2019年07月10日

機能している身体を知る=ボディワーク

先日、(一社)オープンパスメソッド協会 代表理事の小川隆之氏が なかなか良いブログを書いていたので、それについて補足のブログを書こうと思います

知覚.jpg小川隆之のブログ

オープンパスが前面に出している技術には、昨今では @触察セミナー A筋膜リリース コツのコツ Bボディワーク入門がありますが、正直なところ、伝えたいのは『ボディワーク』そのものです。

『ボディワーク』は、身体学の範囲にありつつ、認知心理学をベースとした考え方です。
ものすごく簡易に表すと 脳の可塑性/身体運動/自己認識/記憶 がテーマです
(まだ複雑ですか??)

もっと平たく言うと、自分として認識している”からだ”について、突き詰めて考えていくという試みでもあります。
AI機能が発達するにしたがい、自己と見做される範囲が拡大され始めました。
AI機器を使う事で自己がどこまでリーチしていけるのか(iphoneというデバイスを使って実際に世界の裏側にいる人々と交流ができることが当たり前となり、その先の可能性も、今の私たちの想像を超えるだろうと思われます)、現時点での常識や、想像の範囲を超える可能性に驚いているのです。
自己を延長したその先にあり、バーチャルでありつつも”自己”として存在する「個」についても、身体学は掘り下げる必要があると思います。

これこそが、オープンパスが扱うボディワーク=身体学ですので、従来のイメージでとらえられてきた手技療法で得られる安堵感、スピリチュアルレッスンで得られる自己肯定感、リラクゼーションで得られる心地よさ、内観法で得られる自己認識的なボディワークとは、まったく異なる理論(メタ理論)の礎として、思想と技術、技法を展開していることをご理解いただけるかと思います。

身体学は、自己とは何かを突き詰めます
深淵にたどり着くための方法、手法として、心理学、心理療法、認知科学、解剖学、生理学、医学、神秘学、倫理、ジェンダー論などなど、などなど、数えきれない試みがなされてきました。
その中でもボディワークは「機能している自己について、身体を通じて理解を深める」ことを追求することで、「ヒトとはなにか」を突き詰める学問として永遠に問いを発し続けているのです。

長ったらしくなりましたが、そうした事柄が凝縮された技法を「ボディワーク」と呼びます。
手技療法ではありません。リラクゼーションでもありません。
ましてや心理療法でもありません。

それを本気で主張しつづけなければ、ボディワークは衰退の道をたどると思います。
商売をしていく上でキャッチーだとか、言葉の響きの良さや、目新しさが好ましいとか、そうした金銭や知名度を意識した方たちが、ボディワークとは異なる技法をボディーワークと表現していることは承知しています。
片手間にボディワークを、などという働きもあるようですが、ボディワークは技術職です。
認定を得たのちすぐにお金をいただけるような、単純でマニュアル的は施術でないことは、オープンパスメソッドレジスタードマークボディワーカーの方ならばご存知だと思います。
数をこなすことでやっと施術のスタート時点となることについて、多くの技術者の方の賛同を得ることができきています。

くどくどとお話してしまいました、こんなことについてじっくりと話し合える日を設けなくてはいけないなと切実に感じる今日この頃です。


***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

posted by MSaito at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク

2019年07月09日

無料触察セミナー日数を増やします

無料触察セミナーを、あと2日増やします。
7月14日(日)12:00−13:30 ※今週末です!
8月28日(水)18:00−19:30


場所:オープンパス新宿オフィス(都庁、新宿中央公園近く)

オープンパスの触察セミナーはどんなことをするのか、どんな内容なのかを、体験しにおいでください
対象は、オープンパスの触察セミナーを受けたことが無い方です。


7月14日(日曜日)の回は、締め切りが7月11日(木曜日)日付が変わるまで
8月28日(水曜日)の回は、締め切りを8月21日(水曜日)までとさせていただきます。

触察が精確にできると、痛みの部分が何筋にあるのかがすぐにわかります
そして
◆「この先生、何も言わなくてもわかってくれる」と、お客さん・クライアントさん、患者さんのこころをグッとつかむことができます。
◆また診てもらいたいと思わせられます。
◆お客さん・クライアントさん、患者さんから「また診て下さいね」と感謝されます。

インストラクターさんだったら、生徒さんのからだにしっかりと手を添えて、正しい動きを指導できます
その結果
◆知識があるなーと信頼が高まり
◆プライベートレッスンをお願いしようかな?その価値はある!
◆やっぱり、このスタジオ、この先生がいいな
と思わせられます。

この機会に、ぜひ、無料触察セミナーにおいでください。
お申込みはこちらから!
   ⇩    ⇩    ⇩
http://bodywork.openpathmethod.com/

web.jpg

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************
posted by MSaito at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般

2019年07月07日

触察ベーシック1 骨指標一覧

触察ベーシック1で触察をしていく骨指標が決まりました。
2日間のセミナーなので、必要な骨指標を選ぶのに苦労しましたが、これだけ触れれば、施術に戸惑う事もないかと思う部位が中心です。

<肩甲骨の骨指標>
肩甲棘、肩峰、棘三角、内側縁、外側縁、上角、下角、関節下結節
烏口突起

<鎖骨の骨指標>
鎖骨体
肩鎖関節
胸鎖関節

<胸骨の骨指標>
胸骨柄
胸骨角
胸骨体
剣状突起
肋骨弓

<肋骨の骨指標>
第一肋骨、
第二肋骨
第十一肋骨
第十二肋骨

<上腕骨の骨指標>
上腕骨頭
大結節
小結節
結節間溝
外側上顆、内側上顆
肘頭、肘頭窩、上腕骨滑車

<前腕の骨指標>
尺骨、尺骨頭
橈骨、橈骨頭
尺骨茎状突起、橈骨茎状突起
リスター結節

<脊柱の骨指標>
環椎、軸椎、棘突起、肋骨突起、仙骨、尾骨
第七頸椎、第一胸椎、
軸椎棘突起、環椎横突起、

<仙骨の骨指標>
腸骨稜、上前腸骨棘、下前腸骨棘、上後腸骨棘、下後腸骨棘、坐骨棘、坐骨結節

<大腿骨の骨指標>
大腿骨頭、
大転子、小転子
大腿骨外側上顆、大腿骨内側上顆、
外側顆、内側顆

<下腿の骨指標>
外側顆、内側顆
脛骨、脛骨粗面、
腓骨、腓骨頭、
外果、内果
膝蓋骨底

<頭蓋骨の骨指標>
前頭骨、頭頂骨、側頭骨、後頭骨、蝶形骨、乳様突起、外後頭隆起、冠状縫合、ラムダ縫縫、鱗状縫合、矢状縫合
後頭骨上項線、後頭骨下項線、後頭骨最上項線

<脊柱・頸椎>
頸椎前結節、頸椎後結節、頸椎関節突起、横突起、

<頸部の骨指標>
頬骨
頬骨弓
鼻骨
上顎骨
下顎骨、
舌骨
輪状軟骨
筋突起
翼状突起
**********触察プロフェッショナルで触察する骨指標*****************
<足部>
末節骨、中節骨、基節骨、中足骨、
内側楔状骨、中間楔状骨、外側楔状骨、立方骨、舟状骨、距骨、踵骨
立方骨粗面、載距突起

<手部>
豆状骨、三角骨、舟状骨、月状骨、大菱形骨、小菱形骨、有頭骨、有鈎骨
基節骨、中節骨、末節骨、中手骨



触察ベーシック1は骨指標のみ、2日間で完結です。
初めて触察する方にとって、骨指標を見つけることがたいへんだったり、プロの方にとっては「骨指標だけ」を復習したくても、そうした機会はなかなかないと思います。

施術をするにしても、ティーチングをするにしても、必要なのは解剖生理学の知識ではなく、触察する技術です(筋骨格系にアプローチするためには、内臓などの器官の働きを知るよりも、触察の技術が必要です)。

水曜日夜間コース、日曜日コースを設けました。
皆様のご参加をお待ちしております!
 お申込みはぺらいちからお願いいたします
   ⇩  ⇩  ⇩
https://bodywork.openpathmethod.com

max.jpg

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

posted by MSaito at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般

2019年07月04日

ふくらはぎはふくらはぎですが…

なんどか話題に出たことがある、ふくらはぎ。
ダルくなったり、張りが出て辛かったりします。
部分的にここが辛くなる方は、リフレクソロジーでリフレッシュしたり、アロママッサージを受けたりしているようです。

でも、ふくらはぎと一言で言っても、奥が深いんですよ。
この3つの筋肉、特徴があるので何筋か言い当てることができますよね?
どうですか?

筋肉A 下腿中央から外側寄り
3.jpg

筋肉B 内側寄り
2.jpg

筋肉C 下腿の外側、遠位1/2
1.jpg

答えは…
筋肉A 後脛骨筋
筋肉B 長趾屈筋
筋肉C 長母指屈筋

です。

「はいはい、ふくらはぎですねー」だと、大切な起始停止のリリースができません。
それでも良いなら良いですが、でも、仕事の終わりに「今日も精一杯に頑張れた」そう思えたら幸せではありませんか?

そういう意味では、私はいつも満足感を持って仕事を終えています。
時間が足りなくなることはあっても、曖昧だったり適当だったり、いつも同じだったりせずに、クライアントさんに合わせて精一杯のセッションができている、そう思えます。

**************
さて!触察無料セミナーは、今後も継続することにしました。
7月10日(水曜日)18:00−19:30
7月14日(日曜日)12:00−13:30
8月28日(水曜日)18:00−19:30

この機会にぜひオープンパスの触察を体験してみてください。
お申込みはランティングページから!
https://bodywork.openpathmethod.com
****************

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

posted by MSaito at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事全般

2019年06月30日

クライマーのピンチ問題

寝る間も惜しんで仕事をしていた頃は、1/4くらいの割合でロッククライマーのクライアントさんがおいでくださっていました。
そのころは、わたし自身もクライミングに気持ちも時間もかなり、費やしていました(楽天ブログにもその片鱗はみえかくれしますが、こちらをご覧ください)。
頚椎症がひどくなり、今はクライミングをしたくてもできない状態ですが、夢の中では、それはそれは優雅にボルダリングしている夢を見ます。

現在は、職業の特定なく、いろいろな方々においでいただいています。

さて、先月の症例になりますが、趣味ではあるけれど、かなり真剣にボルダリングをしているクライアントさんからの主訴です。
<主訴>手の指を伸ばし気味の状態で何かをつかもうとすると、親指の付け根が痛いんです…

詳しく伺うと、いわゆる「ピンチ」をしたときに強く出る、とのことでした。
そこで、親指を動かす筋肉、それに関連する前腕の筋肉と痛みの原因筋を探ってみたところ、どうやら母指対立筋が痛いらしいのです。

母指対立筋の触察はできますか??こちらを参考にどうぞ



症状は、母指対立筋のリリースだけで収まらないのは当然です。筋肉は共同して作用しているのですから


小指対立筋はこちら



前腕の脇にも痛みというか違和感があって、自分で押していたという訴えでしたが、小指対立筋の停止をわずかに外れて豆状骨に付着している尺側手根伸筋に不具合が見られました。

この一連で、原因筋をリリースしていきました。
翌月きてくださったときには「全然いたくなく登れました!!」とのフィードバックをいただきました。
でもそれに気を良くして、また課題が変わる(クライミングウォールは、設置されているホールドの位置が定期的に変わります)ので追い込んだ様子で、またもセッションし甲斐のある様子でおいでくださいました(笑)。

ここのところ、触察が大切!!というお話をしていたのは、単なる宣伝文句だと思っていた方もいらっしゃるかもしれません。
その考えを今一度リセットして「これから数十年も施術していくにあたって、自分にとって有益な技術は何か?」を考えていただきたいと思います。

触察って、本当に、必要ないのでしょうか?
「うむ、触れば不具合がわかる、それ以上は必要なしだ!!」で、この先、ご自分が納得できますか?

今日はちょっとだけ、主張が強いブログにしてみました。

***新しい内容で、触察セミナーが開始します***
触察ベーシック1(骨格の触り分け・12時間)
概要:触察の準備、軸骨格、上肢骨格、下肢骨格の触り分け
日時:日曜クラス/2019年7月21日(日)スタート(6時間X2日間のセミナー)
水曜夜間クラス2019年7月17日(水)スタート(3時間X4日間のセミナー)
場所:東京都新宿区西新宿(新宿公園近く)
主催:一般社団法人オープンパスメソッド協会
参加費用:60,000円+税 別途 入会金6,000円(税込み)

触察ベーシック2(主な筋肉の触り分け・54時間)
概要:施術やティーチング、トレーニングに必要な主要90筋と骨指標、血管、神経
日時:日曜クラス/2019年8月4日スタート(6時間X9日間のセミナー)
水曜夜間クラス/2019年9月4日スタート(3時間X18日のセミナー)
場所:東京都新宿区西新宿(新宿公園近く)
主催:一般社団法人オープンパスメソッド協会
参加費用:270,000円今期のみ220,000円+税
別途 入会金6,000円(税込み)Basic1参加者は不要

申し込みは専用フォーム http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php
またはぺらいちからお願いいたします!
https://bodywork.openpathmethod.com
https://peraichi.com/landing_pages/view/0kio2

***斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日です
*********************************************************

QRコード