2020年02月27日

斎藤瑞穂 ご予約/個人セッション情報(2020年2月27日11時15分現在)

【個人セッションのメニュー】

オープンパス・メソッドレジスタードマーク(内容、回数、応相談) 13000円/90分
(適用・目的) 単発で受けられるセッションで、オープンパスならではの、解剖学に基づいた筋膜への働きかけを行います(筋膜リリース)。慢性的不快感(肩こり、腰痛など)の緩和、解消 /身体の歪み調整 /パフォーマンスの向上/運動学習など



ロルフィング 14000円/80分(基本10セッション、トライアル・セッション、メンテナンス・セッション、ポスト10セッション)
(適用・目的) 10セッションを通じて、身体のバランスを整えていきます

クラニオセイクラル・ワーク 10000円/60分
(適用・目的) 免疫力アップ/健康増進 /疲労回復、など

【場所】
西新宿(オープンパスメソッド身体教育研究所/最寄駅:大江戸線 都庁前駅、京王新線 初台駅、JR 新宿駅)
西新宿区西新宿4−32−4 ハイネスロフティ
* 詳しくは、ご予約が決まりました後にお知らせいたします。

【ご予約可能な日時枠】
(2020年)

3月10日(火曜日)11:00
3月11日(水曜日)18:30
3月14日(土曜日)16:00、18:30
3月17日(火曜日)11:00、13:30
3月18日(水曜日)16:00、18:30
3月19日(木曜日)16:00、18:30
3月20日(金曜日)16:00
3月21日(土曜日)18:30
3月24日(火曜日)11:00、13:30
3月25日(水曜日)18:30
3月27日(金曜日)16:00
3月28日(土曜日)18:30
3月31日(火曜日)13:30
4月1日(水曜日)16:00、18:30
4月2日(木曜日)16:00、18:30
4月3日(金曜日)11:00、13:30、16:00
4月4日(土曜日)18:30
4月7日(火曜日)11:00、13:30
4月8日(水曜日)18:30
4月10日(金曜日)16:00、18:30
4月11日(土曜日)11:00、13:30、16:00、18:30
4月14日(火曜日)11:00、13:30
4月15日(水曜日)11:00、13:30
4月16日(木曜日)11:00、13:30、16:00、18:30
4月17日(金曜日)11:00、13:30、16:00
4月18日(土曜日)11:00、16:00、18:30
4月21日(火曜日)11:00、13:30、16:00、18:30
4月22日(水曜日)16:00
4月23日(木曜日)11:00、16:00、18:30
4月24日(金曜日)13:30、16:00
4月25日(土曜日)13:30、16:00、18:30
4月28日(火曜日)11:00、13:30、16:00、18:30
4月29日(水曜日)11:00、13:30、16:00
4月30日(木曜日)11:00、13:30、16:00、18:30

【ご予約方法】
ご予約お申込みは、https://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg にてお願いいたします(必要事項をご記入の上)。
「内容」には、「斎藤個人セッション予約」とご明記の上、ボディワーク・セッションを希望される理由・目的をご記入ください。

* ご希望の日時を3〜5候補ほどお知らせくださると、ご予約が確実になります。

* 2日以内には、確実にご返信差し上げます。斎藤瑞穂もしくは他スタッフから返信がない場合、ご送信くださったメールが届いていない場合がありますので、再度ご連絡いただければ幸いです。再送の場合は→ openpath@hotmail.com

グーグルカレンダーで空き状況をお知らせしていましたが、更新を忘れてダブルブッキングをしそうになることが続いたため、文章でお知らせすることにしました。
ご面倒をおかけいたしますが、こちらのスケジュールをご参照ください。
どうぞよろしくお願いいたします。


**************************
オープンパスのメルマガにぜひご登録ください!
触察、ボディワークに関する新たな情報、役に立つ情報、本音の情報、お得な情報をお伝えします!

2020年02月26日

本日(5のつく日)もメルマガ配信しました

5のつく日はメルマガ配信日です
モバイルでも読みやすいように工夫をし、大切な部分を読み逃さないよう工夫をし、誤解を生まないよう表現も工夫をし、メルマガ配信しております。

今回は、メルマガ配信をスタートして間もない頃に配信したコンテンツに、ボディワーク的要素を加えた内容で配信しました。

一部のみ、以下にご紹介しますね。
メルマガ登録者の方向けに内容を工夫しているので、ここにご紹介するのは一部のみです。


************************
【触察のコツー拾う感覚と捨てる感覚ー】
触察のセミナーでよく見かける様子…
解剖学書を片手に、図と、相手のからだを見比べながら「ああでもない、こうでもない」と探し、でもやっぱり「わからない!!」と疲労困憊してしまう。

それはそうです。解剖図には衣服も皮膚も存在しない筋肉そのものが掲載されていて、目の前にいる相手のからだとは全く異なるものですから。
裸体のうえに筋肉のかたちが書かれている、親切な解剖学書もありますが、実際のからだよりコンパクトな画像をみても、触察の助けになるとは言い切れません。

【捨てるべき感覚】
つまりは、視覚的な情報を生身の人間にそのまま当てはめるのは得策ではないのです。
そう、「視覚」は捨てるべき感覚です。
ただし、上手なつかいかたはあります。
それは…

触察していきたい方向(筋肉の付着がある部分)に視点をあてること
これは、すごく役に立ちます
進行方向に視点をあてることで、広い範囲で(全体的に)筋肉を見渡すことができるようになります。

そうすることで
「動いている筋肉=筋肉がもりあがってくる部分」

「おやすみしている筋肉=筋肉がほぼ動かない部分」
とが見えてきます


視覚をぜったいに使っちゃいけない、ということではないのです。

そうではなく「触察に適した視覚の使い方がある」ことを覚えておいてください。

【拾うべき感覚】
それでは、拾うべき感覚とはどんなものでしょう?
それは、皮膚がひっぱられる感じや、筋肉が盛り上がる感じ、体温が冷たかったり温かかったり、少し筋肉を押したときに、筋肉が沈む感じや、逆に押し変えてくる感覚など、「目に見えない」感覚です。

この、目に見えない感覚を
「体性感覚」
と呼びます。

*****
と、触察がいかにボディワーク的になり得るかを、技術と生理学とを絡めて説明しています
その後は触察を利用して体性感覚を高める具体的な方法をお伝えしました。

ブログとメルマガを使い分けする必要もないのかもしれませんが、書いている側としてはスタンスがちょっと違います。
距離感が違えば当然のことながら内容も変わります。

(どんな)自分が、誰に、どんな状況で、何を伝えたいか(伝えるべきか)を考えて発信する。
単純に思えますが、「誰」という対象が広ければ広い程、難しく感じるものだと常々思います。

handsansflowes.jpg

*********
オープンパスのメルマガにぜひご登録ください!
触察、ボディワークに関するお得な情報をお伝えします!

触察ファーストステップセミナーの情報は、こちらです。

触察ベーシック1セミナー(骨指標を触察)の情報は、こちらです。

触察ベーシック2セミナー(90筋触察)の情報は、こちらです。
*******
posted by MSaito at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般

2020年02月18日

痛いところは施術しません

ボディワークについてご理解をいただくために、いろいろと工夫をしています。
メールマガジンもその工夫のひとつです。
先日は【触察の5大効果 実は4大効果+1テクニック】というタイトルで発行しました。
ボディワークと触察のつながりが理解できないという質問がありましたが、ボディワークは「個々のつながりとホーリズム(全体性)を大切にする」技術です。
ボディワークの2大要素の
○脳の可塑性
○全体性
のどちらも理解するためには、生活するうえでの筋肉同士の関連性を理解しなくてはいけない、そう思うのです(それを知らずにどうやって全体性を理解するのでしょうか)。
そのためのツールが触察です。主に
○筋肉(筋膜)同士のつながりが理解でき
○筋膜という感覚器を操作するために役に立つ技術
だからなのです。
(筋膜と可塑性とのつながりについてはセミナーやカルチャー講座でお伝えし、ブログやメルマガでも時々触れています)

ボディワークの全体性についてもっと具体的にお伝えするためには、実際の症例に基づいて解説できれば分かりやすいかと思うのですが、まずは守秘義務があり、また100%をお伝え出来ないので、どうしたものかと考えています。
でも、少しずつその努力をしていこうと思います。

まずは自分のケースをお伝えしてみたいと思います。
先日、日常生活に支障をきたすような痛みが背骨と肋骨に起こりました。
ストレッチポールで背骨を伸ばし、ストレッチ(回旋運動)で肋軟骨の緊張を緩和させようとしましたが、まったく効果はありませんでした。

とても困って同じくオープンパス身体教育研究所のワーカー、(一般社団法人オープンパスメソッド協会の代表理事も務める)小川隆之氏にセッションをお願いしました。
小川氏はロルフメソッドからそのキャリアをスタートしましたが、今ではLRモデルという浅筋膜の操作モデルを確立して施術を行っています。
筋膜リリースとは全く異なる独自のテクニックを使うので、その技術を知っているわたしでも、時々どんな意図で施術をしているんだろう?と不思議に思います。

主訴:背部と肋骨部の激痛。あまりの痛さに朝方に目が覚め、しばらく眠れなかった。
少し前から肩甲骨より少し下の脊柱に違和感があった。
激しく運動した後で重いものを持ったこと、その後のセッションで脊柱をねじる姿勢が続いたのが原因かと自分になりに予測していた。

主訴を赤の円、施術してもらった箇所を青の円で示します。

施術.jpg

お気づきかと思いますが、主訴とは関わらない場所を施術しているのが一目瞭然です。
関連性が分かりにくいかもしれませんが、すべて「生きるための解剖学」に基づいています。
それは机上の解剖学(暗記の解剖学)ではなく、筋肉がどう動くかの解剖学(機能解剖学)でもありません。
生活と動作に関わる解剖学です。

具体的な施術の様子については、後日、解説しようと思います(覚えている範囲内で)。
結果は、施術後に痛みは7割減、今は少し痛みがあるけれど夜中に起きてしまうような激痛は消え、支障なく日常生活を送れるくらいに改善しました。
もう激しい運動もできそうです。

オープンパスメソッドレジスタードマークにはマニュアルがありません。
クライアントさんの変化に応じて、臨機応変にリリースすべき筋肉を「理論と経験で」分析し、セッション構成を組み立てて進めます。
漫然と、漠然と行わないので、からだよりも頭が疲れます。

12時間で頭部から足先までを触察する「触察ベーシック1」
https://peraichi.com/landing_pages/view/basic1

わずか54時間で90筋を施術やティーチングに必須の90筋を触察する「触察ベーシック2」
http://bodywork.openpathmethod.com/

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

posted by MSaito at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ケーススタディ

2020年02月13日

筋膜リリースコツのコツ割引は明日までです

今年最初で最後になるであろう
「コツをつかんで一足飛びにリリース上級者になる筋膜リリースセミナー」

を開催します。

今回は土曜日午後、3時間の隔週クラスで、6日間で終了です。

日程:2020年 3月7日、3月21日、4月4日、4月18日、5月23日、6月6日
(第1、第3土曜日)各14:00−17:00
開催場所:東京都新宿区西新宿4−32−4 ハイネスロフティ
内容:進み方によって多少の前後はあります
phaseI
「筋膜リリースのための生理学とタッチ」
(1)筋膜の触察(筋膜についての生理学的理解)
(2)筋膜リリースのためのタッチ
(3)筋膜リリースが上手くいコツ
「セッションの成果を高めるためースタート前の筋緊張の緩和ー」
◇ 生活と緊張について(神経生理学的な観点から)
◇ 主要な関節について理解する
◇ 関節と重力を用いた脱力法

ペアでのリリース練習
◇大腿部
◇上腕部
◇背部
◇肩部

phase II
「筋膜のとらえ方と圧の使い分け」
◇ 筋膜について
◇ 圧の使い分け
◇ 気持ちよさの探求
「触察と筋膜リリースを利用した"ポジショニングの作り方"(深部筋膜リリースに先駆けて)」
◇ ポジショニングとは
◇ ポジショニングに留意したリリース(筋膜をとらえるテクニック)

「リリースを効果的に行うため3つのリリーステクニック」
◇広範囲
◇伸長
◇こまかい部位別

PhaseIII
「筋膜の硬縮、癒着、短縮の見つけ方」
◇ ツールの使い分け
◇ リリースの意図を明確にする
―どの層を狙うのか?
―何を目的としてリリースするのか 筋膜の拘縮/筋膜の癒着/筋膜の短縮?

◇45分でクライアントの悩みを解決する構成の立て方
(ペアリリース練習)

参加費:全日(6日間)参加 60、000円+消費税 合計66,000円
単発参加は今回は募集しません
※再参加の方の参加も歓迎いたします(一般社団法人オープンパスメソッド協会会員の方/各回3,300円税込み、それ以外の再参加の方/各回6、600円税込み)

申し込み締め切り
2020年3月5日(木曜日)
2020年2月14日(金曜日)までのお申込みで 消費税込み66,000円→63,800円


丁寧に、基礎からしっかりとお伝えします。
初心者の方も、大歓迎です。
ご質問などありましたら、お気軽にお問合せください。
お申込みはランディングページ http://seminor.openpathmethod.com/
または http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php にてお願いいたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

表紙決定(SS).jpg

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

2020年02月11日

触察ファーストステップ春期と講師不足の悩み

2月の第1週土曜日に、「触察ファーストステップ」土曜クラスが無事に終了しました。

週に2回、2時間で継続する「触察ファーストステップ」は”触察される側”を体験しつつ、”触察をする側”になれるという、これまでになかった画期的な触察セミナーです。

「受け身になる」ことが経験・勉強となる職種はたくさんあると思いますが、触察に関しては「触られている実感」がとても勉強になると思います。
触察される側として筋肉の走行をリアルに感じられるのが「触察のモデル」体験だと思います。

こうした技術をお伝えするときの自分のことばをまったく覚えていないのですが、2019年秋期に受講してくださった、フィットネスインストラクターの山田悦世さんがすばらしいブログを書いてくださいました。
「くすう手、たわめる手」というタイトルです。
以下、一部を抜粋します。

********************
触察(筋肉や靭帯、骨格などを実際に人体に触れ、触り分ける技術)のときの
手技として手の形を単にあらわした言葉でしたが、

言葉を大事にするみずほ先生が発するからなのか、
何となく私には詩的で象徴的な言葉に聞こえてしまい・・

「すくう手」は、触察的には「掬う(ような形の)手」なのに
「救う手」というイメージも湧いて示唆的でした。

昨年末、「自分自身を救う」ということを考えていたときに
この言葉を聞き、余計にイメージが鮮やかに結びつき、

筆で書いてみたくなってしまったという次第
**********************
と、長年続けている書に触察のイメージを記してくださいました。

sukutawa.png

えつよ♪ズンバ 山田悦世さんのブログ
https://ameblo.jp/zumba-esperanza/entry-12572599387.html?fbclid=IwAR1X0ssYiXVn6eqxBDokAMLjZ1Nb15XQ_VZs89TBNNxw9vlfqnYZxnJpiKc

実際に施術に役立つことも嬉しいのですが、誰かのインスピレーションの源となることは更に嬉しく、自らのうちからも力が湧き出る思いがします。
これからも、受講費に見合った技術以上のなにかをお渡しするべく精進したいと思います。
ともすれば、ぽわーんと生きてしまいがちな自分を超えるべく、みなさまと一緒に進んでいこうと思います。

一般社団法人オープンパスメソッド協会は、講師不足に悩まされています
講師が増えれば講座も増えるのですが、今はそれが実現できません。
講師として(中途半端な技術や知識を流用するのではなく、オープンパスの講師として)活躍してくださる方が育ってくれればと考えています。
今後、ボディワーク業界や隣接業界で活躍したいと思う方は是非一般社団法人オープンパスメソッド協会主催の講座にご参加ください。

***2020年春期の触察ファーストステップクラスのご案内***
木曜日午後クラス:3月12日スタート
第2、第4木曜日13:00−15:00
土曜日午後クラス:3月7日スタート
第1、第3土曜日11:30−13:30(時間が変更になりました)
詳細はこちらでご確認ください。
http://step1.openpathmethod.com/
締め切り 間近です。早めのお申込みをお願いいたします
********************************

QRコード