2019年03月25日

不思議なお話をおひとつ

一昨日、土曜日のことです。

セッションを終えて、クライアントさんも帰り、さあ着替えて帰宅しようと鏡の前に丸椅子を移動し、その上に着替えを用意しました。
そしていつもホワイトボードの下においてあるiphoneを手に取り、連絡など来ていないかを確認しました。
急ぎの用事も無かったので、マッサージテーブルの真ん中に平らにおいて、トイレに向かいました。
トイレのドアを閉めようとしたところで、「ゴツッ」という音がしたような気がしました。

トイレから出て鏡の前で着替えようとしたら、マッサージテーブルに平たく置いてあったはずのiphoneが床に落ちていました。
それも、マッサージテーブルから40センチか50センチも離れたところに「置いてある」という感じに落ちていたのです。

マッサージテーブルに叩きつけたのならその反動で、床に転がることもあるでしょう。
でも意識して、真ん中に平らに置いたのです。
いったいどうやって、iphoneは移動したのでしょうか?

駆け出しのころ、お世話になった方が先々週無くなっていたことを知ったのは、一週間ほど前です。
脳梗塞を患い九死に一生を得て、リハビリに励みながら、「夢」についての研究を続けてきた方でした。
「意識が戻るまでの間はこの世ではないどこかで、小人さんが一生懸命、自分にいろいろなことを教えてくれていたんだ」と、話してくださった方でした。

そんなことあるわけない、という方も多いかもしれません。
でもiphoneの移動は、亡くなったSさんからのサインだったのではないかな、ふとそう思いました。
そうだったらいいな、と過ぎた日々を懐かしく、寂しく思い出しました。

<触察ファーストステップ>詳細はこちらのサイトで!


***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。※2019年3月はセッションスケジュールをアップしてませんので希望日をお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

posted by MSaito at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと
QRコード