2018年04月24日

パルペーション/平日クラス検討中(未定)

パルペーションセミナー、平日なら参加できるんだけれど…というご要望をいただいています。

パルペーションは、小川隆之氏の十八番です(youtubeでの活躍ぶりをご覧ください)。
さらっと簡単そうにデモンストレーションを行っているパルペーションの達人の小川隆之氏ですが、事前に付着の確認をしたり、より分かりやすくて触りやすい方法の研究をしています。
地道な下準備を厭わない小川氏ですら、夜間のパルペーションクラスとファシャワークの同時進行は、精神的にも体力的にも疲れるというのが本音のようです。

そのため、どうしようかと思案中。

わたしも、もう少し努力をするべき時期に来ているのかもしれません。
苦手なパルペーションを克服するために、もうひと押し、自分を「ワンアップ」させる時期なのか?
自分たちのオフィスを飛び出して、アウェイで行う単発セミナーなら気分も変わるし頑張れるのか?
それとも、仕事の領域を広げて、本職以外にもやりたいと思える仕事を始めてみるべきなのか?

などと、いろいろと、考えがぐるぐると回っている今日この頃です。
とりあえず何かを始めれば、それが次の展開を運んでくるのでしょうから、あまり深く考えずに「ちょっと試しに」のライトな感覚でスタートを切るのもありかなと思います。
ただし、何をいつスタートするかについて深く考えないことと、軽い気持ちでお金をいただくこととは全く別ですので、やると決まればきちんとプロ意識を持って頑張ろうと思います(あくまで「やるなら」ですが)。

前脛骨筋.jpg

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

『筋膜リリース コツのコツ』セミナーを開催します。単発参加も歓迎です。お友達同士、ご夫婦でのご参加も大歓迎です!老若男女おいでください。(残席2席となりました。お申込みはお早目に!)
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/182847960.html

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2018年04月20日

ロルフィングのテクニックって?

先日、ロルフィングのユニット2を終了した方とセッションを通じていろいろとお話をする機会がありました。
質問の答えを考えるというのは、自分の考えをもう一度まとめるのにとても役立ちます。

ロルフィング、といっても画一的なテクニックではなく、施術を行うロルファーによってずいぶんとやり方も結果も変わってきます。
どのテクニックが有効で、どれが有効率が低いかは、お子さんとのセッションで判断することが多いです。
何の前知識もなく、保護者も同席してない状態でセッションを行うことが前提です。

優しいタッチでふんわりと触れる方法だとお子さんが眠ってしまうし、起きていても何をされているのかわからずもぞもぞ動いたり、緊張でからだを固くしたりと居心地が悪そうです。更にふんわり触って骨に届かせる、なんていう方法だと(私自身はセッションでこうした方法を使うことは皆無ですが、試しに行ってみました)全く変化を感じてくれません。
「右と左で違う感じがする?痛いの少しは良くなった?」と聞いても、うーん、うーんと考えて「わかんない」という事が圧倒的に多いです。
お子さんとロルファーとが、感覚の共有も情報の共有もできない状態になってしまいます。
もちろん、触れられるだけで気持ちが良いので、リラクゼーション的な効果は非常に高いですが。

そんな経緯で、弁別可能な機械的刺激が合った方が、変化が起こりやすいというのが持論です(反論ももちろんあると思いますが)。

最近ではロルフィングセッションをお申込みくださるクライアントさんの意識がこれまでと違ってきているようで、不具合があっていらっしゃるのではなく「10セッションを通じて全身をリリースしたい。身体を整えたい」という目的の方が多く、外国人のクライアントさんに関しては、外国人の方が書いたエモーショナルリリース的なロルフィング書を読んで、感情の解放を期待してお申込みくださる方、疼痛の解消にいらっしゃる方(単発で受けられると勘違いしていらっしゃる方)が多い傾向にあります(筋膜リリース=ロルフィングと考えている傾向が強いです)。

ロルフィングは果たして身体教育か?身体教育の定義とは?と考えることも多いのですが、ロルフィングのトレーニングを担当する講師によっても身体教育的だったり、エネルギー寄りだったりするようなので、身体教育という部分は省いてしまって、10セッションの内容を充実する方が良いのでは?と思ったりもします。

いろいろなクライアントさんとお会いするたびに、さらに知識と技術が必要だなーと思います。

さて、本日の『カンタン!深部−筋膜リリース』は内臓のリリースです。
資料はカラーで作成しました。小川がリードします。
参加の皆様、ご期待ください!

横隔膜1(心臓).jpg

「初心者を上級者に変える 筋膜リリース コツのコツ」電子書籍で発売しました。こちらからダウンロードしていただければ幸いです。https://goo.gl/qHRsbd 

『筋膜リリース コツのコツ』セミナーを開催します。単発参加も歓迎です。お友達同士、ご夫婦でのご参加も大歓迎です!老若男女おいでください。(残席2席となりました。お申込みはお早目に!)
http://rolflingopenpath.sblo.jp/article/182847960.html

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
posted by MSaito at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ロルフィング

2018年04月16日

セミナー『コツのコツ』、第一回目のコンテンツ内容公開!

『筋膜リリース コツのコツ』、5月の第3週から隔週ごとに6回シリーズでお届けします。
どんなことをやるのか今一つ分からないのでお申込みを躊躇していらっしゃる方のために、こんな内容にしようと考えていることを、かいつまんでお伝えしたいと思います。

第1回 5月17日(木)19:00〜21:00
 テーマ:セッションの成果を高めるため、ワーカーがすべきこと

拙著『筋膜リリース コツのコツ』位置627(位置とはページの意味らしいです)の「クライアントを安心に導く救い上げと関節サポート」が参考資料になります。
ちなみに、コンテンツのタイトルは「すくいあげ」となっていて、目次のタイトルは「救い上げ」となっていますが、行っている事は、身体的感覚的に「救い上げ」の表現に近いかなという印象があります。

この章では、関節を閉じることによって安定性を生み出すサポートについての簡単な説明を行っていますが、一言に関節といっても様々な種類があります。
関節ごとに役割が違い、それ故の形状の違いがあります。
それを活かしたサポート方法をお伝えしたいというのが一つ。

それに加えて、筋膜リリースから少々外れますが、関節感覚を高めるための簡単なエクササイズを導入しようかとも考えています。
骨と骨をつなげている関節を守っている関節包は筋膜と同じ組織で出来ていますし、関節内には身体感覚を高めるための受容器がたくさん存在しています。
その受容器をうまく刺激することにより、交感神経/副交感神経を高めることが可能です。
その関節をいかにうまく動かしてもらうか(もしくはセッションの中でいかにその関節を上手に扱うか)をお伝えしたいという思いもあります。

そうはいっても、たったの2時間で伝えられる内容は限られてきます。
全てお伝えするだけの時間が取れるとも思えないので、内容を吟味する時間が必要そうです。

残席は、あと3席です。
ご興味をお持ちいただけましたら、お申込みはこちらです。
【お申し込み先】
http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php に必要事項をご明記の上、お申し込みください。タイトル「筋膜リリース コツのコツ」を忘れずに記してください。
金額等のご確認はこちらからお願いいたします

オープンパスのセミナーのモットーは3つ。
「濃いコンテンツを受けやすい金額で提供する」
「内容が重複する部分がれば、その部分は割引適用となる」
最重要視しているのは「同じことの繰り返しにせず、必ず新しい情報を入れ込む」です。
まずは試しに単発参加をしてみてください。損はさせません!!

E_3.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

QRコード