2017年10月22日

カンタン!筋膜リリースは情報まるっと差し上げます

昨日10月20日(金曜日)から「カンタン!筋膜リリース全6回」セミナーがスタートしました。
第1金曜日、第3金曜日の月に2回、来年1月までの6回講座です。

カルチャー講座で伝えきれなかった内容も加えていこう、情報は惜しげなく伝えようという目的のもとメイン講師の小川隆之氏が構成を考えレジュメを作成しました。

それなのに、第一回目については反省山積みでした。
自ら講座のオーガナイズを請け負った小川氏の「抜け落ち」が、講座当日に次々に露呈しました。
集合時間、キャンセルポリシー、講座スタートのリマンイダーが送られておらず、振込の手配もきちんとされていませんでした。そのため早くおいでくださった受講生の方に外でお待ちいただくことになったり、参加日数を当日変更する方がいらっしゃり、領収書を書き替えたりと大わらわ。
いざ講座が始まると、異様に緊張した小川氏が、講座に関する注意事項や自己紹介(通常は異常に長い)をすっとばして挨拶もそこそこにいきなりこわばった表情で筋膜についての講義を始めました。
参加者の方たちとのラポールが全く取れていない状態でのスタートです。
しかも、資料から微妙に外れたことを滔々と30分近くしゃべり続けたのです。
本人曰く「いつも3時間で区切る講座をしているから混乱した」とのことですが、傍から見ていてハラハラしました。

小姑のごとく私がしゃしゃり出て「小川さん、長いです」「小川さん、今日は2時間です」「小川さん、あと1時間です」と伝えたので、受講生の皆さんの私に対する印象はすこぶる悪かったこと間違いありません。
しかも、短時間でたくさんの情報をお伝えしたいので、小川さんが強調しなかった筋膜リリースを行うためのコツに関しては、講義が行われている背後で、お構いなしにホワイトボードに書き込みました。
まさに小姑でした。ああ、いつもこんな役回り。

それでも講座慣れが幸いして、筋膜リリースについて絶対に必要な知識は間違いなくお伝えできました。レジュメにかかれている内容は概要で、ホワイトボードに書いた内容がコツです(自画自賛の評価です)。
演習の時間は短かったかもしれませんが、おひとりおひとりに沿ったアドバイスができたのはとても良かったかと思います。

今回のレジュメはPDFで。カンタン!筋膜リリース第1回テキスト.pdf

それにしても、小川さんはどうして簡単な講座に限って緊張するのでしょうか。
簡単なことを話しても難しいと言われてしまうことが悩みだそうです。
丁寧に話そうと、長々とおしゃべりしてしまうのでそうしないようにがんばるのが大変、話し始めたらみなさんが一斉にメモを取り始めたので目新しいことを言わなくては申し訳ないと思ってしまったらしいです。
全6回のレジュメを作成したのは小川さんですが、相談のうえで今後の方向を決めたいと思います。

第三回目※くらいからは筋膜リリースの基本から応用へと移行できるでしょうか?実習時間をなるべくたくさんとる必要がありますね。
初回はオープンパスワーカーのTさん(プロレス界のカリスマT治さん)にご参加いただけて、とても助かりました。伝えて忘れていたことをシェアしてくださってありがとうございます。
初めてお会いする方が半分、カルチャー講座においでいただいた方、10年以上ぶりに参加する方など、楽しい講座になりそうです。
皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。
※定員を10名にしました。現時点で、第3回目以降は各回1名ずつ参加者募集をしております。

small.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
******************************************************

2017年10月13日

クライアントモデルをお願いします

時々ブログで近況をお知らせしてきました「第2期オープンパス認定インテグレーティブワーカー養成トレーニング」は7月にスタートして4ヶ月半が経過し、すでに半ばを過ぎました。
全15回中、最終2回のカリキュラムは、外部の方々にクラアイントさんになっていただき、ワーカーへの的確なアドバイスをいただく「クリニカル・セッション」となっております。

LRテクニックに興味をお持ちの方で、小川隆之と斎藤瑞穂から3か月以内にボディワーク・セッションを受けた20歳以上の方、または3か月以内にオープンパスが主催するセミナー、トレーニングなどに参加された20歳以上の方を対象に、クライアントモデルを募っております。

日程・会場は以下となります(全4回)。
日時:2017年11月19日(日曜日)
   午前の部 10:30〜12:30
   午後の部 14:00〜16:00
会場:午前午後とも、渋谷区
日時:2017年11月26日(日曜日)
   午前の部 10:30〜12:30
   午後の部 14:00〜16:00
会場:午前午後とも、渋谷区
参加費:無料
トレーニーからセッションを受けた感想をいただけますようお願いいたします。

ご参加ご希望の方は、
http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php
でお申込みをお願いいたします。
なお、コメント欄にはお忘れなく<希望の日と午前午後の希望>の明記をお願いいたします。
各トレーニーの個性が出るセッションになりますので、ワーカーごとのセッションの違いを体験してみたいと思われた場合には、複数回のご参加が可能です。

皆様のご応募をお待ちしております。
何卒、ご協力をお願い申し上げます。

https://youtu.be/dsGL3RZ6zAA
「LR演習動画」

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
******************************************************

2017年10月11日

「カンタン!筋膜リリース」単発参加を募集中です。

まずは、先日の夢について書いたブログに関する情報を。
「夢をよく見る人と、見ない人。(特徴まとめ)http://bit.ly/2yCEwmN
メラトニンホルモンが関係しているとか、食べるチーズ(ナチュラルチーズ)の種類によってみる夢が違うとか、そんな情報が掲載されています。
メラトニンは睡眠に関わるホルモンで、海外のサプリサイトで購入可能です。
日本に個人輸入する際に購入数量の規制を設けているサプリショップもあります。
効く方と効かない方に分かれますが、個人的にはサプリを使うと目覚めた後でも若干の眠気が残る気がします。
午前中は眠さが残り、お昼くらいからすっきりする感じです。

さて、10月20日スタートの「カンタン!筋膜リリース」についてのお知らせです。
参加を表明してくださいました皆様、ありがとうございます。
お陰様で、第1回目、第2回目は定員に達しました。
第3回目以降で、単発参加のご希望を募っております。

第3回目/11月17日(金)19:00〜21:00
1.肩凝り、首凝りをゆるめる
2.もまないで揺らそう、もまないで伸ばそう
::::::::::::
肩凝りは、多くの人たちの悩みだと思います。
肩凝りの解消法として、もみほぐしたり、押したりすることが多いと思いますが、その効果は一時的だったり、後になってかえってひどくなったりした経験はないでしょうか。
効果的に肩懲りを取って、スッキリ楽になる、簡単な方法をお伝えいたします。

第4回目/12月1日(金) 19:00〜21:00
1.腕も凝っている?
2.手も凝っている?
::::::::::::
からだの中でもっとも使う部分と言えば、からだを支える脚以外では、やはり手や腕だと思います。
手や腕は、気がつかなくてもじつは意外に凝っていますし、細かい作業に使うので、しつこい疲れがたまりやすいのです。
また、手や腕の凝りを放っておくと、肩凝りもひどくなってしまいます。
手や腕から全身が元気になる方法をお伝えいたします。

第5回目/12月15日(金)19:00〜21:00
1.意外に凝っている太もも前
2.意外に凝っているすね
::::::::::
第2回に、脚の後ろ側に対する筋膜リリースをお伝えしましたが、後ろ側に疲れがあれば、じつは前側にも問題があるものです。
今回は、普段はあまりケアすることのない脚の前側を筋膜リリースします。
意外に気持ちよく、楽になることにびっくりされるかもしれません。

第6回目/1月19日(金) 19:00〜21:00 
1.脚はどこから
2.おなか、未知の世界
::::::::::
脚を動かす筋肉は、みぞおりの高さから付いています。
この筋肉は、歩くことをはじめ、脚を動かすたびに使われるので、疲れがたまりやすい筋肉でもあります。
しかし、内臓の後ろ側にあるため、筋膜リリースが難しい筋肉でもあります。
最終回の今回は、大腰筋の、安全で簡単な筋膜リリースの方法をお伝えいたします。
おなかの中の未知なる世界に進入します。

お申込み先: http://openpath.sakura.ne.jp/contact/contact.php 
各回1名ずつの募集ですので、気になる回がありましたらお早目のお申込みをお勧めいたします。
初心者の方、大歓迎です!もっと詳しく知りたい方は申し込みの際にコメントをどうぞ。

s.jpg

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
******************************************************

2017年10月07日

夢のこと

最近の大発見は「夢をみる頻度はひとそれぞれである」です。

私は毎日、明晰な夢を1〜3つほど見ています。その中でも印象深かったものは目が覚めてからもはっきりと記憶に残っています。

誰しもがそうかと思っていたら、ほぼ夢を見ない人もいるようです。
夢を見た自覚があるのは年に3〜4回という方もいらっしゃるのを知って、天地がひっくり返るほど驚きました。
あんな面白いもの、見ないなんてもったいない!というのが最初の印象。
自分は十分な睡眠をとっていないから夢を見るのではないかという不安が次に湧き上がりました。

最近見た夢は、自分が住んでいる家からでることができない、という夢でした。
家に逃げ込むように走り入る場面から夢が始まります。
逃げ込む私(たち)に、火炎を吹き出す馬車から大量の炎が吹き付けられるのが苦しくて、脇目も振らずに自宅に逃げ込みました。
次の場面では、そこから逃亡しようと企て逃げ出す私たちを、待ち構えていた馬車が、家に逃げ込んだとき同様に炎を吹きかけます。
その炎があまりにも強くて熱く皮膚を焼くので、元住んでいた家に逃げ帰るという夢でした。
その夢の中で私たちは「外に行くことは不可能だ、この家で逃げ惑うしかない」と嘆き悲しむというかなり重い重い内容でした。
逃げ惑う私たちは、自在に肉体を繰りました。
熱い炎に喘ぎ、また逃げ惑い走り回っていましたが、実は命を持たない存在であることは密かに知っていました。
仲間も同じく、すでに命を失った存在でしたが、外見は人間であり、感情を持っていました。
私たちは飽くことなく住処へと逃げ込み、住処から逃れようとすることを何度も繰り返している事を、不思議なことに夢の中で、しっかりと知っていました。

目が覚めて、とても哀しくなりました。
世界のどこかで、または次元の違うどこかで、こうしたことが続いているのかもしれません。
想像にしてはあまりに具体的で、記憶から引き出すにしては突飛すぎる出来事が次々に現れ消える夢でした。

でも、まったく夢を見ないという方もいらっしゃるのですよね。
毎日、毎日 夢を見るわたしとしては「見てるけど忘れてるだけだよね?!」と自分に引き寄せたくなる衝動に駆られます。
夢を見ない方たちの傾向を自分なりに分析すると、直感的で記憶力と観察力が鋭い人は夢を見ない人だという結果が出ました。

さて、今日はどんな夢を見ますか?あるいは今日は夢を見るのでしょうか?
夢の中は、制限のない自由な世界です。
入り込めたら、誰を呼び込みますか?そして何をしますか?どんなことを望みますか?
どうぞ、よい夢を。

30194374571_1fd921b169.jpg

『カンタン!筋膜リリース全6回』http://baucafe.sblo.jp/article/180836371.html
2時間3000円で、明日から使えるテクニックをお伝えします。

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
******************************************************
posted by MSaito at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のこと

2017年10月02日

肩関節周囲炎、痛いときのリリースはダメ

いわゆる四十肩とか、五十肩とか言われる症状は、正式には肩関節周囲炎と呼ばれますが、急性期にはかなりの痛みを伴う不快な症状です。
果たして肩関節周囲炎に筋膜リリースは有効か?
自分のからだを使って検証してみました。
レントゲンを取っていないのでどの部位に炎症があるのかは素人判断になりますが、自覚症状として関節包、腱板、上腕二頭筋短頭の腱に痛みがあり、三角筋前部、後部と棘下筋(とくにここ)は動きと共に痛みがでます。

小川氏にリリースをしてもらうこと約30分。
LRテクニックの疼痛解消法を利用してもらいました。
リリースにかかる時間は通常のジャンピングポイント(疼痛部位)の数倍の時間が必要だったようです。
横臥位の状態だと、疼痛部位を押されたときの痛みは軽減します。
組織にも柔軟性が戻ってきたようです(実感はあまりない)。
でも、立位でセッション前後の違いを比較するときにはビフォーよりも痛みが増している気がし、痛みの感覚はしばらく続きました。

炎症がある間は組織に刺激を与えるのは良くないのではないか?という結論になりました。

決定的な治療法がなく、完治までの期間も人により数か月から数年なのだそうです。
動かしながら可動域が狭くならないようにする方が良いとのことなので、腕立てなどして適度に動かしつつ急性期が去るのを焦らず待とうと思います。

筋骨格系は健康だと思っていたのですが、自己イメージの書き換えが必要な年齢になったようです。
足のけがも、良くなりかけのところを自己流にいじって後戻りさせてしまったので猛反省中です。

今日の画像はお土産集です。いただいた順に。
くださった方おひとりおひとりが、私にとってとても大切な人たちです。
いつもありがとう、そして今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

お土産.jpg

お花.jpg

バースデー.jpg

『カンタン!筋膜リリース全6回』http://baucafe.sblo.jp/article/180836371.html
2時間3000円で、明日から使えるテクニックをお伝えします。

****斎藤個人セッションのお申込み、新宿オフィスアクセスのご案内****
ご希望のセッションと、ご希望日を第三希望までお知らせください。
申し込みフォーム http://www.rolfingopenpath.com/contact-w79gg
斎藤瑞穂公式サイト http://www.rolfingopenpath.com/
※日曜日は講座のためセッションはお休み、月曜日は定休日となっております。
******************************************************

QRコード