

web.jpg

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

posted by MSaito at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般
QRコード