2018年04月09日

伝統か文明か(きものについての読本)

やりたいこととやらなくてはいけないことのバランスを取るのは難しいです。
知りたいことがたくさんあっても、そのために使える時間が限られているし、みなさんどうやってそのあたりの調整をしているんだろうと、よく考えます。
通勤電車に乗れば途端に眠くなり、ゆっくり本を読むよりもメールの返信をしてしまうものだから、ますます読書離れが進みそうです。
それでも最近、電車の中でかけても違和感のないリーディンググラスをプレゼントされたのをきっかけに、格段に電車内での読書がはかどるようになりました(同時にipohneの画面も見やすくなってしまいました)。

さて、自分の専門外であっても興味をそそられる分野はありますが、手つかずのままです。
世の中の仕組みを全て知るのは不可能ですが、個人事業主はとかく世の中のシステムから離れがちになるような心配があり、視野をなるべく広く持たなくてはと若干の危機感を持って生活しています。
日経新聞など読むほどではないのですが、自分の好きな事をさかのぼっていくと、自分が知らなかった業界について自然に知識がつくことがあります。

最近、すごく面白く読めたのがこの本です。

boox_bk-4532263298.jpg
『きもの文化と日本』日経プレミアシリーズ

着物業界の今昔について、株式会社やまと代表取締役会長の矢嶋孝敏氏と、経済学者(東京大学名誉教授、学習院大学国際社会科学部教授)である伊藤元重氏との対話形式で綴られています。
このお二人の対話から、戦前と前後の日本の生活様式の変化、きものという生活着や晴れ着の慣習にファッションという見せる文化が這入りこんできた経緯、問屋という流通経路により着物の金額が設定されてきたこと、着物は文化であり洋服は文明であること、希少価値の織物が継続的に生み出される日本という土壌についてなどなど、多角的に経済と文化を知ることができるのです。
特に、きものの流通経路がいわゆるファストファッション化(SPA化)してきていることの功罪(と私は感じました)の部分は考えさせられました。

着物という文化を守ることが大切であれば、遺産や伝統となり生活に根付くことが難しくなる。
手軽さを取り入れれば着物人口のすそ野は広がるけれど、日本人が美しいと感じてきた美意識が西洋化(文明化)、簡略化、粗略化されてくる。
着物がファッションになればその様式は流行りにしたがって変わってくるのは仕方のないことですが、せめて美しく変わっていってほしいなと思いました。

着物は日本の文化であってほしいので、ある程度の決まりごとはあった方が良い、と私自身は思います。
結婚式の晴れやかな日に、花嫁花婿の主役を差し置いて自分を主役にするようなものは「ファッション」であっても「礼儀」ではないと思うのです。言葉にせずとも相手への礼儀を表す、それが着るものの役割の一つではないかと思いました。

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

『筋膜リリース コツのコツ』セミナーを開催します。単発参加も歓迎です。お友達同士、ご夫婦でのご参加も大歓迎です!老若男女おいでください。
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/182847960.html


****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年04月04日

執筆中の思い出など

最近は趣味に時間を投じることが多いです。
本来であれば、本を宣伝するべき時期だし、ワークショップだってもっと積極的にあちこちでやるべきなのでしょうけれど、自分で自分を宣伝するのは気恥ずかしいのです。
これは昔から、まったく変わっていません。

でも、初期投資したので宣伝します。
「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。
こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 


出版社から「書きませんか?」とお話しをいただけたから嬉しくてがんばって書いた書籍であっても、著者側が買い取りをしなくてはいけないケースは多々あります、というかほとんどのケースで「買い取り」というのが発生します。
電子書籍のメリットのひとつは買い取り分が無いこと。その買い取り分を、自分が選んだイラスト、撮影、モデル(服装がイマイチという辛口評価を複数名からいただきガックリ)に充てることができるのです。電子書籍の形態にするのが難しかったので、(図などが多かった)ワードから電子書籍への変換作業代にも充てました。

今回の一連の出版作業は淡々と行ったので、文章を書きためていることを知らなかった方がほとんどです。
周りからは「安産だったね?」というニュアンスの寿ぎ?が多いのですが、そうではありません。
書いている間は椅子にどっかりと居座ったままの作業だったので身体が暖まらず、足元に電気ヒーターを出してきて、エアコン+ヒーターで悶々と、黙々と、自分の語彙の少なさに身もだえしながら描いていたというのが本当です。

そんな苦労の賜物ですから、あちこちで細く長く、活用していきたいと思います。
『筋膜リリース コツのコツ』セミナーを開催します。単発参加も歓迎です。お友達同士、ご夫婦でのご参加も大歓迎です!老若男女おいでください。
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/182847960.html

加賀友禅.jpg
梅灰の地色のはんなり加賀友禅が仕立てあがりました。3月までしか着られない柄だったので、大切な場で一度きり来ました。少なくとも12月までは箪笥で眠らせます。

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
QRコード