2017年05月12日

今回は読める気がする…!

 なんども新たに出発しなければならない場所がある。何度も新たに、すべてを捨てて立ち上がらなければならない場所がある。そしてなんども新たに、ただ希望が到来するように行為しなければならない場所がある。それは、迷いはないが、悩みの尽きない場所である。私たちは、すでに呼吸し、湿度を感じとり、唇の渇きを感じ、手の重さを感じ、手のぬくもりを感じ、肌の滑りを感じ、身体のだるさを感じ…(中略)…しかし、よりよい呼吸の仕方、よりよい湿度の感じ方、よいよい(原文ママ)手の重さの感じ方、よりよい肌の滑らかさ、よりよい身体の感じ方はあるに違いない。だがいったいどのようにして。

 こうした場所を名指すのに、人間の言葉はほとんど不足している。言葉によってはじめて見出された場所ではなく、言葉とともに出現した場所でもない。こうした場所を、「体験的現実」と呼んでおく。この場所は、名指されているものに対して、かすかすの網をかけるようなものである。だが粗略な網でも、投げかけなければ、なに一つ始まらない現実がある。体験的現実は、知にとっては底なしの深さを持っている。わかる以前に実行できている現実がある。呼吸の仕方も、肌の滑らかさの感じ取りも、教えられてはじめて実行できるようになったものではない。学ぶ以前にすでによく知っており、実行できるのである。

::::::::::
なんと優しく挑発的な誘いの文章なのかと、何度読み返しても思ってしまうこの序文。
このいざないを何度も受けながら、少し先に進み、途中で投げ出すこと複数回。
知りたい気持ちが現実の忙しさに邪魔されているのか、私のオツムが弱いのか(たぶん後者)。
「わかったと思った時点で、それは間違いだ。これからやることは、前例のないことなのだから、既知のものとの比較や近似を利用してわかった気になるな!」と何度言われたか。
分からず進むことのむずかしさ。
瞬間、瞬間に新たに、立ち上がることを体験していく。
ああ、難しい。
でも知りたい。
やっと準備が整った、そんな気がします。

415E9G105WL__SX334_BO1,204,203,200_.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
*******************************************************





QRコード